初心者でもめざせ

取引をはじめるには

取引をはじめるには

2022年6月度取引履歴~前月比-48万

取引履歴

アドバンスクリエイト (8798) 100株 1,500円
菱電商事 (8084) 100株 3,000円
八洲電機 (3153) 200株 4,400円
伯東 (7433) 取引をはじめるには 200株 20,000円
オリックス (8591) 100株 4,660円
メタウォーター (9551) 200株 4,000円
ひろぎんホールディングス (7337) 100株 1,200円
グローセル (9995) 100株 1,200円
イノベーション (3970) 200株 7,600円
ヨロズ (7294) 100株 700円
三洋貿易 (3176) 300株 5,700円
アルテリア・N (4423) 200株 6,290円
トリドールHD (3397) 200株 1,500円
ハマキョウレックス (9037) 100株 4,500円
上場インデックス新興国債券 (1566) 3株 1,068円
アイティフォー (4743) 400株 12,000円
全国保証 (7164) 200株 26,600円
日本管財 (9728) 100株 2,取引をはじめるには 700円
プロシップ (3763) 100株 5,000円
エフ・シー・シー (7296) 100株 2,600円
アルコニックス (3036) 100株 2,800円
KDDI (9433) 100株 6,取引をはじめるには 500円
ケアサービス (2425) 300株 3,000円
日本調剤 取引をはじめるには (3341) 100株 1,250円
ハビックス (3895) 200株 2,400円
上新電機 (8173) 1株 75円
燦ホールディングス (9628) 300株 6,300円
リコーリース (8566) 100株 6,500円
高周波熱錬 (5976) 100株 1,700円

クロス優待

フジオフードグループ本社 (2752) @300株 1,359円 −1454
ロイヤルホールディングス (8179) @1,000株 2,190円 −7845
ジョイフル本田 (3191) @100株 1,614円 −275
Genky DrugStores (9267) @100株 3,390円 −579
日本マクドナルドホールディングス (2702) @300株 5,030円 −3540
ブロンコビリー (3091) @200株 2,取引をはじめるには 294円 −1470
すかいらーくHD (3197) @500株 1,578円 −1257

暗号資産販売所「LINE BITMAX」を使う理由がどんどん増えている【キャンペーン開催中】

LINE BITMAXの操作画面は、とてもシンプルだ。暗号資産を売り買いする相手は他のユーザーではなく「LINE BITMAX(販売所)」。取り扱われている暗号資産も厳選された6種類(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リンク)だ。暗号資産の売買手数料は無料だが、実質的な取引コストとしてはスプレッド(買取と販売の差額)があり、レバレッジ取引にも対応していない。

注目の暗号資産「LINK」が買える

もう一つ、LINE BITMAXの特筆すべきポイントは、暗号資産LINK(リンク / LN)が売買できること。LINKはちょっとユニークな暗号資産で、LINEが独自開発したLINE Blockchain上のサービスを利用してくれた人たち向けに、インセンティブとして付与するために開発された。

LINE Payで「LINK支払い」が試験中

LINK(リンク / LN)は「使い道」も増えている。中でも注目なのは2022年3月16日から試験運用が始まったLINE Payの「LINK支払い」だ。単に支払いに使えるだけでなく、2022年12月26日までの試験期間中は、LINKで支払った額の10%相当分が還元される(上限5,000円 / 月)という。当面LINK支払いを受け付けるのは「LINE Payオンライン加盟店の一部」に限られるようだが、今後、利用可能店舗を増やしていく方針だという。

長期保有したい人は見逃せない「貸出サービス」も

LINKがもらえる「毎週おトクな水・木・金曜日」キャンペーン中

さて、LINE BITMAXでは6月3日まで、暗号資産を売買すると毎週一人あたり最大24万円相当のLINK(リンク / LN)がもらえるキャンペーンが実施されている。

文・編集 coindesk JAPAN編集部広告制作チーム
画像 LINE BITMAX, LINE Corporation, Shutterstock

Related Posts

LINE BITMAXをはじめよう

RECOMMEND

LINE BITMAXで35万円分の暗号資産を運用したらまさかの結果に!約半年間の運用をレポート

LINE独自の暗号資産LINK(リンク)の魅力とは?

8900万人が使うエコシステム「LINEトークンエコノミー構想」が作り出す、新しい世界とは?

Line Bitmax

暗号資産販売所「LINE BITMAX」を使う理由がどんどん増えている【キャンペーン開催中】

パラダイムシフトの中でも「誰一人、取り残さない」 LINEが描くWeb3の未来

暗号資産貸出サービス

LINE BITMAXで口座開設

※当サイトは情報提供を目的としており、CoinDeskJapan(以下「当社」という)が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※このページはLINE Xenesis株式会社が運営する暗号資産販売所「LINE BITMAX」に関する情報を掲載するページです。

原油は米国の需要減速の兆候に反応

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

2022年6月度取引履歴~前月比-48万

取引履歴

アドバンスクリエイト (8798) 100株 1,500円
菱電商事 (8084) 100株 3,000円
八洲電機 (3153) 200株 4,400円
伯東 (7433) 200株 取引をはじめるには 20,000円
オリックス (8591) 100株 取引をはじめるには 4,660円
メタウォーター (9551) 200株 4,000円
ひろぎんホールディングス (7337) 100株 1,200円
グローセル (9995) 100株 1,200円
イノベーション (3970) 200株 7,600円
ヨロズ (7294) 100株 700円
三洋貿易 (3176) 300株 5,700円
アルテリア・N (4423) 200株 6,290円
トリドールHD (3397) 200株 1,500円
ハマキョウレックス (9037) 100株 4,500円
上場インデックス新興国債券 (1566) 3株 1,068円
アイティフォー (4743) 400株 12,000円
全国保証 (7164) 200株 26,600円
日本管財 (9728) 100株 2,700円
プロシップ (3763) 100株 5,000円
エフ・シー・シー (7296) 100株 2,600円
アルコニックス (3036) 100株 2,800円
KDDI (9433) 100株 6,500円
ケアサービス (2425) 300株 3,000円
日本調剤 (3341) 100株 1,250円
ハビックス (3895) 200株 2,400円
上新電機 (8173) 1株 75円
燦ホールディングス (9628) 300株 6,300円
リコーリース (8566) 100株 6,500円
高周波熱錬 (5976) 100株 1,700円

クロス優待

フジオフードグループ本社 (2752) @300株 1,359円 −1454
ロイヤルホールディングス (8179) @1,000株 2,190円 −7845
ジョイフル本田 (3191) @100株 1,614円 −275
Genky DrugStores (9267) @100株 3,390円 −579
日本マクドナルドホールディングス (2702) @300株 5,030円 −3540
ブロンコビリー (3091) @200株 2,294円 −1470
すかいらーくHD (3197) @500株 1,578円 −1257

暗号資産販売所「LINE BITMAX」を使う理由がどんどん増えている【キャンペーン開催中】

LINE BITMAXの操作画面は、とてもシンプルだ。暗号資産を売り買いする相手は他のユーザーではなく「LINE BITMAX(販売所)」。取り扱われている暗号資産も厳選された6種類(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リンク)だ。暗号資産の売買手数料は無料だが、実質的な取引コストとしてはスプレッド(買取と販売の差額)があり、レバレッジ取引にも対応していない。

注目の暗号資産「LINK」が買える

もう一つ、LINE BITMAXの特筆すべきポイントは、暗号資産LINK(リンク / LN)が売買できること。LINKはちょっとユニークな暗号資産で、LINEが独自開発したLINE Blockchain上のサービスを利用してくれた人たち向けに、インセンティブとして付与するために開発された。

LINE Payで「LINK支払い」が試験中

LINK(リンク / LN)は「使い道」も増えている。中でも注目なのは2022年3月16日から試験運用が始まったLINE Payの「LINK支払い」だ。単に支払いに使えるだけでなく、2022年12月26日までの試験期間中は、LINKで支払った額の10%相当分が還元される(上限5,000円 / 月)という。当面LINK支払いを受け付けるのは「LINE Payオンライン加盟店の一部」に限られるようだが、今後、利用可能店舗を増やしていく方針だという。

長期保有したい人は見逃せない「貸出サービス」も

LINKがもらえる「毎週おトクな水・木・金曜日」キャンペーン中

さて、LINE BITMAXでは6月3日まで、暗号資産を売買すると毎週一人あたり最大24万円相当のLINK(リンク / LN)がもらえるキャンペーンが実施されている。

文・編集 coindesk JAPAN編集部広告制作チーム
画像 LINE BITMAX, LINE Corporation, Shutterstock

Related Posts

LINE BITMAXをはじめよう

RECOMMEND

LINE 取引をはじめるには BITMAXで35万円分の暗号資産を運用したらまさかの結果に!約半年間の運用をレポート

LINE独自の暗号資産LINK(リンク)の魅力とは?

8900万人が使うエコシステム「LINEトークンエコノミー構想」が作り出す、新しい世界とは?

Line Bitmax

暗号資産販売所「LINE BITMAX」を使う理由がどんどん増えている【キャンペーン開催中】

パラダイムシフトの中でも「誰一人、取り残さない」 LINEが描くWeb3の未来

暗号資産貸出サービス

LINE BITMAXで口座開設

※当サイトは情報提供を目的としており、CoinDeskJapan(以下「当社」という)が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※このページはLINE Xenesis株式会社が運営する暗号資産販売所「LINE BITMAX」に関する情報を掲載するページです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる