外国為替証拠金取引

ストップ注文(損切り注文)の見分け方

ストップ注文(損切り注文)の見分け方
FXPro

ストップ安銘柄を売買する時に少しでもリスクを減らして取引する方法

株で1日1万円 株で1日1万円を目標にしている人も多いのではないでしょうか。 ストップ注文(損切り注文)の見分け方 1日1万円稼げれば、1ヶ月では約20万円になりますからね。 年間の営業日は約240営業日なので .

ストップ注文(損切り注文)の見分け方 株の銘柄の探し方に役立つ個別銘柄の値動きの強弱を知れる指標とは

株の銘柄の探し方 みなさん株の銘柄の探し方はどのような基準で行なっているでしょうか。 株式投資を始めたばかりの初心者の方やこれから株取引を始めることを検討している人にとっては、なかなか株 .

株の短期投資で利益を得やすい決算発表を利用した売り買いのコツとは
損が多い人が利回り4~5%を目標にするならこれを一度検討しては?

株の年間利回りはどれくらいとれればいい? 株式投資を始める段階では、自分は結構利益をあげられるのではないかと思って始める人がほとんどです。 もちろん私もその中の一人です。 .

株取引は自分が今後値上がりすると思った銘柄を買うのが良いのか?
ストップ高銘柄の売買で注意すべき点と株価が短期的に下落する理由 ストップ注文(損切り注文)の見分け方

ストップ高銘柄も簡単に利益は得られない 株のストップ高は大きく利益を狙える可能性があり、投資家にとって非常に魅力的な状況ですよね。 一方で、大きく儲かる可能性があるということは、それだけ .

株の下降トレンド時に現物取引で利益を狙えるかもしれないやり方

下降トレンド時に現物取引で利益を得るには? 株式投資は値上がりする時もあれば、値下がりする時もあるわけですので、どちらのトレンドになるのかを見極めるのは大切なことですね。 買い方側の投資 .

市場全体の下落でどの株を買うか悩んだら業績予想も見ては?

下落時にどの株を買う? 株が大きく下落したときに、資金が手元に残っている人は、安い値段で買うことができますよね。 だからこそ、資金管理は株式投資で儲かるためのポイントの一つなのですが、今 .

株本の読み方のコツ

株の基礎知識を得るために本は重要 ストップ注文(損切り注文)の見分け方 株を始めるタイミングは人それぞれですが、市場全体の株価が大きく落ちたところで始めようという人は多いわけです。 株を始めるにあたって何の基礎知識もなければ .

株の売り買いの練習をするには結局何が一番いいのか?

株取引の練習方法は何がいい? 株式投資を始めるにあたって、まずは株取引の練習をしたいという人も多いのではないでしょうか。 株取引の練習で思い浮かぶのは、無料で使える株取引ゲームだと思いま .

FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。

FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。 目次

リミットとストップは、指値と逆指値の違い

FXにおけるリミット・オーダー(Limit Order)は指値注文という意味で、ストップ・オーダー(Stop Order)は逆指値注文という意味です。

日本語 英語 意味
指値注文 リミット・オーダー 有利なレートでする予約注文または決済予約
逆指値注文 ストップ・オーダー 不利 なレートでする予約注文または決済予約

リミットは、利益確保(利確)

FXでは、 利益が確保できる注文をリミット・オーダー (Limit Order)といいます。

ストップとは、損切り

リミット・オーダー同様に、買い注文でも売り注文でも、それが決済であっても、それらが 損失を限定するための予約注文であったら、ストップ・オーダー (Stop Order)です。

買い注文と売り注文ごとのリミットとストップの使い方

FXのリミット・オーダーとストップ・オーダーの違いは、注文のやり方(注文のタイミング)です。

ストップ注文(損切り注文)の見分け方
買い注文 売り注文
今より高い価格での予約注文 バイ・ストップ セル・リミット
今より低い価格での予約注文 バイ・リミット セル・ストップ

買い注文のバイ・ストップとバイ・リミット

  • 今より低い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・リミット(Buy Limit、指値注文)
  • 今より高い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・ストップ(Buy Stop、逆指値注文)

売り注文のバイ・ストップとバイ・リミット

  • 今より高い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・リミット(Sell Limit、指値注文)
  • 今より低い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・ストップ(Sell Stop、逆指値注文)

Posted by Mori Masaaki

  • Mori Masaaki 最新の記事

最新のページ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ – CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • LAND-FX(ランドFX)の担当インタビュー ストップ注文(損切り注文)の見分け方 – レバレッジ無制限に挑む理由。新体制での挑戦
  • exness(エクスネス)が、取引体験向上のために実施した7つのステップ
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ

他のFAQ

トピックス

500ドル以上の初回入金をすると、入金ボーナスが付与されます。

WeTrade FX 初回入金ボーナス

easyMarkets 口座開設ボーナス 3,500円 -「携帯電話登録ボーナス」のポップアップを見逃すな!

easyMarkets 口座開設ボーナス 3,500円

海外FX業者 Exness(エクスネス)の口座開設ボーナス 3,000円!レバレッジ無制限で証拠金プレゼント!

EXNESS 証拠金プレゼント 3,000円 - レバレッジ無制限口座開設ボーナス!みんなで海外FX限定特典!

[重要] 18日FOMC声明発表 「米利上げは今年2回」 - 経緯と今後のスケジュール、影響と予測まとめ

[重要] 18日FOMC声明発表 「米利上げは今年2回」 - 経緯と今後のスケジュール、影響と予測まとめ

Alpari

Alpari UK 破産と今後、進展は?

書類不備でフルステージへのアップグレードに時間が掛かってしまい困った

AXIORY(アキシオリー)のコレ知ってる?「口座開設のつまずきポイント - 書類不備編」

関連ページ

MyFXMarkets

FXPro

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。

最近のコメント

elsa のコメント

cicicico のコメント

先駆け! のコメント

fxgt のコメント

やはた のコメント

axiorier のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ - CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ストップ注文(損切り注文)の見分け方 ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • CryptoAltum 25%入金ボーナス - コンバインド・プラス口座限定キャンペーン
  • AximTrade × みんなで海外FX 口座開設キャッシュバック 最高10万円
  • CryptoAltum 100%+25%入金ボーナス
  • ThreeTrader LAMYのボールペン 先着100名
  • FXGT公式キャッシュバック ストップ注文(損切り注文)の見分け方 最大50ドル/GTロット
  • XM(XMTrading)100%入金ボーナス

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

株式投資は損切りが大切損切りのルールの決め方

stock-lasscutre

リスクヘッジとして株式を分散することはとても良いのですがあまりポジションを持ちすぎないことも大切です。

株式投資は銘柄選びがとても重要になります。
スクリーニングやファンダメンタル分析、そして、株式チャートを必ず観てから購入することをオススメします。
そして、株式はランダムに動くことを忘れてはいけません。

https://toushi-fan.com/beginner-stock/

スクリーニングについての解説
銘柄選びの参考にしてほしい。

【損切りのルールの決め方】


理論上では、ある投資戦略の成功率が五分五分であるとするならば、
利益確定のポイントを損切りのポイントよりも少し大きく取ることで、
トレードを重ねるほどに利益が積み上がっていくことになるわけです。


損切りのルールは人それぞれだと思います。
損切りのルールを決めたら確実に守る ことです。


しかし、銘柄の業種や過去のトレンドなどで違いはありますが、
「損は早めに処分する」ということが鉄則ですから、
株式の買値より5~10%下がったラインを目安にして損切りのルールを作ることが良いと思います。

単純に三万円以上利益がでたら株式を売り利益確定を繰り返えせば良い のです。

最後には勝つことの出来るトレーダーです。

ストップ注文(損切り注文)の見分け方
下落相場の時には勝てない日々が続くことと思います。
しかし、ルールを決めることで銘柄選びやチャートを覚えることが大切になってきます。
ここがポイントなのです。


10万円で買える銘柄を10本買っても、ひとつの銘柄が3%以上の利益が出たら売り、
2%の損失が出たら損切りするこのルールを決めたら確実に守ることが大切なのです。

「資産が120万円未満からの投資であればNISA口座を開設することをオススメします。
年利3%~の利益を得るために株式の売買を繰り返すのであれば証券会社の手数料も考えなければなりません。

そこで、 テクニカル分析やチャートを勉強することそして、
株式投資の銘柄選びが重要になってくる のです。


ルールを決めてしまえばすぐに株式を買うことができなくなるでしょう。
株価よりもマーケットのトレンドを観ることや会社のファンダメンタルやチャートが気になり出します。
それが株式投資のトレーダーなのです。


意思決定の時、一番いけないのは、
何も決断せずにずるずると先延ばしにしていく事 です。


決めたことを守り、
きっちりと損切りが出来る人だけがマーケットに勝てる のではないでしょうか。

注文と同時に行う重要な損切り設定

損切り

MT4では成行

※MT4では同様の注文画面で注文種別も「成行注文」と表記されていました。

必ず 現在見ているチャートと銘柄が一致しているかを確認 しましょう!

こちらも今回は指値で指定しない成行注文で解説したいので、カウントダウン注文の初期状態のままで進みます。指値注文は、指定のレートに到達した時に注文が処理されるタイプとなります。FXに十分慣れてから利用するようにしましょう。

  • マイクロ口座:0.01~100.00Lot
  • スタンダード口座:0.01~50.00Lot

ストップロス(S/L)

S/L(Stop/Loss)はストップロス設定に利用する項目です。いわゆる損切り、損失確定を設定するのがこの項目となります。決済逆指とも言います。

つまり、これからの値動きに対して、 この水準まで変動するようだったら一度分析内容を改める必要がある、仕切り直す必要があるというレート を入力して取引を行います。

S/Lの値が0でも単純な成行注文が可能ですが、損切りを行わない注文はするべきではありません

新規注文時でなくとも ポジションを持った後からでも損切り設定は可能 ですが、予め新規注文時に損切りを設定出来ないということはチャート分析が十分で無い可能性が高く、そのような状態で取引を行う事は推奨できません。

テイクプロフィット(T/P)

先程のS/Lとは逆に、T/P(Take/Profit)では利確、利益確定に利用します。決済指値とも言います。S/Lとは逆の意味となるので説明は省略します。

相場は急激に激しく変動する事もあって、利益の確定に関しては損切り程の緊急性こそありません(逆行すると大損失となる損切りに対し、ポジションと方向があっていた場合利益が爆発的に伸びるので)が、利益確定も重要です。

成行売り(Sell)

成行買い(Buy)

BIDとASK

注文画面では表記されていませんが、売りの約定に利用されるレートをBID買いの約定に利用されるレートをASKと呼びます。

提示されているBID価格とASK価格の差の事をスプレッドと呼びます。

スプレッド

売りでも買いでも必ずスプレッド分の含み損を抱えている状態から取引が始まる事となります。

残念な事に海外FX業者はこのスプレッドが国内業者よりも広い事が多く、この点に関してはデメリットがあるといえます。

スプレッドが広い事による問題点

スプレッド分の損失は全新規注文ごとに毎回発生してしまう ので、ごく短い時間で何度も取引を行う「スキャルピング」には絶望的に適していないと言えるでしょう。※XMではスキャルピングが公式に認められています。

XMでおすすめのトレードスタイル

日をまたいでポジションを持つ「デイトレード」や、長期的な取引を行う「スイングトレード」のような取引スタイルの方にとっては、スプレッドが影響を及ぼす取引回数も限定的で、長期持ち越しのポジション保有リスクに対して追証無しの優れたメリットと合わせて、国内FX業者より絶対的におすすめできると言えるでしょう。

海外FXのXMではスプレッドを多く支払わなくてはならない代わりに追証は発生しません。急激な為替変動でも証拠金が最悪でも0となるだけのゼロカットを採用しているので、それ以上の損失は全てXMが肩代わりしてくれています。その為のスプレッドでもあるわけですね。

成行注文をしてみよう

取引すべきタイミング

相場は 常に価格が上がったり、下がったりの繰り返し である事は既にお伝えしました通りです。

取引の例

筆者の場合、 実体価格で直前の安値(高値)を更新したら流れが変わった という目線でチャートを眺める事が多いです。もちろんこれまでの流れの反転方向への価格更新です。

その考え方によって、 エントリー(新規注文)ポイントだけでなく、ストップロス・損切りのレートも決められる のがお分かりいただけますでしょうか?

図で言うと、 一旦反転したと青色のラインで判断 しましたが、そうではなかったと 反転の根拠を失う水準というのは赤色のライン となります。赤線を超えて上がるようであれば上昇する動きは継続していると捉えられますよね。

今回表示しているのは5分足ですが、相場の流れの判断はもっと長い時間足で行う事が多いです。今回は価格が下がる方にブレイクする直前だったので売りから入ろうとしていましたが、そのたった1つの結果は誰にも分からないのです。何度もブレイクに失敗した末にずっと遅れてブレイクするなどはFXの世界では当たり前です。トレンドラインをブレイクしないまま終わる事だって当然あります。

ちなみに結果的にこのトレードは失敗に終わりました。ブレイクに至らず損切りラインまで上昇したのです。

筆者はFX取引に必要な事は損小利大である事だと考えます。

常に損小利大であること!

トレードの例

全ての取引で共通しているのは損切りを可能な限り抑えて利益のチャンスでは出来る限りで伸ばしている事です。

分かりやすい言葉で言えばリスクリワードをよく考えて取引を行うことで、何度か見込み違いにより取引に失敗したとしても取り返す事は十分可能だとなるわけですね。

決済注文をしてみよう

決済ボタン

ワンクリック注文

新規注文後、利確や損切りのレートを改めたい、修正したい!といった場合に役に立つのがMT5に用意されている「ワンクリック注文」。

損切りライン1

損切り価格を下げる


売りポジションの損切り価格をドラッグで簡単に下げられた。

MT5ワンクリック注文の設定手順

MT5オプション開く

ワンクリック注文設定

取引タブワンクリック注文にチェックを入れると以下の同意を求める文書が表示されます。

ワンクリック注文同意

必ず文書をよくお読みになって同意した場合のみ設定を行ってください。おすすめとしてご紹介していますが、ワンクリック注文による誤発注などについて当ブログでは一切責任を負えません。

損切りラインは損失が膨らむ方へ変更してはいけない

新規注文を行う際にストップロスを入れて注文を行う事を推奨しました。

FX初心者の方が実際に取引を行うと、「 損切りされた後結局すぐレートが戻ってしまった! 」という悔しい経験をすることもこの先何度も見かけると思います。

そういった経験から多くの方が、「きっと戻るはずだからもう少し損切りに到達するまでのレートを増やして・・・」といった大きな過ちを犯してしまいがちです。筆者も初めの頃はこのような間違った取引を行っていました。

ストップ狩りの可能性について

一つの理由としては相場を動かす程大口のビッグプレーヤー達(ファンドなど)は、 私たちを含めた多くのトレーダーがどの水準で新規注文を多くしているか、どの水準に損切りを設定しているのかという事まで熟知した上で相場を動かしている のです。というよりプロでなくとも経験から大体のポイントは分かるようになってきます。客観的に 自身ならどこに損切りを置くか、を考えれば分かります 。価格が一定のラインで何度も止まっている部分も同様です。

FX相場の世界では、多くの損切りがまとまっているであろうレートに接近してストップロスに触りにいくような不自然なほど強引な値動き、いわゆる「ストップ狩り」と呼ばれる事象が度々起こります。

特に取引量の少ない通貨ペアや、取引量が多くても流動性が低い時間帯・時期などは要注意。最近でも2019/1初め、日本では正月休み期間の流動性の低い期間を狙われ?異常とも言えるストップが刺さり劇的に下げましたよね。比較的相場が安定していると言えるドル円でもそういった時期にポジションを持ち越すのはおすすめできないと言える出来事でした。

損切りされた途端に、元のレートに戻ってしまった!(持ったままでいたら助かっていたのに!)の現象の要因の一部としてはこのような理由が存在しています。根本的な原因はエントリー(新規注文)の誤りと、取引通貨ペア選択の誤り、それから1日の内の特定の時間帯です。

取引通貨ペア選択について、当ブログでは ユーロドル、ドル円による取引を推奨 しています。ストップ狩りを行う為には潤沢な資金力が必要で、世界取引量第1位のユーロドル(EURUSD)、第2位のドル円(USDJPY)は圧倒的に豊富な資金力が無ければ価格を動かす事など出来ません。取引量の少ない通貨ペアではごく一部の資金力のある組織単位で不可解で強引な値動きを起こしやすいと言い換えられるので、その分取引の判断が困難となり推奨していません。

一つ一つの取引を例え失敗しても小さな傷までで済ませられれば、次のトレードで大きく挽回するチャンスはいくらでもある事を忘れずに、一度決めてトレードの判断を下した損切り設定のレートは絶対に増やさない事は重要であると覚えておきましょう。

今回のまとめ

まずは少ない取引枚数で注文と決済の一連の取引に慣れてみる事から始めましょう。

ネット上では実際のお金で取り組む事が大事だと言われる事も多いですが、実はネットではあまり語られる事がないお話で、 個人的にはそれはFX業者サイドの意見であったり、サイト運営者サイドの双方ともに利益に繋がる部分でもあったりするだけ なので、まだデモ口座を利用した事がなければ、ぜひ利用して実際のお金と同じ額の証拠金で開始し、気が済むまで取り組んでからリアル口座の取引に臨めば良いと思います。

特にデモ口座で練習をしている間に、ギャンブルのようなレバレッジをフルに効かせた、ハイレバレッジな取引を行い続けた結果最終的にどうなるか試してみるのも面白いでしょう。まず間違いなくゼロカットとなるはずです。

ストップレベルとは?国内海外FX会社のMT4ストップレベル比較

ストップレベルとは?②

自動売買EAランキング

\人間には不可能な超高速トレードも?/

サインツールランキング

\いまだに裁量トレードで消耗してるの?/

勉強方法まとめ

\勉強する方法はたくさんある!/

本気で勉強するなら?おすすめ本

\本から学べる情報は貴重!/

おすすめブログ

\勝ってるトレーダーを参考に!ストップ注文(損切り注文)の見分け方 /

専業トレーダーから学べ

\専業トレーダーの生の声をお届け!/

userimg

FX歴6年目のFXマニア。
●3年目からプラ転
●4年目にようやく7桁達成
いわゆるザ遅咲きトレーダー。
主にEAとサインツール使ってる。
ポジポジ病患者さんをいかに治すかを考えている。
★検証して欲しいEAなどご意見・ご質問はTwitterフォローしDMください★

初心者向け ストップ注文(損切り注文)の見分け方
完全無料FXマニュアル
\登録無料でもらえる!/

メルマガ登録するだけ!
「FX投資マスターガイド」
メルマガ登録無料

高還元率
キャッシュバックサイト
\キャッシュバックで稼ごう!/

TariTali


稼ぐ手段のひとつに!
「TariTali(タリタリ)」
登録無料

天と地のインジケーターバナー

おすすめサインツール
\爆発的に売れてます!/

自動利確機能付き!
ストップ注文(損切り注文)の見分け方 「天と地のインジケーター」
通常販売価格39,800円(税込)

おすすめEA
\仮想通貨もトレード可能!/

自動売買EA「PEACE」


トレード回数平均40回/月
TariTaliとの相性よし!
自動売買EA「PEACE」
通常販売価格23,800円(税込)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる