ポジション取引戦略

アウトライト操作

アウトライト操作
ひでりゃん

新型アウトバックはSUVの人気に勝てるのか?

2021年後半、ついにスバル レガシィ・アウトバックが日本にも上陸した。 「ついに」、というのは、実は同車は、2019年にすでに北米市場に導入されていたから。日本は2年遅れての登場となる。北米という世界一巨大なマーケットでは、2021年に16万台が販売され、レガシィ・アウトバック(以下「アウトバック」)はスバルのNo.1車種になっている。 さて、スバルの新フラッグシップであるアウトバックはどんなクルマなのか。SUVの人気が全世界で上昇を続ける今、バリバリとオフロードを走れるワゴンのジャンルはだんだんと下火になっていくのは当然だろう。だから、スバルが挑戦したのは、ワゴンの形を保ちながら、SUVの実用性を加えること。それで、アウトバックの寿命をできる限り伸ばそうとしている。 グレードは、街乗りが得意な「リミテッドEX」と、よりアウトドアとオフロードテイストを強化した「X-BREAK EX」と「X -BREAK」の2種が用意されている。今回、試乗したモデルはアウトバックX-BREAK EXの4WD仕様。とは言っても、エンジン、サスペンション、走行メカニズムや運転支援のADASは共通になっているけどね。 第一印象は、まさにアウトドアや険しい山道に適しているデザインと雰囲気。釣り人などがパッと見たら直ちに微笑むだろう。外観は美しいと言うより、ゴツくて実用的。代表的な六角形のグリルの両側に配されたシャープなヘッドライトとフォグライトがデザインランゲージになっており、ホイールアーチの周りに、太いブラックアウトの樹脂がオフロードに強いことを物語っている。Cピラー下のサイドスカートには「OUTBACK」のロゴなど、各所にエナジーグリーンのアクセントが施される。スタイリッシュなラダータイプのルーフレールがついていることは、アウトドア派を喜ばせるだろう。 室内のハイライトは、何といってもあのどデカい縦型のタッチスクリーン。グラフィックスは綺麗だし、操作しやすいけど、多少慣れる必要がある。ACCの加減速の調整を含め、運転支援システムや安全装備の各機能は、そのタッチスクリーンで制御の調整やオン・オフの切り替えが可能となっている。「リミテッドEX」と比べて、「X-BREAK EX」のシルバーやメッキの装飾が少なめに装着されている。各所にダークグレーの表皮が用いられている点も「X-BREAK EX」の特徴だ。 シートには水分や汚れに強いはっ水性ポリウレタンの表皮を使用。運転席には10wayの電動調整機構が装備されるので、自分にとって理想のドライビングポジションが取れる。また、今回搭載されていたハーマンカードン製のサウンドシステムの音質が美しくて、高く評価する。ステアリングホイールに運転支援システムの操作スイッチが付いている。

Androidスマホの基本操作方法 タップ、スワイプなど12種類【初心者向け】

ひでりゃん

画面を押す・叩く操作

1.タップ(タッチ)

指で画面をトンと軽く叩く、スマホで最も基本的な操作 。アプリの起動、画面上に表示されたボタンの選択など、使い道は多岐にわたります。パソコンの左クリックに近い役割です。

2.ダブルタップ

パソコンのダブルクリックのように、 画面をトントンと短い間隔で2回叩く操作 です。主に画面や地図の拡大に使います。

3.ロングタップ(長押し)

画面の一箇所をおよそ1秒ほど押し続ける操作 です。ホーム画面でアプリのアイコンをロングタップするとサブメニューが開くなど、メインの操作とは別の機能を呼び出す時に使われます。パソコンで言うと、右クリックに近い動作ですね。

画面をなぞる操作

4.スワイプ

画面を押したまま、上下左右に指を動かす操作です。 タップの次に使用頻度の高い操作で、ホーム画面を左右にスワイプしてページの切り替え、ウェブサイトを上下にスワイプしてスクロールなど、様々な用途で使います。

5.フリック

画面に指を置いた後、上下左右にサッと指を払う操作 です。画面のスクロールのほか、フリックで文字を入力する「フリック入力」で使います。

スワイプとフリックの違い

6.ドラッグ

画面の一箇所を1秒ほど押し続けた後、そのまま画面に触れた状態で指を動かす操作です。 ホーム画面のアプリの移動など、何かの位置を動かす際に使います。パソコンのドラッグ&ドロップに近いですね。

二本以上の指を使う操作

7.マルチタップ

二本以上の指で同時に画面を叩く操作。 使われるケースは他の操作方法に比べて少なく、補助的な機能に使われる事が多いです。

8.マルチスワイプ

二本以上の指で画面に触れ、そのまま上下左右に指を動かす操作。 使用頻度や場面はマルチタップと同様です。

9.ピンチイン

二本の指をある程度開いた状態で画面に置き、そのままつまむように指の間隔を狭める操作。 地図や画像の「縮小」に使う場合がほとんどです。

10.ピンチアウト

ピンチインとは逆に、 画面上に二本の指を置いて間隔を広げる操作。 機能もピンチインと対称的に、「拡大」の操作に使います。

その他の操作

11.スマホの向きを変える・傾ける

スマホには向きや傾きを感知する各種センサーが内蔵されており、これを利用した操作 もあります。いくつか例を挙げると、スマホの縦持ちと横持ちを切り替える、カメラで360度のパノラマ写真を撮る、レースゲームでハンドルのように画面を傾けて車体を操作するなどです。

12.シェイク(振る)

スマホを振る操作。 スマホを振る事で近くのアカウントや友だちを探せる、『[LINE]』の「ふるふる」機能などに使用します。ほかにはゲームで使う事も。

新型アウトバックはSUVの人気に勝てるのか?

2021年後半、ついにスバル レガシィ・アウトバックが日本にも上陸した。 「ついに」、というのは、実は同車は、2019年にすでに北米市場に導入されていたから。日本は2年遅れての登場となる。北米という世界一巨大なマーケットでは、2021年に16万台が販売され、レガシィ・アウトバック(以下「アウトバック」)はスバルのNo.1車種になっている。 さて、スバルの新フラッグシップであるアウトバックはどんなクルマなのか。SUVの人気が全世界で上昇を続ける今、バリバリとオフロードを走れるワゴンのジャンルはだんだんと下火になっていくのは当然だろう。だから、スバルが挑戦したのは、ワゴンの形を保ちながら、SUVの実用性を加えること。それで、アウトバックの寿命をできる限り伸ばそうとしている。 グレードは、街乗りが得意な「リミテッドEX」と、よりアウトドアとオフロードテイストを強化した「X-BREAK アウトライト操作 EX」と「X -BREAK」の2種が用意されている。今回、試乗したモデルはアウトバックX-BREAK EXの4WD仕様。とは言っても、エンジン、サスペンション、走行メカニズムや運転支援のADASは共通になっているけどね。 第一印象は、まさにアウトドアや険しい山道に適しているデザインと雰囲気。釣り人などがパッと見たら直ちに微笑むだろう。外観は美しいと言うより、ゴツくて実用的。代表的な六角形のグリルの両側に配されたシャープなヘッドライトとフォグライトがデザインランゲージになっており、ホイールアーチの周りに、太いブラックアウトの樹脂がオフロードに強いことを物語っている。Cピラー下のサイドスカートには「OUTBACK」のロゴなど、各所にエナジーグリーンのアクセントが施される。スタイリッシュなラダータイプのルーフレールがついていることは、アウトドア派を喜ばせるだろう。 室内のハイライトは、何といってもあのどデカい縦型のタッチスクリーン。グラフィックスは綺麗だし、操作しやすいけど、多少慣れる必要がある。ACCの加減速の調整を含め、運転支援システムや安全装備の各機能は、そのタッチスクリーンで制御の調整やオン・オフの切り替えが可能となっている。「リミテッドEX」と比べて、「X-BREAK EX」のシルバーやメッキの装飾が少なめに装着されている。各所にダークグレーの表皮が用いられている点も「X-BREAK EX」の特徴だ。 シートには水分や汚れに強いはっ水性ポリウレタンの表皮を使用。運転席には10wayの電動調整機構が装備されるので、自分にとって理想のドライビングポジションが取れる。また、今回搭載されていたハーマンカードン製のサウンドシステムの音質が美しくて、高く評価する。ステアリングホイールに運転支援システムの操作スイッチが付いている。

【手動操作も必要】ヘッドライトのオートモードの過信は禁物!

【手動操作も必要】ヘッドライトのオートモードの過信は禁物!

しかし、そうしたオートライトでもカバーするのが難しい状況もある。ヘッドライト本来の役割である「道を明るく照らす」というのではなく、「自分自身の存在を知らしめるために点灯する」ことが求められるシチュエーションが、そうした難しい状況だ。

たとえば雨天で歩行者が傘をさしていると、死角が増えてしまう。そうしたケースでは、周囲の明るさに関係なく、自動車がヘッドライトを点けることで存在を示すことはお互いのためにプラスになる。歩行者同士がすれ違いときに不意に車道に飛び出してしまったために起きる事故を未然に防ぐことが期待できるからだ。

そのため日産のオートライト(おもいやりライト機能付き)はワイパーの作動をヘッドライト点灯の条件として設定しているほどだ。また、夕陽が差し込む時間帯にもヘッドライトの点灯は有効。ここでも周囲を照らすというよりは、対向車に自車の存在を知らせるための点灯だ。

もっとも、最近のクルマにおいては、交通事故の増える夕暮れ時の簿暗い時でも積極的に点灯するようになっている。

いずれのケースにおいても、オートライトが役に立たないという指摘ではなく、機械が判断できない部分は人間がカバーしてあげようという提案だ。もちろん、オートライトがついていないクルマのオーナーであれば、自車をアピールするという意識をもって点灯のタイミングを考えるといいだろう。

名前: 山本晋也 肩書き: 自動車コラムニスト 現在の愛車: スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82) 趣味: モトブログを作ること 好きな有名人: 菅麻貴子(作詞家)

Androidスマホの基本操作方法 タップ、スワイプなど12種類【初心者向け】

ひでりゃん

画面を押す・叩く操作

1.タップ(タッチ)

指で画面をトンと軽く叩く、スマホで最も基本的な操作 。アプリの起動、画面上に表示されたボタンの選択など、使い道は多岐にわたります。パソコンの左クリックに近い役割です。

2.ダブルタップ

パソコンのダブルクリックのように、 画面をトントンと短い間隔で2回叩く操作 です。主に画面や地図の拡大に使います。

3.ロングタップ(長押し)

画面の一箇所をおよそ1秒ほど押し続ける操作 です。ホーム画面でアプリのアイコンをロングタップするとサブメニューが開くなど、メインの操作とは別の機能を呼び出す時に使われます。パソコンで言うと、右クリックに近い動作ですね。

画面をなぞる操作

4.スワイプ

画面を押したまま、上下左右に指を動かす操作です。 タップの次に使用頻度の高い操作で、ホーム画面を左右にスワイプしてページの切り替え、ウェブサイトを上下にスワイプしてスクロールなど、様々な用途で使います。

5.フリック

画面に指を置いた後、上下左右にサッと指を払う操作 です。画面のスクロールのほか、フリックで文字を入力する「フリック入力」で使います。

スワイプとフリックの違い

6.ドラッグ

画面の一箇所を1秒ほど押し続けた後、そのまま画面に触れた状態で指を動かす操作です。 ホーム画面のアプリの移動など、何かの位置を動かす際に使います。パソコンのドラッグ&ドロップに近いですね。

二本以上の指を使う操作

7.マルチタップ

二本以上の指で同時に画面を叩く操作。 使われるケースは他の操作方法に比べて少なく、補助的な機能に使われる事が多いです。

8.マルチスワイプ

二本以上の指で画面に触れ、そのまま上下左右に指を動かす操作。 使用頻度や場面はマルチタップと同様です。

9.ピンチイン

二本の指をある程度開いた状態で画面に置き、そのままつまむように指の間隔を狭める操作。 地図や画像の「縮小」に使う場合がほとんどです。

10.ピンチアウト

ピンチインとは逆に、 画面上に二本の指を置いて間隔を広げる操作。 機能もピンチインと対称的に、「拡大」の操作に使います。

その他の操作

11.スマホの向きを変える・傾ける

スマホには向きや傾きを感知する各種センサーが内蔵されており、これを利用した操作 もあります。いくつか例を挙げると、スマホの縦持ちと横持ちを切り替える、カメラで360度のパノラマ写真を撮る、レースゲームでハンドルのように画面を傾けて車体を操作するなどです。

12.シェイク(振る)

スマホを振る操作。 スマホを振る事で近くのアカウントや友だちを探せる、『[LINE]』の「ふるふる」機能などに使用します。ほかにはゲームで使う事も。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる