オンライン学習サービス

プライス ストラテジー

プライス ストラテジー
例えば、「宙・鉄火場の激子さん」などのナンピンEAなどを運用していて、レンジ相場の継続や相場の反転が予想される場合、決済ポイントが早すぎると思われることがあります。
(チャート3)

『リレイヤー』に集まる賛否。期待の新規IPがシリーズ化する可能性は?

3月24日、『Relayer(リレイヤー)』(以下、『リレイヤー』)が発売となった。 【写真】『リレイヤー』では「ステラギア」と呼ばれる機体に乗り込んで戦う シミュレーションRPGジャンルからの話題作が多い昨今。角川ゲームス発の同タイトルにも、開発発表時から多くの期待と注目が集まっていた。 『リレイヤー』はゲームフリークが納得する作品となり得たのだろうか。インプレッションから感じた方向性、好評・不評のあいだにあるギャップから、IPとしての今後を考える。 ・「星の意志」を継いだ少女たちによる壮大なスペースアドベンチャー『Relayer』 『リレイヤー』は、角川ゲームス開発・発売のロボットシミュレーションRPGだ。2021年5月、同社で『GOD WARS ~時をこえて~』の制作に携わったチームが手掛ける新規IPとして発表され、2度の発売延期(2021年中→2022年2月17日→同年3月24日)を経て、ようやくリリースへとこぎつけた。 公式によるコピーは、「星とギリシア神を擬人化した人類と古代銀河人が織りなす壮大なスペースアドベンチャー」。プレイヤーは、「ステラギア」と呼ばれるメカに乗り込む「星の意志」に魅入られた主要キャラクターたちを操作し、地球とそこに住む人類の生存権を守る戦いに足を踏み入れていく。 対応プラットフォームは、PlayStation4/PlayStation5。価格は、通常版が7,980円(税込)、デラックスエディションとデジタルプレミアムエディションが9,980円(税込)となっている。角川ゲームスによると、今後は追加要素などを盛り込んだアップグレード版をあらためて発売する予定はなく、メカの強化システムなど複数の新規要素(進化機体やスピンオフストーリーズを除く)を無償で実装するとしている。 ・集まる賛否。『リレイヤー』は“評価どおり”の作品なのか。 『ファイアーエムブレム 風花雪月』『スーパーロボット大戦30』の成功、両シリーズの30周年、『トライアングルストラテジー』の発売、『フロントミッション』第1作・第2作のリメイク&リマスター発表、スクエニ発・新規IP『The DioField Chronicle(ディオフィールド クロニクル)』の登場など、SRPGジャンルが往年の盛り上がりを見せるなか、小さくない期待が集まっていた『リレイヤー』の発売。上述の王道・本格派の作品たちに対し、角川ゲームスがどのように同ジャンルを解釈し、独自性を見せるか。その点が今後のSRPGの懐の深さに与える影響は大きかったように思う。 発売から1週間ほどが経過し、『リレイヤー』には真っ二つの評価が集まりつつある。概ね好評なのは、キャラクターデザインと、フルボイス進行のシナリオについて。一方で不評なのは、SRPGとしてのゲーム性やUI、演出まわりについてだ。 たしかに『リレイヤー』は、前段で王道・本格派とした作品たちにくらべ、シナリオに対する比重が高く、ゲーム性については「必要最低限」という印象だった。バトルパートより、ストーリーパートをプレイしている時間の方が圧倒的に長く、直前に発売された『トライアングルストラテジー』以上に、ノベルゲーム色の強い仕上がりとなっている。私は『トライアングルストラテジー』について書いた過去のコラムで、同タイトルを「(ファンタジー)アドベンチャー+シミュレーションRPG」と表現しているが、『リレイヤー』を「アドベンチャー」ではなく「ノベル」と表現したのは、ストーリー分岐のある前者に対し、後者は一本道のストーリーを追うつくりであるからだ。SRPGとして同タイトルを手に取ったプレイヤーからすると、そこに大きな抵抗を感じるのは容易に理解できる。おそらくシナリオ部分に注力されているからこそ、SRPGとしてのゲーム性の部分が不充分だと判断されているのだろう(そもそもこの2つは両立しない要素ではないが)。 しかしながら、もしそうであるならば、たとえば、(バトルパートでの演出は置いておいたとしても)ストーリーパートでは、アニメーションなどを使って演出してほしいシーン、登場人物たちの心理描写を丁寧に表現してほしいシーンがいくつもあった。このあたりがしっかり作り込まれていたら、少なくともキャラクターデザインを入り口に同タイトルを手に取ったプレイヤーを納得させることはできたのではないだろうか。ネガティブレビューで“フルプライスなのに前時代的”と言われる理由も、もとをたどれば、こうした点へと行き着くはずだ。 とはいえ、全体の方向性は、“角川ゲームスなりのSRPG”と言えるものだった。ベースとなる部分は同ジャンルの及第点をクリアしており、集まる評価ほど悪い作品ではなかったように思う。参考までに、アメリカのゲームメディア・TWINFINITEでのレビューメタスコアは80点だった。『リレイヤー』に集まる賛否は、シナリオ重視、ゲーム性重視といった視点の違いが生んだものだと言えそうだ。公式は細かなアップデートの実施に前向きであるため、不評なポイントとして挙げたUIや演出まわりについては今後、解消へと向かうのかもしれない。 もし将来的に続編が発売されるのであれば、おなじ方向性で正統進化することを願いたい。あらゆる面がひとまわり、ふたまわりパワーアップした第2作なら、佳作に分類できるような作品にもなり得るに違いない。ひとりのゲームプレイヤー、SRPGジャンルのファンとして、『リレイヤー』には、ぜひシリーズ化を目指してほしいと感じた。

任意のラインで全てのポジションを決済するツール(損益表示機能付き)

例えば下のチャートでは、ロット数の異なるポジションを全部で5つ保有していますが、①のあたりまで下げたら全部決済したいような場合、どのくらいの利益になるのかを計算するのは結構面倒です。
(チャート1)

ということで、任意に引いたラインの位置での損益を表示し、レートがラインに到達した瞬間に当該チャートの通貨ペアの全てのポジションを自動決済するEA、
Line_All_Close_EA
を作ってみました。
(チャート2)

どんな場面で使えるのか。

例えば、「宙・鉄火場の激子さん」などのナンピンEAなどを運用していて、レンジ相場の継続や相場の反転が予想される場合、決済ポイントが早すぎると思われることがあります。
(チャート3)

上のチャートの実際のトレードでは、ナンピンEAによる自動決済で利益は 1,237円 にとどまっていますが、もし①のあたりまでホールドしていたとすれば利益は 6,000円強 プライス ストラテジー まで伸びたはずです。
(たらればですが・・・)

その後も相場は大きく下落したのでもしホールドを継続していれば更に大きな利益になったはずです。(たらればの極みですが・・・)
(チャート4)

こんな場面では、ナンピンEAを一旦停止してLine_All_Close_EAを稼働し、想定される利益を確認しながら決済位置をナンピンEAの決済位置よりも利益が出る側に置き換え、更にナンピンEAのトレーリングストップで利益を伸ばすことが可能となります。

適用の手順

  1. ナンピンEAの停止
    (チャート1)から相場が利益の乗る方向に進むことを確信したら、ナンピンEAが決済する(チャート3)の手前でナンピンEAを停止する。
  2. Line_All_Close_EAの稼働
    Line_All_Close_EAを稼働させ、利確ライン及び損切ラインを設定する。
    なお、利確ライン及び損切ラインはあらかじめ設定しておいてもかまいません。
    あとは放置するか、もしくは状況を見てラインを移動してトレーリングストップ等を行います。

EAの使い方

チャート表示について

EAをチャートに適用すると右上に3つのボタンが表示されます。
トップラインボタンを押すと現在値より30pips上にトップラインが引かれ、その位置での損益が表示されます。
ボトムラインボタンを押すと現在値より30pips下にボトムラインが引かれ、その位置での損益が表示されます。
それぞれのラインは自由に移動することができます。
レートがそれぞれのラインに達した際に、当該通貨ペアの全てのポジションが決済されます。
ただし、各ポジションの平均利益がMPP(Minimum Profit Pips)に表示された数値に満たない場合は決済されません。
これは想定しない決済を防ぐためです。
MPPはパラメーターで任意に設定することができます。

パラメータについて

Slippage
スリップを許容する範囲です。
Minimum_Profit_Pips
各ポジションの最小の利(pips)です。
ここで設定した利益を満たさない場合は決済されません。
TOP_LINE_COLOR
トップラインの色です。
BOT_LINE_COLOR
ボトムラインの色です。

ダウンロード

任意のラインで全てのポジションを決済するツール(損益表示機能付き) (2022/1/17) 任意のラインで全てのポジションを決済するツール(損益表示機能付き) で作ったツールです。 使ってみたい方はこちらからダウンロード.

買って損なし!PS VITAおすすめゲームソフト30選【2022】

ゲームファン、アニメファン、コミックファンすべての「ペルソナファン」に捧ぐ、ゴールデンでしか、見れない「P4」! 1・今、「ペルソナ4」が熱い! 2度に渡るTVアニメーション化、舞台、コミックなど、様々なメディアミックスでファン層を拡大中の「ペルソナ4」コンテンツが熱い今、PS VitaRPG「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」が、待望のベスト化!

GRAVITY DAZE

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

イースVIII -Lacrimosa of DANA-

ファルコム35周年記念作品は、待望のアクションRPG「イース」シリーズ完全新作。
2012年、PS Vita向けの本格アクションRPGとして日本のみならず世界各国のゲームユーザーから高い評価を受けた「イース セルセタの樹海」から4年―。

待望の「イース」シリーズ完全新作にしてナンバリングタイトルとなる『イースⅧ』をファルコム35周年記念作品として発売!

蒼の彼方のフォーリズム

小さかった頃に見上げた空に、いちばん近くにいるのが、自分だと思っていた。 これがあれば、どこへも行けると。誰よりも先に、彼方へ行けると。そう、信じていたーーーーー 空を飛ぶことが、自転車に乗るぐらい簡単にできる世界。 反重力子の発見により発明された、夢の空飛ぶ靴。アンチグラビトンシューズ(通称『グラシュ』)は人間に新しい視界をもたらした。グラシュを使用して競うスカイスポーツ『フライングサーカス』を舞台に新たな物語が描かれる。

Neo ATLAS 1469

KILLZONE: MERCENARY

人気のFPS『KILLZONE』と『KILLZONE 2』。その間をつなぐ物語を描いた『KILL ZONE: MERCENARY』がPS Vitaで登場。主人公は、ヘルガストへの反撃を指揮するためにISAに雇われた退役兵のアラン・ダナー。ヴェクタ星に配置されたダナーは、ヘルガストが支配するピュロスシティから、ヴェクタ星の大使とその家族を保護し、脱出させるという指令を受ける。

ぷよぷよテトリス

SOUL SACRIFICE DELTA

魔法使いたちよ、魂に問え、選択せよ、未来を。 2013年3月に登場し、元祖共闘ゲームとして全国に熱狂を巻き起こした 『ソウル・サクリファイス』。その内容を大幅にグレードアップさせた上で全て収録。さらに新たな魔物、魔法、マップ、クエスト、システム、やり込み要素などを追加して誕生するのがこの『ソウル・サクリファイス プライス ストラテジー デルタ』だ。 仲間と共に発動する強力な“魔法連携”や「生贄」・「救済」に次ぐ第三の選択肢「運命」を駆使して、凶暴さを増した新たな魔物たちに立ち向かえ!

オーディンスフィア レイヴスラシル

「ドラゴンズクラウン」で高い評価を得たアトラス×ヴァニラウェアのタッグが、HDゲーム機の潜在スペックを引き出しその魅力を極めるべく生み出すリ・クリエイト作品「オーディンスフィア レイヴスラシル」 がここに登場! HDグラフィック化により磨き抜かれた「息をのむ美しい世界」と「キャラクターの精細な感情表現」により紡がれる、壮大な物語。 それだけではなく、2DアクションRPGとしてのゲームシステムも大幅に進化。 シンプルな操作とシステムの快適化で、誰もが気軽に爽快感を楽しめると同時に、熟練していくほど奥深く楽しめるゲーム性を実現!

Caligula -カリギュラ-

実況パワフルプロ野球2016

フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~

新しい“不思議”の世界を旅して物語を紡ぐ、 「アトリエ」シリーズ最新作『フィリスのアトリエ』

外の世界を知らない少女が旅に出る
閉ざされた地下の町に住む主人公・フィリスは、ふとしたことから錬金術に触れ、姉のリアーネとともに一人前の錬金術士を目指す旅に出る。

ワールド オブ ファイナルファンタジー

レェンとラァンの姉弟は失われた記憶にたぐりよせられ、小さき者が住む不思議な世界【グリモワル】をおとずれます。
そこではモンスターを仲間にして、小さくなって乗っかったり、大きくなって乗っけたり、なんだかおかしな冒険を繰り広げていきます。
これは新しい「ファイナルファンタジー」の大きさ
新しい世界の始まり
たくさんの出会いの物語

デモンゲイズ2

快適なダンジョン探索を約束する “更に充実・進化した各種システム”
前作で好評を博した『トレジャー・ハンティングサークル』や『オートパイロット』『ダンジョン・メモ』等はもちろん健在。様々な新要素や新システムも追加されるようだ。本作より導入された迷宮の最深部『デモン空間』には真の姿を覚醒させたデモンが待ち受けており、それまでより手強いモンスターと神秘的な謎解きがプレイヤーの行く手を阻む。

太鼓の達人 Vバージョン

進撃の巨人

Minecraft: PlayStation Vita Edition

ダンガンロンパ1・2 Reload

PSPソフト「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」と「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」がひとつになってPlayStation Vitaに登場!
唯一無二のグラフィック、予測不能なストーリー、強烈な個性のキャラクター、豪華声優陣達の出演で多くのユーザーを虜にしたハイスピート推理アクションゲームシリーズ。

GOD WARS ~時をこえて~

オメガラビリンスZ

胸膨らむ冒険が再び始まる。とき放て、” Z ”
ここアンベリール女学園にはどんな願いも叶えてくれる

不思議な聖杯伝説があった。

聖杯の隠し場所は学園に古くからある洞窟の奥深く。

普段は立入禁止になっているその洞窟は

創立記念日だけ入り口が解放されている。

しかしその聖杯は、一部の生徒によって発見されたが訳あって破壊され、

本当の伝説になる…

ファイナルファンタジー X HD Remaster

大いなる脅威「シン」に人々がおびえて暮らす異世界スピラに迷い込んだ少年ティーダ。そこで彼は「シン」を
倒そうとする召喚士の少女ユウナと出会い、事情も飲み込めぬままその旅に同行することになる──。

感動的なストーリーと美しいグラフィックが圧倒的な支持を集め、全世界累計850万本を出荷した大人気RPG。
じっくりと戦略を練って戦うことのできるCTB(カウントタイムバトル)をはじめ、華やかな演出の召喚獣や必殺技など、
誰もが楽しむことのできるバトルシステムが特長。ブリッツボールなどの多彩なサブゲームや、やり込み要素も魅力。
また「インターナショナル版」で追加された最強の敵たちとのボスバトルも楽しむことができる。

じっちゃまYouTubeまとめ「2021年1月3日以降の投資ストラテジー。マルティプル・コントラクションが起きてる今、グロース株は投資するのに悪環境?」

じっちゃま相場予測

じっちゃまYouTube文字起こし&まとめ

PER(株価収益率について)例:米国株テスラ(TSLA)

PSR(株価売上高倍率)について

テスラの場合はすでに利益が出ているのでEPSを用いてマルティプルを計算していますが、グロース株の中には赤字会社がたくさんあります。そういう若い会社の場合はPERではなくPSR(Price to Sales Ratio)を使います。

ではPSRはどのくらい変化してきたかというと、今から約5年前はIPOされる企業の平均PSRは約4.5倍でした。それが2021年末時点では約15倍になりました。つまり過去5年間でIPO企業のバリュエーションが約3倍値上がりしたということです。

グロース株はマルティプル・コントラクションのまっただ中

2021年の後半以降、IPOされたばかりのハイパーグロース株が軒並み天井をつけてズルズル株価が下がる局面がありました

それはバリュエーションが剥落してきているということであり、投資家が銘柄に対してどのくらいまでなら払ってもいいという妥当株価が下がってきているということです

今グロース株はマルティプル・コントラクションが起きているので、みんながお金を引いている時です。そういう時に出ていくと非常に良くないと思います。

マルティプル・コントラクション中に逆張りで買い向かってはいけない?

その説明を額面通り受け止めたとして、マルティプル・コントラクションの時に逆張りの発想でポジション立ててはいけないかという問いに対する僕の答えは「そもそもバリューがなければバリュー投資とは言えない」ということです。

IPOでの初値のバリュエーションが5年前なら売上高の4倍くらいの時価総額でしたが、2021年あたりは約15倍になっているので、3倍も割高な水準で取引が開始になっているわけです。

じっちゃまが体験したバリュエーションの変遷

その後バブルがはじけてPSRという尺度は使い物にならなくなりました。それが5倍ー4倍に下がってきたのに、今はPSR約15倍でIPOされているのです。つまり、過去のブームのピーク時に比べても、今の方がべらぼうなバリュエーションで取引が開始されているということです。

グロース株は投資するのに良い環境ではない

テスラの場合はまだマルティプル・コントラクションは起きてないと言えると思います。しかし、他の銘柄ではバリュエーションがハゲてきているものが続出しています。つまり、一般論で言えば、今はグロース株は投資するのに良い環境ではないということです。

じっちゃまTwitterまとめ「米国初のオミクロン株陽性者確認によってマーケットはまたぞろ下落!!でも強気!!」

ウサギ Twitterのフォローもよろしくお願いします!!今回はじっちゃまのTwitterから「米国初のオミクロン株陽性者確認によってマーケットはまたぞろ下落!!でも強気!!」についてまとめておきました。 じっちゃま(広瀬隆雄さん.

じっちゃまのいう「現在のような難しい相場でやらなければならない2つのこと」とは?

ウサギ プライス ストラテジー 今回はじっちゃまの2021年5月1日のYouTube Liveからランダムウォーク理論が説得力を持つ局面であり、難しい相場でやらなければいけないことについてまとめました。 じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube .

じっちゃまTwitterまとめ「今日、ドイツが再びロックダウンする?でマーケットは慌てているけれど心配しないで」とは?

ウサギ Twitterのフォローもよろしくお願いします!!すんごい短いですが、じっちゃまTwitterから「今日、ドイツが再びロックダウンする?でマーケットは慌てているけれど心配しないで」についてまとめておきました!! じっちゃま.

じっちゃまTwitterまとめ「米国株やれば必ず勝てるは情弱の発想」他

ウサギ Twitterのフォローもよろしくお願いします!!今回はじっちゃまのTwitterから「米国株やれば必ず勝てるは情弱の発想」他をまとめておきました!! じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitterまとめ「例によって2021年の.

じっちゃまTwitterまとめ「ボンヤリ者のポン助どもがぶっ殺されている朝」「NVDAとかぶっ殺されると思う」他

ウサギ Twitterのフォローもよろしくお願いします!!今回はじっちゃまTwitterから「ボンヤリ者のポン助どもがぶっ殺されている朝」「NVDAとかぶっ殺されると思う」他についてまとめておきました!! じっちゃま(広瀬隆雄さん.

じっちゃまTwitterまとめ「相場観不変。確定申告終わったので目先の相場は上。但しラリーは短命に終わり今年はSelll in May」他

ウサギ Twitterのフォローもよろしくお願いします!!今回はじっちゃまTwitterから「相場観不変。確定申告終わったので目先の相場は上。但しラリーは短命に終わり今年はSelll in May」についてまとめておきました!! .

『リレイヤー』に集まる賛否。期待の新規IPがシリーズ化する可能性は?

3月24日、『Relayer(リレイヤー)』(以下、『リレイヤー』)が発売となった。 【写真】『リレイヤー』では「ステラギア」と呼ばれる機体に乗り込んで戦う シミュレーションRPGジャンルからの話題作が多い昨今。角川ゲームス発の同タイトルにも、開発発表時から多くの期待と注目が集まっていた。 『リレイヤー』はゲームフリークが納得する作品となり得たのだろうか。インプレッションから感じた方向性、好評・不評のあいだにあるギャップから、IPとしての今後を考える。 ・「星の意志」を継いだ少女たちによる壮大なスペースアドベンチャー『Relayer』 『リレイヤー』は、角川ゲームス開発・発売のロボットシミュレーションRPGだ。2021年5月、同社で『GOD WARS ~時をこえて~』の制作に携わったチームが手掛ける新規IPとして発表され、2度の発売延期(2021年中→2022年2月17日→同年3月24日)を経て、ようやくリリースへとこぎつけた。 公式によるコピーは、「星とギリシア神を擬人化した人類と古代銀河人が織りなす壮大なスペースアドベンチャー」。プレイヤーは、「ステラギア」と呼ばれるメカに乗り込む「星の意志」に魅入られた主要キャラクターたちを操作し、地球とそこに住む人類の生存権を守る戦いに足を踏み入れていく。 対応プラットフォームは、PlayStation4/PlayStation5。価格は、通常版が7,980円(税込)、デラックスエディションとデジタルプレミアムエディションが9,980円(税込)となっている。角川ゲームスによると、今後は追加要素などを盛り込んだアップグレード版をあらためて発売する予定はなく、メカの強化システムなど複数の新規要素(進化機体やスピンオフストーリーズを除く)を無償で実装するとしている。 ・集まる賛否。『リレイヤー』は“評価どおり”の作品なのか。 『ファイアーエムブレム 風花雪月』『スーパーロボット大戦30』の成功、両シリーズの30周年、『トライアングルストラテジー』の発売、『フロントミッション』第1作・第2作のリメイク&リマスター発表、スクエニ発・新規IP『The DioField Chronicle(ディオフィールド クロニクル)』の登場など、SRPGジャンルが往年の盛り上がりを見せるなか、小さくない期待が集まっていた『リレイヤー』の発売。上述の王道・本格派の作品たちに対し、角川ゲームスがどのように同ジャンルを解釈し、独自性を見せるか。その点が今後のSRPGの懐の深さに与える影響は大きかったように思う。 発売から1週間ほどが経過し、『リレイヤー』には真っ二つの評価が集まりつつある。概ね好評なのは、キャラクターデザインと、フルボイス進行のシナリオについて。一方で不評なのは、SRPGとしてのゲーム性やUI、演出まわりについてだ。 たしかに『リレイヤー』は、前段で王道・本格派とした作品たちにくらべ、シナリオに対する比重が高く、ゲーム性については「必要最低限」という印象だった。バトルパートより、ストーリーパートをプレイしている時間の方が圧倒的に長く、直前に発売された『トライアングルストラテジー』以上に、ノベルゲーム色の強い仕上がりとなっている。私は『トライアングルストラテジー』について書いた過去のコラムで、同タイトルを「(ファンタジー)アドベンチャー+シミュレーションRPG」と表現しているが、『リレイヤー』を「アドベンチャー」ではなく「ノベル」と表現したのは、ストーリー分岐のある前者に対し、後者は一本道のストーリーを追うつくりであるからだ。SRPGとして同タイトルを手に取ったプレイヤーからすると、そこに大きな抵抗を感じるのは容易に理解できる。おそらくシナリオ部分に注力されているからこそ、SRPGとしてのゲーム性の部分が不充分だと判断されているのだろう(そもそもこの2つは両立しない要素ではないが)。 しかしながら、もしそうであるならば、たとえば、(バトルパートでの演出は置いておいたとしても)ストーリーパートでは、アニメーションなどを使って演出してほしいシーン、登場人物たちの心理描写を丁寧に表現してほしいシーンがいくつもあった。このあたりがしっかり作り込まれていたら、少なくともキャラクターデザインを入り口に同タイトルを手に取ったプレイヤーを納得させることはできたのではないだろうか。ネガティブレビューで“フルプライスなのに前時代的”と言われる理由も、もとをたどれば、こうした点へと行き着くはずだ。 とはいえ、全体の方向性は、“角川ゲームスなりのSRPG”と言えるものだった。ベースとなる部分は同ジャンルの及第点をクリアしており、集まる評価ほど悪い作品ではなかったように思う。参考までに、アメリカのゲームメディア・TWINFINITEでのレビューメタスコアは80点だった。『リレイヤー』に集まる賛否は、シナリオ重視、ゲーム性重視といった視点の違いが生んだものだと言えそうだ。公式は細かなアップデートの実施に前向きであるため、不評なポイントとして挙げたUIや演出まわりについては今後、解消へと向かうのかもしれない。 もし将来的に続編が発売されるのであれば、おなじ方向性で正統進化することを願いたい。あらゆる面がひとまわり、ふたまわりパワーアップした第2作なら、佳作に分類できるような作品にもなり得るに違いない。ひとりのゲームプレイヤー、SRPGジャンルのファンとして、『リレイヤー』には、ぜひシリーズ化を目指してほしいと感じた。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる