初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

FXブロードネットの取引証拠金

FXブロードネットの取引証拠金
マイメイト/TQQQ

FXドル円予想レポート(2022/7/7)

昨日(7月6日)のドル円は上昇。 良好な米経済指標の結果を受けて136.01円まで急伸しました。 東京市場のドル円は軟調。 日経平均株価が下落して始まったことを受け、リスク回避のドル売り円買いが先行。時間外の米10年債利回りが2.79%近辺まで低下したことも影響し、135.03円まで下値を試す展開となりました。 欧州市場はもみ合い。 米10年債利回りが2.84%台まで上昇したことや、時間外のNYダウ先物がプラス圏を回復したことで135.70円付近まで切り返しましたが、再び米10年債利回りが低下傾向となったことを受け、一時134.95円まで下落しました。 NY市場は急伸。 6月米サービス部門・総合PMI改定値が上方修正されたことや、6月米ISM非製造業指数が市場予想54.3を上回る55.3となったことで、日通し高値となる136.01円まで急伸しました。 また、この日公表されたFOMC議事要旨(6月14、15日開催分)では、新味に乏しい内容ではあったものの、公表後に米10年債利回りが2.93%近辺まで上昇したことを受け、引けにかけても底堅く推移し、135.92円でNYクローズとなりました。 ==============================

本日( 7月7日 )のドル円予想

1時間足のボリンジャーバンドは、中心線が上向きで上昇を示唆しています。 日足・週足・月足ともにボリンジャーバンドは、中心線は上向きで上昇を示唆しています。 ただし、日足ではバンドの幅が収斂しており、上昇に一服感が出ています。 以上のことから、本日はもみ合い(135.52円〜136.FXブロードネットの取引証拠金 71円)になると予想します。 上値目途は、6/28および7/5高値の136.36円近辺、上抜けると6/21および6/22高値の136.71円近辺が次のターゲットとなります。 下値目途は、7/5安値135.52円近辺、下抜けると7/6安値134.95円近辺が次のターゲットとなります。 ※チャートは、ドル/円の一時間足、週足、ボリンジャーバンド、フィボナッチを表示しています。

ドル円週次レポート

はじめてのFXなら
FXブロードネットがおすすめ

FXブロードネットはお得なキャンペーンがあり、アプリや自動売買が使える

新規お申込み限定 キャンペーン実施中

最大60,000円キャッシュバック

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

「FXブロードネット」のメリット・注意点や、口座開設での必要書類などを解説 ~ FX

いつもタブレットで取引を行っています。

いろいろなFX口座を使ってきましたが、一番長く使い続けているのはFXブロードネットです。

FXブロードネットで私が気に入っているのは取引画面です。画面を4分割して、チャートを表示させたり、ニュースを表示させたり。

自分の好みや取引手法に合わせて、オリジナル取引画面にカスタマイズすることができます。

取引判断ができるだけでなく、勉強・検証もこの画面で事足りていますので 私は使いやすいと感じています。

「チャートが非常に使いやすい」(50代・男性)

枠の全体の色調が青色でとても落ち着いている。

他の会社のチャートを使ってみたが、使い易さに大きな差はなく、皆似ている。

私個人と相性がいいのか、落ち着いて、作業ができる点で、NO1クラスののチャートといってよいのではないかと思う。

トラッキングトレードの取引は最低いくら資金が必要?1万円以下から運用できる?必要最低証拠金の低い通貨ペアは?

FXブロードネットの必要最低資金はいくらか解説

トラッキングトレードを本格的に運用しようと思ったらいくら必要?10000通貨単位取引からでないと厳しい

FXブロードネットが紹介しているガチンコバトルでは30・300万円資金で取引している

FX自動売買は100万単位で運用しないと3ヶ月で10万円以上稼ぐことは難しい

1000通貨単位取引は損失リスクを抑えられるが稼げない

少額資金で利益を上げたい人は裁量トレードがおすすめ

国内では最大レバレッジが25倍だから投資効率が悪い

少額資金の場合選べるシステムが少ない

トラッキングトレードは1万円以下ではじめられるが利益がでない!1万円以上稼ぎたい人は最低10万円用意しよう

FXを副業と考える人はある程度資金が必要

巨額資金があるからといって勝てる訳ではない

実力に見合った金額で運用するのが1番

トラッキングトレードの評判・口コミ

トラッキングトレードでの失敗談を紹介

トラッキングトレードの両健ては可能か解説

トラッキングトレードはデモトレードできるか解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 FXブロードネットの取引証拠金 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

マイメイトの使い方はとっても簡単│優秀なAIを選んで実取引しよう

maimate_Operation

マイメイト/TQQQ

マイメイトでは自身の保有エージェントだけでは無く、 他のユーザーが作成したエージェントも取引AIとして稼働させる事が出来ます。

自身の保有エージェントは未稼働で助っ人だけで強力打線を組むことが出来る 、という訳ですね。

1.マイメイトの使い方│稼働手順一覧

2.マイメイトの稼働手順の詳細(個別選択)

取引を任せる対象のエージェントを選択

そこから右上の 『選択画面』 をクリックです。

『エージェントを選ぶ』 画面に移りますので、ここで取引を任せたいエージェントを選択します。

取引を任せたいエージェントが決まったら画面左のキャラクターアイコンの下にある 『エージェントを稼働する』 をクリックです。

対象エージェントの取引設定を行う

設定と言っても 『取引通貨量』 を指定するのみという単純さです。

通貨量設定の下の 『稼働後証拠金』 でリスクの可視化が出来ます。

通貨量を決めたら 『エージェントを稼働する』 FXブロードネットの取引証拠金 をクリックして終了です。

パラメーターを適宜チェック

『取引画面』『資金管理』 から確認して日々の状況をモニターしていきましょう。

(マイメイト公式より)

もし数値で確認したい場合は『(有効証拠金÷必要証拠金)×100』で計算しましょう。

3.マイメイトの稼働手順の詳細(エージェントチーム選択)

マイメイトの稼働に関して、個々のエージェントを選択する方法と 『おすすめエージェントチーム』を稼働させる方法も有ります。

取引を任せる対象のエージェントチームを選択

『エージェントを選ぶ』画面から FXブロードネットの取引証拠金 『おすすめエージェントチーム』 をクリックです。

  • 【基本方針】 年間総合損益/年間ドローダウンの成績上位 FXブロードネットの取引証拠金 から18体を選択。
  • 対象とする通貨ペアは「通貨ペア均等」と「メジャー通貨」の2種類で異なる。
    • 「通貨ペア均等」:8通貨ペアごとに成績上位エージェントを3体ずつ選択。
      24体のうち、成績上位18体を選択。
    • 「メジャー通貨」:通貨ペアを米ドル/円、英ポンド/米ドル、ユーロ/米ドルに限定。
      各通貨ペア成績上位6体ずつ選択。
    • 【基本方針】 年間総合損益上位 から6体を選択
    • FXブロードネットの取引証拠金
    • 対象とする通貨ペアは「通貨ペア均等」と「メジャー通貨」の2種類で異なる。
      • 8通貨ペアごとに成績上位エージェントを1体ずつ選択。
        8体のうち、成績上位6体を選択。
      • 「メジャー通貨」:通貨ペアを米ドル/円、英ポンド/米ドル、ユーロ/米ドルに限定。
        各通貨ペア成績上位2体ずつ選択。
      • 【基本方針】 「リスク回避」と「リターン追求」で採用されたもの から12体を選択
      • 対象とする通貨ペアは「通貨ペア均等」と「メジャー通貨」の2種類で異なる。
        • 通貨ペアごとに「リスク回避」と「リターン追求」から6体ずつ選択。
        • 「メジャー通貨」:通貨ペアを米ドル/円、英ポンド/米ドル、ユーロ/米ドルに限定。
          各通貨ペア「リスク回避」と「リターン追求」から3体ずつ選択。

        各方針共に 非常に多くのエージェントを抱えることになるので、資金はある程度余裕を持って準備しましょう。

        『これを選ぶ』 をクリックすると設定画面に変わります。

        対象チームの取引設定を行う

        4.マイメイトの稼働停止や設定変更方法

        エージェントの 『設定』 ボタンから、取引数量変更や稼働停止が出来ます。

        公式サイトより

        公式サイトより

        FXドル円予想レポート(2022/7/7)

        昨日(7月6日)のドル円は上昇。 良好な米経済指標の結果を受けて136.01円まで急伸しました。 東京市場のドル円は軟調。 日経平均株価が下落して始まったことを受け、リスク回避のドル売り円買いが先行。時間外の米10年債利回りが2.79%近辺まで低下したことも影響し、135.03円まで下値を試す展開となりました。 欧州市場はもみ合い。 米10年債利回りが2.84%台まで上昇したことや、時間外のNYダウ先物がプラス圏を回復したことで135.70円付近まで切り返しましたが、再び米10年債利回りが低下傾向となったことを受け、一時134.95円まで下落しました。 NY市場は急伸。 6月米サービス部門・総合PMI改定値が上方修正されたことや、6月米ISM非製造業指数が市場予想54.3を上回る55.3となったことで、日通し高値となる136.01円まで急伸しました。 また、この日公表されたFOMC議事要旨(6月14、15日開催分)では、新味に乏しい内容ではあったものの、公表後に米10年債利回りが2.93%近辺まで上昇したことを受け、引けにかけても底堅く推移し、135.92円でNYクローズとなりました。 ==============================

        本日( 7月7日 )のドル円予想

        1時間足のボリンジャーバンドは、中心線が上向きで上昇を示唆しています。 日足・週足・月足ともにボリンジャーバンドは、中心線は上向きで上昇を示唆しています。 ただし、日足ではバンドの幅が収斂しており、上昇に一服感が出ています。 以上のことから、本日はもみ合い(135.52円〜136.71円)FXブロードネットの取引証拠金 になると予想します。 上値目途は、6/28および7/5高値の136.36円近辺、上抜けると6/21および6/22高値の136.71円近辺が次のターゲットとなります。 下値目途は、7/5安値135.52円近辺、下抜けると7/6安値134.95円近辺が次のターゲットとなります。 ※チャートは、ドル/円の一時間足、週足、ボリンジャーバンド、フィボナッチを表示しています。

        ドル円週次レポート

        はじめてのFXなら
        FXブロードネットがおすすめ

        FXブロードネットはお得なキャンペーンがあり、アプリや自動売買が使える

        新規お申込み限定 キャンペーン実施中

        最大60,000円キャッシュバック

        FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

        詳しくみる

        【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

        詳しくみる

        スプレッドとは

        詳しくみる

        【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

        詳しくみる

        FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

        詳しくみる

        【初心者向け】無料デモトレード

        詳しくみる

        トラッキングトレード ガチンコバトル!

        詳しくみる

        FX用語集

        詳しくみる

        FXブロードネットが選ばれる5つの理由

        詳しくみる

        テクニカルチャート分析

        詳しくみる

        【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

        詳しくみる

        関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる