Web取引ガイド

固定スプレッド

固定スプレッド

アフリカ大陸の最高峰 キリマンジャロです

イタリア債利回り上昇 スプレッドの拡大はユーロを圧迫=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FX高金利通貨のスプレッドを比較

南アフリカランド投資入門のトップ画像

会社名をクリックされると、公式サイトを別ウインドウで開けます
※GMOクリック証券 くりっく365 は固定のスプレッドではなく、スプレッドの平均値です。
※SBIFXトレードのスプレッドは原則固定(例外あり)。取引通貨量により異なります(下の表をご参照ください)
※FXプライム byGMOのスプレッドは原則固定(※例外あり)で、1万通貨未満の取引で片道3銭追加(1万通貨以上は手数料無料)
※マネックスFX プレミアムのスプレッドは取引通貨量により異なります

SBIFXトレード 詳細スプレッド比較表 固定スプレッド 固定スプレッド
1~1000通貨 1001通貨~100万通貨 100万1通貨~300万通貨
ランド円 0.8銭 0.99銭 2.0銭
トルコリラ円 0.4銭 1.89銭 3.4銭
豪ドル円 0.4銭 0.69銭 0.99銭
NZドル円 0.9銭 1.19銭 2.39銭
中国人民元円 1.4銭 1.69銭 2.48銭

高金利通貨のスプレッドが狭いFX会社

ヒロセ通商 LION FX

・すべての高金利通貨で スプレッドが最狭水準
・中国人民元円の取り扱いもある貴重なFX会社
・自己資本規制比率が非常に高く、信頼性が高い
・1通貨単位の取引が可能で、小数点以下のスワップも切捨てなし
・口座開設・維持料金とも0円で口座開設にお金がかかりません

現在、最大 100万円 キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はヒロセ通商 LION FXの公式サイトでチェックしてください。


DMM FX

・多くの通貨ペアでスプレッドが狭い
・創業80年以上で安心
・マーケット情報が充実
・口座開設・維持料金とも0円で口座開設にお金がかかりません

現在、最大 505000円 キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はセントラル短資FXの公式サイトでチェックしてください。


DMM FX

・豪ドル円・NZドル円で スプレッド最狭水準
・ほかの通貨ペアでもスプレッドは最高水準の狭さ
・買いと売りスワップが一本値で 買いと売り両方のトレードに有利
・取引ごとに 取引応援ポイント (ポイントは現金と交換できます)
・口座開設・維持料金とも0円で口座開設にお金がかかりません
・口座開設申し込み後、 最短翌日からトレード 固定スプレッド 可能


現在、最大 20000円 キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はDMM FXの公式サイトでチェックしてください。


ヒロセ通商 LION FX

・NZドル円・トルコリラ円で スプレッド最狭水準
・ランド円・豪ドル円のスプレッドも最高水準の狭さ
・キャッシュバック基準が低い(ポンド円 片道15万通貨で5000円 等)
・合計 51通貨ペア の取引が可能
・1000通貨単位の取引が可能で、小数点以下のスワップも切捨てなし
・口座開設・維持料金とも0円で口座開設にお金がかかりません


現在、最大 100万円 キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はヒロセ通商 LION FXの公式サイトでチェックしてください。


アフリカ大陸の最高峰 キリマンジャロです

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)

CDS取引とは

クレジットインデックスの取引手法は、クーポンや満期などの条件があらかじめ定められている社債の取引と類似しています。クレジットインデックスの場合、個別のCDSと同様にリスクの外し手(プロテクションの買い手)がリスクの取り手(プロテクションの売り手)に対して、固定クーポンを四半期毎に支払います。固定クーポンはインデックスの各シリーズの作成時に決定(例:iTraxx Japan シリーズ30の固定クーポンは100bps)され、シリーズが満期を迎えるまで変更はありません。また、取引を開始する際、インデックス価格(取引時点のスプレッドや固定クーポン、取引日からシリーズ終了までの期間等を考慮して計算される100%を額面とした価格)をもとに売り手と買い手の間で支払いが発生します(詳しくは下記の取引例を参照)。取引参加者は、ベンダーの計算エンジン等を利用してインデックス価格の算出を行っています。マークイット社の計算エンジンは無料で提供されており、以下のリンクから入手可能です。

インデックスの取引例

  1. インデックス開始日:2010年9月21日 (2010年9月20日は祝日のため翌日21日が開始日) 額面100%、固定クーポン100bpsのクレジットインデックス(5年物)が開始。
  2. 取引日:2010年11月30日プロテクションの買い手Aがプロテクション売り手Bより、想定元本1億円のインデックスのプロテクションを購入。取引時点のインデックスのスプレッドは110bps。
  3. 取引決済日:2010年12月3日(=取引日+3営業日)
  4. 固定クーポン支払日:2010年12月20日プロテクションの買い手Aはプロテクションの売り手Bに対して固定クーポンの支払。
  5. 取引終結日:2011年3月14日プロテクションの買い手Aは、スプレッドが130bpsまで上昇した3月14日、反対売買を行うことで取引を終結。
  6. 取引決済日:2011年3月17日(=取引終結日+3営業日)

1~3:取引開始:「アップフロント」及び「経過利子」の支払い

  • アップフロント=想定元本*(インデックス開始日のインデックス価格(額面100%)-取引時点のインデックス価格(99.52%))/100= 1億円* (固定スプレッド 100-99.52)/100 = 480,000円
  • インデックス価格が額面100%以上となる場合(固定クーポンが取引時点のスプレッドより大きい)、差額分をプロテクションの売り手Bがプロテクションの買い手Aに支払います。今回のケースでは、インデックス価格が額面100%未満となる(固定クーポンが取引時点のスプレッドより小さい)ため、差額分をプロテクションの買い手Aがプロテクションの売り手Bに支払います。
  • 経過利子= 日数(前回利払日(今回はインデックス開始日)から取引日まで(70日))/360*想定元本*固定クーポン= 70/360*1億円*0.01 = 194,444円 プロテクションの買い手はインデックス開始日から取引日まで(70日分)の経過利子をプロテクションの売り手Bより受け取ります。
  • 経過利子を算出する方法は欧米で主流の360日ベースとなっています。

4:四半期毎の固定クーポンの支払い

  • 固定クーポン=想定元本*固定クーポン100bps*90/360=1億円* 0.01*90/360= 250,000円
    固定スプレッド
  • (支払日までの実日数。例では90日)/360 分のクーポンを定期的に(四半期毎)支払います。
  • 3月20日、6月20日、9月20日、12月20日が固定クーポンの支払日となります。休日の場合は、翌営業日となります。

5~6:取引の終結

  • 反対売買による差額分=1億円*(100-98.63)/100 =1,370,000円
  • 経過利子=1億円*0.01*84/360 固定スプレッド 固定スプレッド = 233,333円
固定スプレッド
日付 イベント プロテクション買い手A
キャッシュインフロー(+)
プロテクション買い手A
キャッシュアウトフロー(-)
プロテクション買い手A
ネットキャッシュフロー
9月21日 インデックスのロール日,固定クーポン:100bps - - -
11月30日 プロテクション買い手が110bps,1億円のプロテクションを購入 - - -
12月3日 11月30日付けの取引決済 経過利子
194,444円
アップフロント
480,000円
-285,556円
12月20日 四半期毎のクーポン支払い - クーポン支払
250,000円
-250,000円
3月14日 プロテクション買い手が130bpsで反対売買を行う - - -
3月17日 3月14日付けの取引決済 反対売買による差額分
1,370,000円
経過利子
233,333円
1,136,667円
キャッシュフロー合計 1,564,444円 963,333円 601,111円

クレジット・イベントが発生した際の取引

免責事項等のご注意

当サイトのクレジットインデックスのデータはマークイット・グループ・リミテッド社から情報提供を受けています。当社および情報提供元(マークイットグループ日本株式会社を含む。以下同じ。)は、情報の正確性、完全性、有効性及び即時性又は適時性などについて細心の注意を払っておりますが、これら一切の事項を保証するものではありません。
掲載される内容はあくまで参考情報であり、投資等の勧誘を目的としたものではなく、いかなる金融商品の価値を保証するものではありません。最終的な投資判断は利用者ご自身でお願いいたします。
万一、当サイトの情報を利用することにより何らかの金銭的損害、非金銭的損害が発生した場合、または情報の誤びゅう、停滞、遅延、省略、欠陥、中断及びシステム障害などによって金銭的損害、非金銭的損害が発生した場合でも、当社及びその情報提供元は一切責任を負いません。
掲載される内容は、予告なしに変更・削除されることがあります。当サイトに掲載される内容の著作権は、当社またはその情報提供元にあります。当サイトに掲載される内容は、利用者ご自身のためにのみ利用するものとし、第三者または情報を閲覧している端末機以外の媒体への提供目的で加工、再利用および再配信することを固く禁じます。また、情報の蓄積、編集および加工等を禁じます。

2015年最新 FXスプレッド比較

2011年12月21日より10通貨ペアのスプレッドが縮小され、ドル円で0.5銭固定になりました。 その他の主要通貨ペアもほぼDMMと同じレベルまで下げられました(詳細はコチラ)。 今までスペック.

固定スプレッド
手数料 無料レバレッジ 25倍 初回入金額 1万円~

DMM FX

DMMは21年の7月17日からサービスを開始した現時点での最後発のFX業者です。ゆえに、他者との差別化を図らなければ口座獲得が出来ません。 その差別化のポイントは「最狭スプレッド」! ドル/円が.

手数料 無料 レバレッジ 25倍 初回入金額 5万円~

外為オンライン

手数料 無料 レバレッジ 25倍 初回入金額 5千円

マネーパートナーズ

手数料 無料 レバレッジ 25倍 初回入金額 1万円

固定スプレッド みんなのFX

手数料 無料 レバレッジ 25倍 初回入金額 10万円~

当サイトの口座開設人気ランキングベスト5です。
見て頂いたらわかるように、単純にスプレッドが狭い業者ほど上位にランクしているわけでなく、チャートの使い勝手、 サーバーの強さなどの評価も加味したトータルポイントが高い会社が上位にランクインしています。 固定スプレッド
FXの口座は(特にデイトレをメインでお考えの方)、メイン口座とサブ口座の2つ以上で口座を開設されることがリスクヘッジに繋がりますので、 当サイトではオススメします。

固定スプレッド

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 固定スプレッド は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる