成功させるコツは

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
クロコ

FXが人気の理由

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow FXの取引時間 取引が活発な時間帯 Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について FXの取引時間 取引が活発な時間帯 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXで勝てる時間帯はいつ?市場毎の特徴やトレード手法を解説!

ノウハウ

FXで勝ちやすい時間帯はいつですか?時間帯によって動きが全然違う気がする。

結論から言うと、トレード手法によって勝てる時間帯は変わってくるので、一概にどの時間が良いとかはありません。

  • 時間帯ごとの特徴が分かる
  • FXで勝てる時間帯が分かる
  • 時間帯ごとに注意することが分かる

FXで勝てる時間帯はいつ?

結論から言うと、FXでは全時間帯勝つことができます。

どういうことかと言うと、 トレードする手法によって適した、勝てる時間帯があるからです。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXで勝つためには時間帯を決めてトレードすることが大事

FXで勝つためには時間帯ごとの特徴を知り、自分の手法にあった時間帯で取引しましょう!

時間帯ごとの値動きの特徴

オセアニア時間(5時〜8時)

オセアニア時間は、取引量が少ないのでレンジ相場になりやすいという特徴があります。

しかし、逆に言えばチャンスの時間帯で、テクニカル通りに動きやすい(レンジ相場)です。

ただ、注意点としてはごく稀に大口投資家によって価格の操作が行われ、一気に上昇や下落することがあります。

特に正月・お盆・ゴールデンウィークなど取引するユーザーが少ない時は注意が必要です。

東京時間(9時〜15時)

日本時間は、FXの世界ではトレードする人たちが少ない時間帯です。

東京市場では、 世界全体の取引高の約5%程度 しかありません。

ですから、東京時間に取引をするならば、円建ての通貨ペアがいいとされています。

日本人がほとんどの取引をしているので、ドルやユーロ主体で相場が動くことは少ないです。

ロンドン時間(16時〜21時)

欧州(ヨーロッパ)時間とも呼びますが、ロンドン市場が圧倒的に取引量が多いためトレーダーの中では、ロンドン時間と呼ばれています。

ロンドン市場の特徴は、世界の取引高の40%近くを占めるため、トレンドが出やすということです。

しかしながら、 19時頃になると欧州勢はお昼休みにはいる為、落ち着いた値動きとなることが多い です。

取引参加者も増えて、流動性も豊富になるので、トレードしやすい時間帯であるといえます。

アメリカ時間(21時〜5時)

21時を過ぎた頃からアメリカの参加者が参入し、いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。

アメリカ時間の特徴は、米国の経済指標(後述しています)が発表されるため、かなり荒い値動きになることです。

しかし、 夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日もありますので、深夜に大きく動くこと があります。

アメリカ時間はファンダメンタルの影響が多くあるので、チャートだけ見てトレードするのは危険です。

自動売買システムを利用している方だと、このアメリカ時間は停止してくださいと言われているかと思います。

それはなぜかと言うと、自動売買はテクニカル分析をもとに作られており、 ファンダメンタル(経済指標など)を考慮していないからです。

指標とは?発生する時間帯はいつ?

要するに、経済指標は「今この国の経済の状況はこうなっています」ということを発表するものです。

時間帯によるスプレッド(手数料)の変化

為替市場では、取引量が多い時間帯はスプレッドが狭く(手数料が安い)、 逆に取引量 が少ない時はスプレッドが広い(手数料が高い)です。

ただ、取引量が少ないからといって勝てないわけではありません。

現に、取引量の少ない時間帯(オセアニア時間など)に利益を出している方もいるので、どの投資法をどの時間帯で使うかが何よりも大切です。

TradingViewでPineスクリプトでチャート上に各市場時間帯を色分けしてみよう

TradingView公式サイトへ

今回は各市場時間を日本時間で東京時間を8時~17時、ロンドン時間を17時~1時、ニューヨーク時間を21時~6時と設定してみます(夏時間・冬時間、FX会社などによっては異なる場合があります)。
まず、Pineエディタを開き「新規作成」→「空のインジケータースクリプト」を開きます。

次に、各時間帯を設定していきます。ここでは時間の範囲を「time」と「timeframe.period」で指定していきます。
値の入力ですが、チャートに表示している時間帯と一致させるために表示しているタイムゾーン基準で作成します。
タイムゾーンはシンボル情報から確認できます。今回はニューヨーク(UTC-4)をベースにしていきます。

従って、

//@version=4
study(“東京(青),ロンドン(緑),FXの取引時間 取引が活発な時間帯 ニューヨーク(赤)”, overlay=true)
t1 = time(timeframe.period, “1900-2900”)
t2 = time(timeframe.period, “0400-1300”)
t3 = time(timeframe.period, “0800-1800″)
TOKYO = na(t1) ? na : color.blue
London = na(t2) ? na : color.green
NY = na(t3) ? na : color.FXの取引時間 取引が活発な時間帯 red
bgcolor(TOKYO, title=”東京”)
bgcolor(London, title=”London”)
bgcolor(FXの取引時間 取引が活発な時間帯 NY, title=”New York”)

Pineコード

以前ボリンジャーバンドのライン範囲を色で塗りつぶすのに「fill」を使用しましたが、今回はラインの間ではなく背景全体なのでこちらの「bgcolor」を使用します。
さらに、設定を変更する際各項目が分かりやすいように「title=”○○”」で名前を付けておきます。

「チャートに追加」で作成したインジケーターをチャート上で確認し、反映されていれば「名前を付けて保存」でマイスクリプトに登録して完了です。

チャートの追加
TradingViewチャートへ

実際に利用してみる

マイスクリプト

時間帯の選択

設定方法色の変更

完成図

すると、このように時間帯ごとにはっきり色分けされ、さらに時間帯が重なっている部分も色が混ざり濃くなって一目瞭然です。

TradingView公式サイトへ

今ならTradingViewの有料版が30日間無料! 登録は以下のボタンから。 アカウント登録の仕方は「TradingViewの有料版を30日間おためしで使ってみよう」を、有料プランの選び方は「TradingViewのプランを無料から有料に切り替えた3つの理由、プランの選び方」をご覧ください。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

※取引量の多い時間帯ほど為替変動が起こりやすい

値動きの要因を単純に考えてみると、
ある通貨を「買いたい」という人もいれば「売りたい」という人もいます。
この需要と供給のバランスからレートが動いていきます。

ある時間帯では、ドルを買いたいという人が10人、売りたい人は9人いたとします。

今度は違う時間帯に、買いたい人が10万人、売りたい人が9万人いたとします。
前者、後者の人数の比率は同じですが、レートの変動は取引量に関連するので、取引する人が多くなれば必然的に取引量も増えていきます。つまり、取引したい人が最も集まる時間帯ほどレートの変動が起こりやすいということです。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
※取引量の多い時間帯

通貨の売買は、日本国内だけで取引が行われているのではなく、世界中で行われているものなので、日本国内だけの取引量ではなく、世界中で最も取引量の多い時間帯を考えなくてはなりません。

次に市場についてですが、市場の大きいところほど取引量は多くなります。
世界3大市場といわれているのは、取引量の多い順に、ロンドン市場・ニューヨーク市場・東京市場です。

各国には、それぞれ時差があるので、この3大市場が全て開いている時間帯というのはないのですが、「ロンドン市場と東京市場」「ロンドン市場とニューヨーク市場」とそれぞれ重なっている時間帯があります。

まず、ロンドン市場と東京市場の重なっている時間帯ですが、日本時間でいうと夕方にあたり、この時間帯は日本以外にも香港やシンガポールの市場もまだ残っているので取引は盛んに行われます。日本時間でいうと、午後3時くらい~です。

次に、ロンドン市場とニューヨーク市場の重なっている時間帯ですが、こちらの時間帯は1日の中で最も盛んに取引が行われている時間帯です。
日本時間でいうと、午後9時~午前2時にあたります。
取引量が多いので値動きの変動も激しいと言われている時間帯です。
また、この時間帯は、米国の経済指標の発表がされることも多く、為替を動かす要因のひとつになります。


※取引量の少ない時間帯

取引量の最も少ない時間帯は、日本時間の早朝です。
世界3大市場の、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は開いていませんし、この時間帯に開いている市場はオセアニア勢の市場です。

オセアニアの市場というと、オーストラリアのシドニー市場やニュージーランドのウェリントン市場がありますが、世界3大市場と比べると規模も小さいですし、他国の市場がまだ開いてないため、取引量も少く為替変動は起こりにくい時間帯です。

ただし、あくまでこれらは一般的にいわれていることであり、必ずしもそれら時間帯になれば良く動くまたは全く動かないというわけでもありません。
確かにその傾向は間違いなく事実ですが、ボラティリティと流動性は異なるということを、収益化しやすいかどうかは全く別物であるということを頭に入れておかねばなりません。

【2022年】GEMFOREXのダウ(US30)取引のレバレッジや証拠金など徹底解説

クロコ

7月1日(FXの取引時間 取引が活発な時間帯 金) 〜 7月31日(日)

そもそもNYダウ(US30)とは?

NYダウは30銘柄の株価指数

このNYダウはアメリカの各分野の大企業、 FXの取引時間 取引が活発な時間帯 たった30社の株価の平均 を表したものになっています。

クロコ

NYダウの株価指数の求め方は30銘柄の株価の平均値なので、一株あたりの株価が高い企業がNYダウの価格に大きな影響を与えます。

トレンドが発生しやすくシンプル

一方で株価指数というのは民間企業の株価で形成されるため、上がり続けることが良しとされています。

ここ数年はアメリカの経済が伸び続けており、トレンドに乗れば勝てるという相場になっています。

クロコ

GEMFOREXでのダウ(US30)の特徴

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
シンボル DOWUSD
レバレッジ 100倍
最小ロット 1
最大ロット 12,FXの取引時間 取引が活発な時間帯 500
スプレッド 5.1
ロングスワップ -3.66
ショートスワップ -0.8
配当金 あり

NYダウの取引時間

クロコ

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
冬時間 夏時間
時期 4月〜10月 11月〜3月
取引時間 8:05〜6:55 7:05〜5:55
開場(月曜) 8:05 7:05
閉場(金曜) 6:50 5:50
メンテナンス 6:55〜7:10 5:55〜6:10

レバレッジは100倍

レバレッジ = 1 ÷ 必要証拠金率

つまりNYダウのレバレッジは100倍となります。

スプレッドは狭くはない

クロコ

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
FX会社 スプレッド
GEMFOREX 5.1
XM 2.8
TITAN FX 2.1
AXIORY 4.0

次いでXMとなってます。

スプレッドを意識するならこの2社の方がおすすめになります。

マイナススワップポイントがある

NYダウには配当金がある

配当金 = 申告された指数配当金 × ロット数

ダウの証拠金は多め

必要証拠金 = ロット数 × 市場価格 × 必要証拠金率(1%)

クロコ

少なめの証拠金で株価指数を取引したい方はS&P500(US500)という銘柄をおすすめします。

クロコ

MT4でダウを表示させる方法

NYダウ = DOWUSD

クロコ

クロコ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる