基礎

エリオット波動論とは

エリオット波動論とは
参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

一目均衡表 細田悟一

イメージ

・E計算値 安値Aから高値Bまでの上昇幅を高値Bに加えるもの。=B+(B-A)
・V計算値 高値Bから安値Cまでの下落幅を高値Bに加えるもの。=B+(B-C)
・N計算値 安値Aから高値Bまでの上昇幅を安値Cに加えるもの。=C+(B-A)
・NT計算値 安値Aから安値Cまでの上げ幅を安値Cに加えるもの。=C+(C-A)
・4E計算値 安値Aから高値Bまでの上昇幅の3倍を高値Bに加えるもの。=B+3×(B-A)


売買シグナル
■転換線と基準線
転換線が基準線を上に抜けると買い。下に抜けると売りとされる。

解説: これは、過去26日間平均の売買価の上昇、下降トレンドを表している。
■雲と株価
株価が雲より上にあれば下値支持帯、抵抗帯より下にあれば上値支持帯。

表すものではなく、価格帯が狭まっている傾向と捉えるのが実情に近い。
■遅行スパンとローソク足、日々線
遅行スパンと日々線とを比べ、

ことが多くなる。
■三役好転/三役逆転
三 役好転 … 下記の3条件が揃えば強い上昇トレンド入りを示唆

①転換線が基準線を上回り、基準線は横ばい、もしくは上昇
②遅行スパンが26日前の株価を上回る
③株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を上回る
三役逆転 … 下記の3条件が揃えば強い下降トレンド入りを示唆
①転換線が基準線を下回り、基準線は横ばい、もしくは下降
②遅行スパンが26日前の株価を下回る
③株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を下回る

注意事項
上記の売買シグナルは一般的にネット上で言われている売買シグナルである。原著においても均衡表各線 の説明や、三役好転・逆転については述べられているが、これはあくまでも時間論・値幅観測論・波動論を 全て考慮した上での判断であって、それらを考慮せずに単純に以下の売買法則を当てはめて取引をする事 は非常に危険と言える。サイトによっては、以下のシグナルのみで売買をしたとしても、もみ合い相場の間は 損をするが、一旦上か下かに離れれば最終的には大きな利益を得る事ができると解説するものもあるが、 たとえ仕掛けが成功したとしても手仕舞いをどこでするか等、結局のところ時間論・値幅観測論・波動論等を 考慮しなければならない。

イメージ

一目均衡表


簡単に基本的な各線の見方は、

イメージ

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

投資コラム・特集
kazuma37さんのブログ

88eca806f

投稿カレンダー
2022年7月
ブログタグ一覧
最新24時間の予想傾向 (%)
今日の市況
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 エリオット波動論とは 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

エリオット波動論とは 参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.エリオット波動論とは com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.エリオット波動論とは com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) エリオット波動論とは (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

一目均衡表 細田悟一

イメージ

・E計算値 安値Aから高値Bまでの上昇幅を高値Bに加えるもの。=B+(B-A)
・V計算値 高値Bから安値Cまでの下落幅を高値Bに加えるもの。=B+(B-C)
・N計算値 エリオット波動論とは 安値Aから高値Bまでの上昇幅を安値Cに加えるもの。=C+(B-A)
・NT計算値 安値Aから安値Cまでの上げ幅を安値Cに加えるもの。=C+(C-A)
・4E計算値 安値Aから高値Bまでの上昇幅の3倍を高値Bに加えるもの。=B+3×(B-A)


売買シグナル
■転換線と基準線
転換線が基準線を上に抜けると買い。下に抜けると売りとされる。

解説: これは、過去26日間平均の売買価の上昇、下降トレンドを表している。
■雲と株価
株価が雲より上にあれば下値支持帯、抵抗帯より下にあれば上値支持帯。

表すものではなく、価格帯が狭まっている傾向と捉えるのが実情に近い。
■遅行スパンとローソク足、日々線
遅行スパンと日々線とを比べ、

ことが多くなる。
■三役好転/三役逆転
三 役好転 … 下記の3条件が揃えば強い上昇トレンド入りを示唆

①転換線が基準線を上回り、基準線は横ばい、もしくは上昇
②遅行スパンが26日前の株価を上回る
③株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を上回る
三役逆転 … 下記の3条件が揃えば強い下降トレンド入りを示唆
①転換線が基準線を下回り、基準線は横ばい、もしくは下降
②遅行スパンが26日前の株価を下回る
③株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を下回る

注意事項
上記の売買シグナルは一般的にネット上で言われている売買シグナルである。原著においても均衡表各線 の説明や、三役好転・逆転については述べられているが、これはあくまでも時間論・値幅観測論・波動論を 全て考慮した上での判断であって、それらを考慮せずに単純に以下の売買法則を当てはめて取引をする事 は非常に危険と言える。サイトによっては、以下のシグナルのみで売買をしたとしても、もみ合い相場の間は 損をするが、一旦上か下かに離れれば最終的には大きな利益を得る事ができると解説するものもあるが、 たとえ仕掛けが成功したとしても手仕舞いをどこでするか等、結局のところ時間論・値幅観測論・波動論等を 考慮しなければならない。

イメージ

一目均衡表


簡単に基本的な各線の見方は、

イメージ

初心者おすすめ記事

エリオット波動論とは

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

投資コラム・特集
kazuma37さんのブログ

88eca806f

投稿カレンダー
2022年7月
ブログタグ一覧
最新24時間の予想傾向 (%)
今日の市況
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.エリオット波動論とは com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.エリオット波動論とは panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる