外国 為替 取引 と は

分散投資のメリットは

分散投資のメリットは
不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資

東海地方に投資できる不動産ファンドは?メリット・デメリットも

信長ファンディングは株式会社ウッドフレンズが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

1-2.TSON FUNDING(ティーソンファンディング)

TSON FUNDING

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)は株式会社TSONが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

2.東海地方に投資できる不動産ファンドのメリット

2-1.地方の不動産に少額投資ができる

2-2.短期から長期の運用期間を選択できる

2-3.優先劣後出資のファンドが提供されている

2-4.想定利回りが都心部と比較して高い

2-5.運用・管理の手間が掛からない

3.東海地方に投資できる不動産ファンドのデメリット

  • 元本は保証されない
  • 投資リスクが伴う
  • 投資案件数は都心部と比較して少なめ
  • 一つのサービス内で他の地域の不動産には投資しにくい

3-1.元本は保証されない

3-2.投資リスクが伴う

3-3.投資案件数は都心部と比較して少なめ

3-4.一つのサービス内で他の地域の不動産には投資しにくい

山本 将弘

最新記事 by 山本 将弘 (全て見る)

  • 投資初心者にも使いやすい資産運用アプリは?メリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • ワットストアの評判・口コミは?太陽光発電投資のメリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • 東海地方に投資できる不動産ファンドは?メリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • CREAL(クリアル)の投資家登録キャンペーンの内容は?エントリー方法も - 2022年6月15日
  • 株式投資でおすすめの証券会社は?大手3社とネット証券7社を比較 - 2022年6月13日

無料資料請求や個別相談などが利用できる不動産投資会社

プロパティエージェント

プロパティエージェントのマンション投資

東京23区・横浜中心のワンルームマンションで入居率99%超!東証プライム上場企業で融資にも強み

湘建の無料不動産投資セミナー

期間限定でセミナーを無料オンライン配信!オンライン面談の方には【Amazonギフト2000円分】

エイマックス(A-MAX)

エイマックス(A-MAX)のマンション投資

東京23区中古ワンルームで入居率99.2%、月々収支黒字・購入後の賃料アップ実績多数・保証も充実

無料で参加できる、初心者向け不動産投資セミナー・イベント

インヴァランス

インヴァランスの無料不動産投資セミナー

不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資

FJネクスト

FJネクストのマンション投資

東証プライム上場のマンション会社!入居率99%・金利1%台・フルローン可。非公開物件も

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースのアパート経営

個別オンラインセミナー開催中!55000人が参加、初心者が失敗しない為の不動産投資セミナー

【初心者必見】投資信託とは?仕組みから種類、メリット・デメリットまで徹底解説!

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP®認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP®資格を取得。
現在、終活・介護・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

  1. 1 インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

ロボアドバイザーとは? メリット・デメリット・投資信託との違いを徹底解説!

ロボアドバイザーとは? メリット・デメリット・投資信託との違いを徹底解説!

投資信託は、株式や債券といった単一の資産に投資を行うことがほとんど。そのため、ロボアドバイザーのように、投資信託で、さまざまな金融商品を組み合わせたポートフォリオを作って分散投資をする場合は、該当する投資信託をその都度購入する必要があります。一方、自動運用型のロボアドバイザーは複数の投資信託やETFの購入を通じて、国内のみならず世界中の株式や債券、金、不動産などに幅広く投資を行います。そのため複数の資産に幅広く投資したい場合は、ロボアドバイザーの方が手間は少ないと考えられます。

投資信託の場合、運用中に当初の配分比率が崩れてリバランスが必要になったら、自分で比率が変わった投資信託の一部を売買して調整する必要があります。一方で自動運用型のロボアドバイザーなら、複数の商品を購入せずとも分散投資ができ、なおかつリバランスも自動で行ってくれます

分散投資は投資の基本

特徴2 リスクの違い:許容できるリスクの維持・分散投資によるリスクの軽減が可能

投資信託の場合、商品のリスクを自分で判断したうえで選ぶ必要があります。その一方、自動運用型のロボアドバイザーは質問に答えるだけで自分が許容できるリスクにあった投資プランを提案し、その投資プランに応じた運用を自動で行ってくれます。

特徴3 最低投資額の違い:投資信託と比べると高め

自動運用型のロボアドバイザーの最低投資額を高いと感じる人は、無料で利用できる助言型のロボアドバイザーが提案してくれる投資信託を購入する方法がよい

特徴4 コストの違い:インデックス型の投資信託と比べると高い

投資信託のなかでも、特に指数に連動した成果を目指すインデックス型のコストは低下傾向にあります。運用している間ずっとかかる手数料が0.3%以下の投資信託も増えているなか、助言型は無料で利用できますが、自動運用型のロボアドバイザーは1%程度。そのため、インデックス型の投資信託などと比べると、手数料は高いといえるでしょう。

投資信託を自分で購入する場合とロボアドバイザーを利用する場合の比較 分散投資のメリットは 分散投資のメリットは 分散投資のメリットは
投資信託を
自分で購入する場合
ロボアドバイザーを利用する場合
(助言型)
ロボアドバイザーを利用する場合
(自動運用型)
複数の投資対象に投資する場合 複数の投資信託を自分で購入 複数の資産にまとめて投資できる
手間 自分でリバランスを行う必要がある リバランスもお任せできる
リスク 自分でリスクに応じた商品を選ぶ必要がある 予め許容できるリスクを設定できる
最低投資額 ネット証券であれば100円から購入可能 10万円から購入可能のサービスが多い
コスト 手数料が0.3%以下のものもあり 1%程度

【その他、バランス型ファンドとの違い】

投資信託には、ロボアドバイザーと同じく、複数資産への分散投資とリバランスが行われる「バランス型ファンド」があります。手数料はロボアドバイザーより低いものも多いのですが、様々なバランス型ファンドの中から自分に合うファンドを選ぶ必要があります

不動産投資の専門家に聞く、新しい投資方法「不動産クラウドファンディング」って何?

「通常の不動産投資であれば、ひとつの不動産に対して投資家はひとりですよね。一方、不動産クラウドファンディングは、ひとつの不動産に対して複数人で投資をするというもの。1000万円の物件があれば、複数人でお金を出し合ってその物件を買うというわけです。出し合ったお金で運営会社が不動産を購入し運用、いずれ売却しお金は出資者に戻すのですが、運用期間中に家賃などから得た収益を出資者に分配する、という仕組みです」(LIFULL・松坂維大さん、以下同)

「従来の不動産小口化商品は基本、対面での募集でしたが、不動産クラウドファンディングは、すべてがインターネットで完結するというのが大きな違いです。また、REITは証券会社で買えるもので、不動産投資というより、イメージとしては投資信託に近いもの。投資対象として複数の不動産が組み合わされているので、“この物件に投資している”という実感は得られづらいかもしれません」

「不動産クラウドファンディング」3つのメリット

1.投資へのハードルの低さ

「通常、不動産を買う場合には多額のお金が必要となり、場合によってはローンを組むため、『ちょっとチャレンジしてみよう』という気持ちでは手が出しづらいのが現状。しかし不動産クラウドファンディングなら、インターネットで投資先を選び、1万円~という少額から投資が可能なので、投資に対してのハードルがぐんと下がります」

2.細かな管理はしなくてOK

「基本的には運営会社が運営するので、投資家が、その部屋に入居者がずっと入居してくれるよう努める必要もなければ、クレーム対応をする必要もありません。もちろん固定資産税の支払いや、リフォームや補修代金の心配もないので、お金さえ出せばあとは放っておいていいという部分でも、投資へのハードルは低くなります」

3.少額分散投資が可能。リスクも最小限

「少額からの投資が可能ということで、リスクヘッジのための分散投資ができるのもメリットです。不動産投資には天災など予測不能なリスクなどもつきもの。分散して不動産を持つことで、リスクを最小限におさえることを実現するのが不動産クラウドファンディングです」

デメリットは?

「不動産クラウドファンディングの場合利回りは4%~、運用期間は長くても3年程度なので、大きな利益は望みづらいという部分はデメリットかもしれません。ここ10年ほど不動産の価格は上昇傾向。通常の不動産投資で持っている不動産の場合は、購入時の金額より売却時の金額のほうが高くなり、大きなキャピタルゲイン(保有している株式などの資産を売却することで得られる売買差益)が望めることもあります。

いざ挑戦! 投資の手順とは

1.気になるファンドを見つける

2.ファンドの契約詳細を見る

3.サービスの会員登録をする

4.投資家登録をする

5.ファンドに申し込む

6.入金

投資するファンドは何を基準に選べばいい?

ただ、できる限り投資家が損をしないように『優先劣後方式』が取り入れられているファンドもあります。優先劣後方式とは、投資家の出資分を優先出資、事業者の出資分を劣後出資と呼び、万が一元本毀損が起こった場合にその元本毀損は劣後出資から先に負担されるというもの。劣後出資があるかどうかはもちろん、劣後出資の割合はクラウドファンディングによって違うので、投資する前にチェックしておいたほうがいいでしょう」

松坂さんは、
・会社の信頼性
・不動産の将来性
・運用実績

の3点を確認するのがベストと話します。

「『自分ならこの不動産を買うか?』という観点でいいと思います。不動産そのものはもちろん、建つ場所が人口流入しているエリアなのか流出エリアなのか、再開発されているエリアなのか、駅が近くて利便性が高いエリアなのか。自分が不動産を買うときにここを選ぶかという観点を大切に、選んでみてください。そういった気軽な観点で選んで、まずは運用しながら勉強していくのがおすすめです」

インフレ時代は“持っている資産”で稼いでいく

「現在日本ではインフレが起こっており、物価は上昇傾向にあります。株式投資などに比べれば値動きの幅は小さいのが不動産クラウドファンディングですが、給料もなかなか上がらないこの時代に、自分の資産の中から安定収益を上げていくにはいい投資です。少しずつでも、持っている資産自体が自分の代わりに稼いでくれる“不労所得”というイメージで、このインフレ時代を生き抜くために挑戦してみてはいかがでしょうか」

不動産投資型クラウドファンディングとは?おすすめ会社比較2022|メリット・リスク・利回りを解説|やばい・怪しい評判は本当?

関連記事 【比較】投資型クラウドファンディングのおすすめ|事業者とサービスを紹介

不動産投資型クラウドファンディングとは?

Dan Briški 分散投資のメリットは / Shutterstock.com

不動産投資型クラウドファンディングの仕組み

現物不動産投資やREITとの違い

分散投資のメリットは 分散投資のメリットは
不動産投資型クラウドファンディング REIT 現物不動産投資
投資対象 マンション・アパートなどの住居不動産 多様な物件に投資(ホテル・オフィスなど) マンション・アパートなどの住居不動産
運用方法 1つの物件に共同出資する 投資信託商品であり、分散投資の対象 不動産を購入し、管理会社に委託
換金の流動性 低い 高い 低い
不動産の選定 募集案件から選定可能 投資のプロが自動的に選定 自分自身で選定可能
費用 1万円から投資可能 少額投資も可能だが、
不動産投資型クラウドファンディングよりも費用は高め
数百万円単位の投資が必須
管理コスト 不要 不要 管理会社依託費・修繕費などが発生

ソーシャルレンディングとの違い

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

1万円から不動産投資可能

現物不動産投資よりも手続きが少ない

不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

Shutterstock.com / White bear studio

元本割れのリスクが存在する

融資を行なった場合のレバレッジ効果が薄い

【コラム】不動産特定共同事業法の改正による影響とは

不動産を扱うクラウドファンディング事業者の選び方

Craig Schuler / Shutterstock.com

不動産案件を扱う事業者とタイプ

不動産特化の事業者:不動産案件のみに特化した事業者
主に不動産を取り扱っている事業者:不動産案件を主力として扱いながら、他の案件も取り扱う事業者
不動産を取り扱っている事業者:不動産に限らず、複数の案件を取り扱う事業者

情報開示が適切に行われている

運営会社の信頼度

問題が起きた後の対応

案件数の多さ

選べる不動産の種類

おすすめの不動産クラウドファンディング事業者

COZUCHI(コヅチ)

TECROWD

FUELオンラインファンド

CREAL(クリアル)



CREALはクリアル株式会社(2021年3月1日、ブリッジ・シー・キャピタル株式会社より社名変更)が運営する不動産クラウドファンディングに特化したサービスです。案件数が多く、一口1万円から投資できるため多彩な投資ポートフォリオを組むことができます。案件ごと物件詳細情報の概要がわかりやすく、豊富なデータが紹介されており納得しながら投資対象を決定できるのが最大の特徴です。サービス開始から多くの実績を積み、不動産特化のクラウドファンディング業者として最も信頼性の高いサービスの一つと言えそうです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる