初心者向けおすすめFX動画

オシレーターとは

オシレーターとは

(この図はあまりいい例じゃないですが、オーサムオシレーターがすごい下なら、買いを考えます)

FXトレード研究会(FTK) | 実力派トレーダー集団が運営するFXブログ

FXトレード研究会(FTK)が運営するブログでは、FX初心者でも利益を出せる情報提供とともに日々のトレード検証結果、収支報告などを無料で公開します。 また情報商材業界で出回っているFX情報商材を検証および評価していきます。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

検証評価カテゴリー(商材別)

記事テーマ カテゴリー

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

最近の投稿

  • 原ちゃん道場【検証と管理人評価】
  • 原ちゃん道場/合同会社Canopus,原ちゃん 【口コミ 掲示板】
  • 爆人(bakuto)【検証と管理人評価】
  • Captain(キャプテン)の三天法【情報配信レビュー(3月度配信)】
  • GOLD HERO’S(ゴールド・ヒーローズ)【検証と管理人評価】

相場の駆動力の加速と減速を測定する「ACオシレーター」

ACオシレーター(Accelerator Oscillator)とは

「ACオシレーター」は、アメリカのトレーダーであり、
株式、商品、外国為替市場の取引における取引心理学テクニカル分析、
カオス理論に関する本の著者”ビル・ウィリアムズ”が考案した
オシレーター系のテクニカル指標になります。

ビル・ウィリアムズの本に記載された取引システムの一部であるため、
MT4ではビル・ウィリアムズ系として独自の部類に分けられており、
彼が考案したインジケーターは全部で6つ存在します。

・ACオシレーター(Accelerator Oscillator)
・アリゲーター(Alligator) オシレーターとは
・オーサム・オシレーター(Awesome Oscillator)
・フラクタル(Fractals)
・ゲーターオシレーター(Gator Oscillator)
・マーケットファシリテーションインデックス(Market Facilitation Index)

ACオシレーターは、相場の駆動力「加速」「減速」を オシレーターとは オシレーターとは
測定するインジケーターです。

ACは、”Accelerator”の略で、加速装置アクセルといった意味があります。

サブチャートに表示されているヒストグラムがACオシレーターです。

ACオシレーターの計算方法と見方

ACオシレーターの算出には「AO(オーサムオシレーター)」が使われます。

AO = 5日移動平均線 - 34日移動平均線
AC = AO - 5日移動平均線

オーサムオシレーターの数値は基本として固定されているので、
ACオシレーターのパラメーターも、
基本的には任意の設定は必要ないものとなっています。

前の棒線よりも大きければ緑色
前の棒線よりも小さければ赤色

基本、ACオシレーターが緑の時には買いのみ、
赤の時には売りのみというのが鉄則になります。

0.000を境に、上回ってきた場合上昇トレンド
下回ってきた場合下降トレンドと判断します。

指標が上昇すればする程、買われすぎと判断され、
下降すればするほど、売られすぎと判断されます。

また、上昇トレンドにおいて、
バーの色が緑色から赤色に変化した時に、上昇力が弱まったと判断し、

逆に、下降トレンドにおいて、
バーの色が赤色から緑色に変化した時に、下降力が弱まったと判断します。

ACオシレーターの売買サイン

オシレーター系のインジケータでは、
よく”0ラインの交差”エントリーシグナルというものが見られますが、
ACオシレーターは、公式には0ラインの交差はシグナルではない
とされています。

・0ラインの上に伸びる緑の線が2本連続で続いたら買い
・0ラインの下に伸びる赤の線が2本連続で続いたら売り

・0ラインの下に伸びる緑の線が3本連続で続いたら買い
・0ラインの上に伸びる赤の線が3本連続で続いたら売り

0ラインの上で伸びる緑の線が2本連続
確定した次の足の始値(110.051)で買いエントリー。

0ラインの上で伸びる赤の線が3本連続
確定した次の足の始値(112.023)で売りエントリー。

その後、0ラインの下で伸びる赤の線が3本連続
確定した次の足の始値(111.844)で売り増しエントリー。

ACオシレーターまとめ

今回は「ACオシレーター」について紹介しました。

ここで紹介した活用法は、
考案者であるビル・ウィリアムズの考え方に基づいたもので、
この考え方から基本的には”トレンドフォロー手法”
となっていることがわかります。

しかし、こういった特性を応用し、
売られすぎ買われすぎの判断としても使われ、
逆張り指標としても活用されています。

他のテクニカル指標を併用するなどして、
過去のチャートから検証を行い、
より優位性の高いトレード手法を探してみてください。

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

オーサムオシレーター(Awesome Oscillator)の設定の仕方と使い方


(MT5だとこんな感じです)

名前(別名) オーサムオシレーター(特になし)
入手場所 MT4とMT5に標準装備
種類 ビル・ウィリアムズ系
英語表記 Awesome Oscillator
表示させる方法 「ナビゲーター」→「インジケータ」→「ビル・ウィリアムズ」からチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定

上昇 好きな色にしよう!
下降 好きな色にしよう!

オーサムオシレーターの意味

オーサムオシレーターとは


期間の違う移動平均線の離れぐあいを見やすくしたものです。赤と緑の棒が、MACDみたいな形を作っています。


オーサムオシレーターは、緑と赤の棒グラフでできています。
真ん中に「0ライン」があって高値と安値の平均値をあらわしています。

上に棒がある 買われすぎ
下に棒がある 売られすぎ
棒が0ラインを超える トレンドが転換した(2本の移動平均線が交差した)

オーサムオシレーターの計算式ざっくり


使う移動平均線は、5期間と34期間でした。
計算は、その差を出すだけです。
「0ライン」は高値と安値の平均です。

オーサムオシレーターの一般的な使い方

売られすぎ買われすぎで使う方法


(この図はあまりいい例じゃないですが、オーサムオシレーターがすごい下なら、買いを考えます)

押し目買い、戻り売りで使う方法


棒は、移動平均線の状況を見やすくしたものなので、「移動平均線の押し目買い、戻り売り」と似たような使い方ができます。

0ラインに近づいたときが「押し目買い戻り売り」のチャンスということです。
棒の色は、標準のままなら「赤が下落」「緑が上昇」で、 同じ色が3本続くのが一番信頼できるといわれます。

棒が0ラインを上、下に突き抜けたときにその方向を買う

これも、同じ色が2本続いたとき、信頼度が高いといわれます。
(下から突き抜けた緑の棒の、次の棒も緑で、 2本続いたら信頼できる )

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

オーサムオシレーターで海外バイナリーオプションやってみた

いつものように、クイックデモを使います。

「買われすぎで、下」をやりたいのだけど、いつ下がるのかなんてわからない……。
オシレーターとは
1分の「下」を買ってみたけど、無事敗北。

つぎ、

赤の棒が3本出てから「下」を買ってみる

こちらも敗北

何時間足が使いやすい?

オーサムオシレーターの総評・まとめ


さっきのデモの続きのチャートです。
赤い棒が3本出た後、 たしかにチャートは下がっているので、信頼感はあります。
バイナリーオプションで使うなら、ローソク足もちゃんと見て、トータルでいけそうなタイミングを見つけると良さそうです。

オーサムオシレーターにおける専門用語解説

オーサムオシレーター・・特にびっくりしなかったけど、簡単で使いやすいMACDみたいなやつ。
移動平均線・・価格の平均をグラフにしたやつ

晴れ晴れ日和

未分類

ユーロポンドを使った通貨強弱の見方。及川式では必須

及川式で最初の肝になるのが通貨の強弱ですね。 特に及川さんは、ユーロポンドとドル円をその指標として使っています。 ドル円はボラが出ているときはしていますが、基本この2通貨は取引していません。 及川さんは、個別チャートのテクニカルの形を見る前.

未分類

TradingView/mt4のRCIインジケーター。FXで相場の勢いを見る!

RCI(Rank Correlation Index)インジケーターは、株やFXで昔から使われているインジケーターです。 日本語だと「順位相関指数」という意味で値動きの勢いを示す感じですね。 モメンタム系オシレーターともいわれて、他に似たようなオシレーターだとRCI、C.

未分類

リオンちゃんのマシンガンハントFX。ツールや手法なども簡単に紹介

リオンちゃんのマシンガンハントを購入しました。 リオンちゃんは、声優という本業があり顔出しNGということで、一般発売ではなくFXismのメルマガ・LINE登録者のみに販売するという形になりました。 結構な数が売れたようですし、いまのところインフォトッ.

未分類

女性声優トレーダー「FX Vtuber リオン」GBP/AUDの狩り方まとめ

FX界の女性Vtuberといえばリオンちゃん。 そんなリオンちゃんのヒゲ刈りなど、過去のYoutube動画をまとめてみました。 GBP/AUDのポンオジを狩りたい人や、リオン式を学びたい人は参考にどうぞ。 【FXism Vtuberプロジェクトから生まれたリオンとは】 リオ.

未分類

FXに勝つ準備※おすすめのパソコン環境とスペックは?

FXを始める準備として必要なのがパソコンですよね。 スマホやipadでもトレードはできますが、勝てるFXを目指すならパソコン+MT4は必須です。 15年以上エンジニアをやってきて、パソコンも20個ぐらい買い替えてきたので、その経験を元に簡単にFX用のパソコ.

未分類

個人投資家と投機筋のポジションから相場を読む。個人投資家のポジションは見られている?

FXをやっているとポジションを持った瞬間に逆にいってしまい、誰かポジションを見てるんじゃないか?という疑問がわくと思います。 オシレーターとは ブローカーはポジションを一括して見れますし、個人投資家のポジションを公開している所もたくさんあります。 実際、過去.

未分類

通貨のボラ把握に便利※MT4対応の無料「ボラティリティバー」インジケーター

通貨のボラを把握するのに便利なのがボラティリティインジケーターです。 ボラティリティの意味はこちら ボラティリティ(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きい.

未分類

億トレーダーひろぴーさんのFX手法や経歴など※いまは会社経営者へ

未分類

FXism 及川圭哉さんのFX手法と評判。FXで勝てない時に

及川さんのFXトレード塾「TRIBE」も終了しました。 わずか3日間の募集でお値段も税込み25万で、デイトレ大百科が19,800円なのでそれに比べたら高かったです。 でも、及川さん的には20億以上稼いでいるので塾をやる必要はないわけですが、人生のミッショ.

未分類

ベテラン女性トレーダー「鳥居万友美」さんの評判と手法・FX本やFXセミナーも多数

鳥居万友美さんは、2006年ぐらいからFXのセミナーなどをやっている超ベテランのFXトレーダーです。 離婚後にFXで成功していて、シングルマザーで息子さんが1人。 鳥居さんの年齢は、大学生の息子さんがいて、ブログ記事から2020年で54歳だそうです。お若.

Sequential (Dave Smith instruments) OB-6【ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!】

Dave Smith Instruments OB-6 (オー・ビー・シックス) は伝説的なシンセサイザー開発者、トム・オーバーハイムとデイヴ・スミスにより開発された、6ボイス・アナログ・ポリフォニック・シンセサイザーです。

Sequential (Dave Smith instruments) OB-6【ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!】

商品の説明

●ボイス毎に2基ずつ搭載されたディスクリート・オシレーター。オシレーター1 はノコギリ波からパルス波へ、オシレーター2は三角波からノコギリ波を経てパルス波へと連続可変が可能。オリジナル Oberheim シンセサイザーでは不可能だった微妙なニュアンスを持つ波形を生み出す事が可能。オシレーター1はオシレーター2にハードシンクする事ができ、モジュレーションと組み合わせる事で複雑かつリッチな倍音成分を含むサウンドを得る事ができます。

《オシレーター・セクション》
・1ボイスにつき2つの新しいデザインのディスクリートVCO
・オシレーター毎に連続可変波形 (OSC1 : ノコギリ波 ? パルス波 オシレーターとは OSC2 : 三角波 ? ノコギリ波 ? パルス波)
・オシレーター毎に設定可能なパルスワイズ
・ハードシンク オシレーター1にオシレーター2がシンク
・ボイス毎に矩形波のサブオクターブ・ジェネレーター (オシレーター1)
・ローフリーケンシーモード (オシレーター2)
・キーボード・トラッキング On/Off (オシレーター2)
・チューニングをずらすデチューン・アマウント

《ミキサー・セクション》
・オシレーター1アマウント
・オシレーター1サブオクターブ・アマウント
・オシレーター2アマウント オシレーターとは
・ホワイトノイズ・アマウント
・ステイト・バリアブル・フィルター
・オリジナルの Oberheim SEM のフィルターにインスパイアされたステイト・バリアブル・フィルター
・ボイス毎に2ポール・レゾナント・フィルターを搭載
・ローパス ? ノッチ ? ハイパスへ連続可変するノーマルモード、バンドパス・モード
・バイポーラー・フィルターエンベロープ・アマウント
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション
・キーボード・トラッキング Off / Half / Full

《フィルター・エンベロープ・セクション》
・4ステージ(ADSRタイプ)エンベロープ・ジェネレーター
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション

《アンプリファイアー・エンベロープ・セクション》
・4ステージ(ADSRタイプ)エンベロープ・ジェネレーター
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション
・ローフリーケンシー・オシレーター
・5つの波形(サイン波、ノコギリ波, 上昇ノコギリ波, 矩形波, ランダム(サンプル & ホールド))
・クロックシンク (内部クロック又は外部MIDIクロック)
・イニシャル・アマウント
・モジュレーション・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター2フリーケンシー, オシレーター1 & オシレーターとは 2パルスワイズ, フィルター・カットオフ, フィルター・モード, アンプ

《X-MOD》
・ソース : フィルター・エンベロープ(バイポーラー), オシレーター2 (バイポーラー)
・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター1シェイプ, オシレーター1パルスワイズ, フィルター・カットオフ, フィルター・モード, ノーマル・トゥ・バンドパス・フィルター

《アフタータッチ》
・ソース : チャンネル(モノ)アフタータッチ (バイポーラー)
・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター2フリーケンシー, LFOアマウント, オシレーターとは アンプリファイアー・エンベロープ・アマウント, フィルター・エンベロープ・アマウント, フィルター・モード

《クロック》
・タップテンポによる設定も可能なマスタークロック
・BPM のコントロールと表示
・MIDI クロックシンク

《アルペジエーター》
・ノートバリューを設定可能 : 16分音符, 三連8分音符, 8分音符, オシレーターとは 付点8分音符, 4分音符
・1~3オクターブレンジ
・モード : アップ, ダウン, アップ / ダウン, ランダム, アサインモード

《エフェクト》
・ステレオ・アナログ・ディストーション
・デュアル24bit 48kHzデジタルエフェクト, リバーブ(ルーム, ホール, プレート, スプリング), オシレーターとは ディレイ(フルバンドワイズ・デジタルディレイ, BBDエミュレートディレイ), コーラス, フランジャー, フェイズシフター, オシレーターとは リング・モジュレーター
・ディレイシンク
・トゥルーバイパス機能搭載 エフェクトOff時はフルアナログ信号パス

《パフォーマンス・コントロール》
・フルサイズ・セミウェイテッド・4オクターブ・キーボード (ベロシティ、アフタータッチ搭載)
・ピッチホイール & モジュレーションホイール (バックライト搭載)
・スプリング内蔵ピッチホイール, プログラム毎にレンジを設定可能 (+-1?12セミトーン)
・トランスポーズ・コントロールにより8オクターブの音域をカバー
・ホールドスイッチによる打鍵の保持
・ポリフォニック・ポルタメント
・ユニゾン (モノフォニック) モード, 1ボイスから最大6ボイスまで設定可能, コード・メモリー, キーモード
・マニュアル・スイッチ (Offにするとフロントパネルによるエディットが可能)

《パッチメモリー》
・500ユーザープログラム + 500ファクトリープログラムを100プログラム x 10バンクに記憶
・ダイレクト・プログラム・アクセス, Prophet-5スタイルの10個のプログラムボタンによるプログラムへのダイレクトアクセス

《入出力》
・メインステレオ・アウトプット L/Mono, R(2 × 6.3mm フォンジャック)
・ヘッドフォン・アウトプット(6.3mm ステレオ・フォンジャック)
・MIDI IN, MIDI OUT, MIDI THRU
・USBによる双方向MIDIコミュニケーション
・フィルター・カットオフ用 エクスプレッション・ペダル IN
・ボリューム用 エクスプレッション・ペダル IN
・サスティン・フットスイッチ IN
・シーケンサー スタート/ストップ フットスイッチIN

Sequential (Dave Smith instruments) OB-6【ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!】

Dave オシレーターとは オシレーターとは Smith Instruments OB-6 (オー・ビー・シックス) は伝説的なシンセサイザー開発者、トム・オーバーハイムとデイヴ・スミスにより開発された、6ボイス・アナログ・ポリフォニック・シンセサイザーです。

Sequential (Dave Smith instruments) OB-6【ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!】

商品の説明

●ボイス毎に2基ずつ搭載されたディスクリート・オシレーター。オシレーター1 はノコギリ波からパルス波へ、オシレーター2は三角波からノコギリ波を経てパルス波へと連続可変が可能。オリジナル Oberheim シンセサイザーでは不可能だった微妙なニュアンスを持つ波形を生み出す事が可能。オシレーター1はオシレーター2にハードシンクする事ができ、モジュレーションと組み合わせる事で複雑かつリッチな倍音成分を含むサウンドを得る事ができます。

《オシレーター・セクション》
・1ボイスにつき2つの新しいデザインのディスクリートVCO
・オシレーター毎に連続可変波形 (OSC1 : ノコギリ波 ? パルス波 OSC2 : 三角波 ? ノコギリ波 ? パルス波)
・オシレーター毎に設定可能なパルスワイズ オシレーターとは
・ハードシンク オシレーター1にオシレーター2がシンク
・ボイス毎に矩形波のサブオクターブ・ジェネレーター (オシレーター1)
・ローフリーケンシーモード (オシレーター2)
・キーボード・トラッキング On/Off (オシレーター2)
・チューニングをずらすデチューン・アマウント

《ミキサー・セクション》
・オシレーター1アマウント
・オシレーター1サブオクターブ・アマウント
・オシレーター2アマウント オシレーターとは オシレーターとは
・ホワイトノイズ・アマウント
・ステイト・バリアブル・フィルター
・オリジナルの Oberheim SEM のフィルターにインスパイアされたステイト・バリアブル・フィルター
・ボイス毎に2ポール・レゾナント・フィルターを搭載
・ローパス ? ノッチ ? ハイパスへ連続可変するノーマルモード、バンドパス・モード
・バイポーラー・フィルターエンベロープ・アマウント
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション オシレーターとは
・キーボード・トラッキング Off / Half / Full

《フィルター・エンベロープ・セクション》
・4ステージ(ADSRタイプ)エンベロープ・ジェネレーター
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション

《アンプリファイアー・エンベロープ・セクション》
・4ステージ(ADSRタイプ)エンベロープ・ジェネレーター
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション
・ローフリーケンシー・オシレーター
・5つの波形(サイン波、ノコギリ波, 上昇ノコギリ波, 矩形波, オシレーターとは ランダム(サンプル & ホールド))
・クロックシンク (内部クロック又は外部MIDIクロック)
・イニシャル・アマウント
・モジュレーション・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター2フリーケンシー, オシレーター1 & 2パルスワイズ, フィルター・カットオフ, フィルター・モード, アンプ

《X-MOD》
・ソース : フィルター・エンベロープ(バイポーラー), オシレーター2 (バイポーラー)
・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター1シェイプ, オシレーター1パルスワイズ, フィルター・カットオフ, フィルター・モード, ノーマル・トゥ・バンドパス・フィルター

《アフタータッチ》
・ソース : チャンネル(モノ)アフタータッチ (バイポーラー)
・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター2フリーケンシー, LFOアマウント, アンプリファイアー・エンベロープ・アマウント, フィルター・エンベロープ・アマウント, フィルター・モード

《クロック》
・タップテンポによる設定も可能なマスタークロック
・BPM のコントロールと表示
・MIDI クロックシンク

《アルペジエーター》
・ノートバリューを設定可能 : 16分音符, 三連8分音符, 8分音符, 付点8分音符, 4分音符
・1~3オクターブレンジ
・モード : アップ, ダウン, アップ / ダウン, ランダム, アサインモード

《エフェクト》
・ステレオ・アナログ・ディストーション
・デュアル24bit 48kHzデジタルエフェクト, リバーブ(ルーム, ホール, プレート, スプリング), ディレイ(フルバンドワイズ・デジタルディレイ, BBDエミュレートディレイ), コーラス, フランジャー, フェイズシフター, オシレーターとは リング・モジュレーター
・ディレイシンク
・トゥルーバイパス機能搭載 エフェクトOff時はフルアナログ信号パス

《パフォーマンス・コントロール》
・フルサイズ・セミウェイテッド・4オクターブ・キーボード (ベロシティ、アフタータッチ搭載) オシレーターとは
・ピッチホイール & モジュレーションホイール (バックライト搭載)
・スプリング内蔵ピッチホイール, プログラム毎にレンジを設定可能 (+-1?12セミトーン)
・トランスポーズ・コントロールにより8オクターブの音域をカバー
・ホールドスイッチによる打鍵の保持
・ポリフォニック・ポルタメント
・ユニゾン (オシレーターとは モノフォニック) モード, 1ボイスから最大6ボイスまで設定可能, コード・メモリー, キーモード
・マニュアル・スイッチ (Offにするとフロントパネルによるエディットが可能)

《パッチメモリー》
・500ユーザープログラム + 500ファクトリープログラムを100プログラム x 10バンクに記憶 オシレーターとは
・ダイレクト・プログラム・アクセス, Prophet-5スタイルの10個のプログラムボタンによるプログラムへのダイレクトアクセス

《入出力》
・メインステレオ・アウトプット L/Mono, R(2 × 6.3mm フォンジャック)
・ヘッドフォン・アウトプット(6.3mm ステレオ・フォンジャック)
・MIDI IN, MIDI OUT, MIDI THRU
・USBによる双方向MIDIコミュニケーション
・フィルター・カットオフ用 エクスプレッション・ペダル IN
・ボリューム用 エクスプレッション・ペダル IN
・サスティン・フットスイッチ IN
・シーケンサー スタート/ストップ フットスイッチIN

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる