証券取引

恐怖心と向き合う投資戦略

恐怖心と向き合う投資戦略
仕事

Panda Graphics株式会社 代表取締役 倉富佑也

「起業をしたい」という想いは、高校に入学する前からありました。
その想いは大学に入学しても、強まるばかり。
早く実業を起こしてチャレンジをしたい。
そして会社を起こすなら、時価総額ランキングで世界一になる会社を作りたい。
そう思ったのです。
その実現のためには日本国内だけではなく、国外を視野に入れる必要がありました。
特に“英語圏”や“中国語圏”と、事業を絡めるのが必須条件。
ならば日本ではなく、中国で会社を起こそうと考えたのが始まりです。

僕はもともと高校生の時に、アプリ開発の会社でインターンをしていましたので、
いわゆるインターネット関連の業界で働いていました。
しかしIT関係での創業を考えると、パソコンと向き合う場面が多いので、
海外で起業しても現地の言語を使うことが少なくなるのではないかと考えました。
それよりも 恐怖心と向き合う投資戦略
「現地の方との深いコミュニケーション」と、「1から実業を起こす経験ができる業界」
を求めていたのです。
では、その業界とは何だろう。
そう考えた時に頭に浮かんだのが、“飲食業”でした。
飲食業では
「広告の戦略」「お客様との関わり」「現地での社員の採用・マネジメント」「原材料の選定」など、
事業を運営する上で必要な多くのことを勉強できると考えたのです。
そうして始めたのが、ベーグルが好きだったこともあり「上海でのベーグル店の展開」でした。
しかし私はベーグルを作る専門的な知識はありませんでした。
そこで日本の有名店の力を借りてスタートしたいと考えたのです。
そんな中で、中目黒のBAGEL STANDARDが支援をしてくださることになりました。
技術指導や商品開発のサポートを全面的にお願いする形で、私は中国へ渡りました。

中国でのスタートアップ

上海に移住した私は、お店を始めるために奮闘し、
その後、紆余曲折ありましたが、
1年以上の準備を経て開店することができました。
開店してからは、朝早く起きて、工場から送られるベーグルをお店に並べ、
昼から夜にかけてパンを売りに出かけて、帰ってきたら工場に行きパンの品質を確認、
そして夜中の2時3時に帰宅。
それが1日のスケジュールでした。
当時は、手探りの作業ばかりだったこともあり、
心に余裕をもって仕事に取り組むことが困難でした。
さらには、賃貸契約の関係で2年以内に投資金額を回収しないといけない状況の中、
お店の売上も伸び悩みました。
そのため、このままのペースでは投資金額の回収は困難であると判断して、
苦渋の決断でしたが、開店から3か月で閉店を決めました。
その後、ベーグル店を閉めてからは、
ケーキのデリバリーサービスや建築用CGを日本で受注し上海で制作をする
アウトソーシングのサービスなどを行いながら、
次の事業展開の準備を進めました。

業界を変え、新たにスタート

会社を作るのならば、世界に影響力のある会社を作りたいと考えています。
しかし世界を見渡すと、自分と同じまたは1、2つ年上の方で
既により大きな事業規模で勝負している経営者がいます。
そんな先輩経営者たちに追いつくには、階段を1段ずつ上っているだけでは追いつきません。
1つ、2つ階段を飛ばすことや、
あるいは全く違った方法で到達しないといけないのです。
その中で私は、ベーグル店の撤退後に行っていた建築用CGのアウトソーシング制作の経験から、
「これからはインターネットがますます普及し、国や言語・組織の壁を超えて、
様々な外部の人的リソースを活用したサービスに勝機がある。」
と考えました。
そしてそれを体現する形として、
市場規模が世界的に急速拡大しているソーシャルゲーム向けのグラフィックスを、
クラウドソーシングによって制作するというビジネスモデルを思い立ち、
2013年の2月に日本に帰国し、当社Panda Graphics株式会社を設立しました。
また同年8月に中国上海にも、子会社を設立しました。
現在当社では、クラウドソーシングを活用した2Dと3Dのグラフィック制作が、事業の主軸となっています。
2Dでは、主にソーシャルゲーム向けのイラストの制作。
3Dでは、モデリングやモーション、アニメーションの制作をしています。
また、新規の事業として、3Dプリンタ関連のプロジェクトを進めています。
当社は創業から1年と2ヶ月ですが、
連結グループの社員数は66名となり、売上も順調に伸びています。
また、お客様のニーズに寄り添ったデジタルコンテンツを
安定的かつタイムリーにご提供する制作管理体制は、
お客様からも高い評価を頂いています。

世界でのシェアを広げたい!

今後の展開の1つとして、2014年の秋に、カリフォルニア支社の設立を予定しています。
理由としては、3D関連のゲームやアニメーション産業の中で、
アメリカは世界的に見ても巨大なマーケットであり、
その中の市場シェアを取っていくためには、
アメリカ現地に事業拠点を持つことが必須であると考えているからです。
また、アメリカは、「拡張現実」等、最先端の技術が日々生み出されている魅力的な市場です。
当社としてもタイミングを計りながら、
「拡張現実」等の最先端技術を絡めた新たなマーケットにも積極的に参入していきたいと考えています。
今はまだ、当社の売上の大半は日本国内での売上となっていますが、
来年以降は、売上の半数以上が中国やアメリカなど、 恐怖心と向き合う投資戦略
海外での売上になっていると予想しています。

国境や言語の壁を超えて

インターネットがますます進化・普及する世の中。
これからは、地域や言語の隔たりが、ますます無くなっていくと感じています。
そんな中、世界で勝っていくために、当社が社内のメンバーに求めているのは、
「グローバルに物事が考えること」です。
これからも、積極的に実力のある人材を、国籍問わず採用していきます。
では実力とは何か。
「技術レベルが高い人」であればその業界のプロフェッショナルなのかどうか。
「何か成し遂げたいこと」があるのなら、
その業界に関してどれだけ知識を持っていてアクションが出ているか。
そして、何より「どの様な生き方をしてきたのか」であると思います。
世界で勝てるよう、先陣を切って結果を残していけるように頑張ります。

イノベーションを起こす!事業創造マインドセット(管理職向け)

仕事

第1章 事業を創る為の基礎的な認識とマインドセット
第2章 事業を創る為の考え方
・ 第1節 事業環境分析
・ 第2節 ビジョニング
・ 第3節 インサイトを得る
・ 第4節 市場機会の見極め
第3章 未来に向けたアクションプラン

<第1章 事業を創る為の基礎的な認識とマインドセット>

イノベーションとは?

イノベーションの在り方の変遷

現在
商品ビジネスモデル
技術ドリブン価値ドリブン

イノベーションはなぜ重要か?

マインドセットとして心に留めて頂きたい事①

既存事業の推進と新規事業の推進
既存事業の推進 新規事業の推進
維持する創る
保守する切り拓く
運営イノベーション
オペレーションを推進する事と、イノベーションを推進する事の違い
オペレーションを
推進するという事
イノベーションを
推進するという事
不確実性 低い高い
価値 失敗の回避失敗からの学び
求められる
オーナーシップ
モニタリングして
目標達成を目指す
果敢に挑戦し
すぐに軌道修正する

マインドセットとして心に留めて頂きたい事②

徹底した顧客目線と豊かな社会の実現への貢献は、会社の理念でありDNAである。
  • 「○○が簡単・便利になったら、社会は豊かになるはずだ」という発想から、ビジネスは始まります。
  • 「どうやったら儲かるかを考えるな」ということではありません。大切なのは考える順番です。「 どうやったら社会は豊かになるだろうか 」をまず考えるべし。社会が豊かになるようなサービスを世の中に提案していけば、利益は自ずとついてきます。

マインドセットとして心に留めて頂きたい事③

成功するイノベーションは単純である

あなたにお伝えしたい事

おそらくあなたが、もはや「イノベーション」だとも思っていないイノベーション

エスカレーター = 動く階段
空港出発掲示板 = 自ら表示内容を変える掲示板

エスカレーター=動く階段、空港出発掲示板=自ら表示内容を変える掲示板

あなたがもしかしたら「イノベーション」だと思っているイノベーション

Airbnb = 空いている部屋を貸し出す
iPhone = iPod+携帯電話+ネット通信機器

Airbnb=空いている部屋を貸し出す、iPhone=iPod+携帯電話+ネット通信機器

これらの例からあなたに気付いて頂きたい事

小さな「なぜ?」がイノベーションの種

  • いくつか例を挙げてみましょう。
      恐怖心と向き合う投資戦略
    • メールにファイルを添付して、ええとその前にファイル自体にパスワードをかけて、誤送信を防ぐために宛先を確認して…ああ、なぜもっと簡単にファイルを関係者と共有できないんだろう?(→Dropboxやboxなどのオンラインストレージ)
    • なぜ、見たいテレビ番組を見るために、その時間にテレビの前にいなければならないのだろう?それがイヤなら高額なレコーダーを買って、なんでわざわざ録画しなければならないのだろう?(→Netflixなどの動画配信サービス)(レンタルDVDの事例を変えた)
    • なぜ海外に送金するのはこんなにも手数料が高いのだろう?(→海外送金サービスTransferWise)

    <第2章 事業を創る為の考え方>

    「第2章 事業を創る為の考え方」では次の事を学んでいきます。
    【1.事業環境分析】 資料を理解するために、ビジネス環境の情報を集め分析する。
    【2.ビジョニング】 未来に影響を及ぼす不確実性を見極め、来るべき未来のシナリオを描く。
    【3.インサイトを得る】 顧客の視点に立って、彼らの「ジョブ」を満たすための洞察を得る。
    【4.市場機会の見極め】 事業環境分析の内容を踏まえ、自社の戦略立案の方向性を検討する。

    【1.事業環境分析】資料を理解するために、ビジネス環境の情報を集め分析する。【2.ビジョニング】未来に影響を及ぼす不確実性を見極め、来るべき未来のシナリオを描く。【3.インサイトを得る】顧客の視点に立って、彼らの「ジョブ」を満たすための洞察を得る。【4.市場機会の見極め】事業環境分析の内容を踏まえ、自社の戦略立案の方向性を検討する。

    <第2章 – 第1節 事業環境分析>

    事業環境分析とは

    事業環境分析の意義

    • 仮に事業環境を全くリサーチしないで、商品・サービスのアイディアだけで大成功してしまったとしても、それはまぐれで成功したという事であり、成功した理由が自分でわかっていないという事である。
    • そのような成功は、環境に恵まれて成功しているだけであるから、環境の方が変わってしまったときに軌道修正の方法が自分でわからないので自滅していってしまいます。
    • 事業創造を成功させるものは、事業環境と自分のビジネスの関係性を必ず見極めています。「想定外に成功」してしまったとしても、成功し続けるためにはどうしたらいいかを考えます。

    事業環境分析の手法

    各企業の思惑とは
    無関係に起こっている事
    “マクロ環境
    各企業の思惑で
    起こっている事
    “ミクロ環境
    PEST 3C

    PEST分析とは

    恐怖心と向き合う投資戦略 恐怖心と向き合う投資戦略
    分析の観点例:産業用ロボット業界PEST分析
    Politics
    (政治要因)
    金融緩和・税制改革・外交関係の変化等・先進国(日本を含む)においては、特にロボット導入に積極的(労働力不足対策の為)
    Economy
    (経済要因)恐怖心と向き合う投資戦略
    景気動向・為替動向・金利動向・雇用動向等・輸入先である自動車業界や電気・電子業界のグローバル化、並びに競争激化によるコスト削減圧力増(自動化ニーズ大)
    Society
    (社会要因)
    人口動態の変化・生活様式の変化・社会問題への対応等・日本においては、今後、少子化により労働力が不足する。・発展途上国における自動車用途・電気電子機器用途の拡大
    Technology
    (技術要員)
    技術革新・新しい技術への投資等・技術の進歩により、産業用ロボット導入の利用領域は拡大が見込まれる。(例:自動車業界、溶接・塗装領域→組み立て領域等)

    3C分析とは

    分析の観点例:産業用ロボット業界3C分析
    Customer
    (顧客)
    市場規模、セグメント、顧客の購買基準、購買プロセス等・作業用ロボットの市場規模は年間●%で成長
    ・購買者の購買基準は、機能性からアフターサービスの充実に徐々に移行
    Competitor
    (競合)
    競合は誰か、競争力の比較、ポジショニング、参入障壁等・産業用ロボット業界における競争 相手はA社B社C社
    ・A社は高価格帯、B社は…
    ・参入障壁は比較的高め
    ・一方それでも徐々に新規参入者が増えてきている
    Company
    (自社)
    競合と比べた際の強み・弱み(財力、技術力、ブランド等)・産業用ロボット業界における当社の強みは、技術力、ブランド力、…
    ・弱みは、資金力と組織力、…

    <第2章 – 第2節 ビジョニング>

    ビジョニングとは

    ビジョニングの意義

    • 事業環境分析を行っただけでは、事業を取り巻く環境に「詳しくなった」だけに過ぎません。
    • そこから、「ではどんあ未来が到来するのだろうか」「それに対して自分たちはどうしたいのか」を考えてはじめて、「事業を創る者」となります。

    ビジョニングの手法

    事業環境分析で得た情報から「きたるべき未来」を描き、それに対する意思を明確化するには、下記のようなステップで考えを深めていきます。
    【ビジョニングの3ステップ】
    1.PEST分析及び3C分析で出てきた情報から、未来の「変化の兆し」=鍵となるトレンドをピックアップします。
    2.「変化の兆し」から、「それで何が起こるのか?(And then,what will happen next?)」を繰り返し自身に問いかけてみます。
    3.それが「自分達のビジネスにどう関係するのか」「自分達には何が求められているのか」が明確にわかるレベルまで考えを深堀りします。

    <第2章 – 第3節 インサイトを得る>

    インサイトとは

    インサイトの意義

    • 顧客の視点で物事を捉え、顧客が何を見、聞き、何を感じているのかをつぶさに観察し、その観点から考える事は欠かせません。
    • 恐怖心と向き合う投資戦略
    • インサイトを得ることによって、ビジネスのアイデアは発案者の独りよがりなものではなく、本当に想定するユーザの欲求を満たすものなのかが検証されブラッシュアップされていきます。

    インサイトを得る方法

    バリュープロポジション・キャンバス

    バリュープロポジション・キャンバスの各要素

    <第2章 – 第4節 市場機会の見極め>

    市場機会の見極めとは

    市場機会の見極めの意義

    • しっかりとした見極めを行っていないと、事業を進めるうちに、自社の戦略に不都合が生じるリスクがあります。例えば
      • ニーズはあったので商品を展開しようとしたが、自社は不得意だった
      • 自社が得意なので大きく売り出したが、ニーズが全くなかった 等

      自社の戦略・方向性を打ち出すに至る考え方

      事業分析と市場機会の見極め

      SWOT分析とは

      内部環境SStrength自社の強みは何か?
      内部環境WWeakness自社の弱みは何か?
      外部環境OOpportunity自社にとっての機会は何か?
      外部環境TThreat自社にとっての脅威は何か?

      SWOT分析の意義

      • 同じ状況を「機会」と捉えるか「脅威」ととらえるかは企業の状況によって異なります。
        • 他社にとっては「脅威」に見える状況でも、自社の強みと照らし合わせる事で、それが自社にとっての「機会」になることもあり得ます。

        SWOT分析の方法「クロスSWOT分析」

        クロスSWOT分析

        クロスSWOT分析の例

        <第3章 未来に向けたアクションプラン>

        第3章の位置づけ

        これから考えて頂く事

        ・現状整理①
        ・3年後を見据えた中で、どのようなお客様を創っていきたいですか
        ・現状整理②
        ・上記を目指すために、まずこの1年間で行動すべきことはどのような事ですか
        ・本読み物を読んだ後
        ・事業創造での学び・気づきを記載してみてください。
        ・アクションプランの実践
        ・現状整理を踏まえて、明日から日々行っている業務の中で具体的に「止める」「始める」「続ける」か記載して下さい。
        止める事/続ける事/始める事
        ・アクションプランの実践 恐怖心と向き合う投資戦略
        ・左記を踏まえて「上手くいった事」「上手くいかなかった事」「その理由」を記載ください。
        上手くいった事/その理由/上手くいかなかった事

        サンバイオショックとは何だったのか?大損失を被った2名の事例と得られる教訓=俣野成敏

        ・「こういうFPにはご用心!」〜不安な老後を解消するための上手な付き合い方(1/21)
        ・「困難を乗り越え飛躍する人と、失速する人の違いとは?」〜マネジメント格言集(5)(1/11)
        ・「2019年の投資を検討する前にチェックしよう!」〜投資の疑問に答えるQ&A集(3)(1/4)
        ・「2018年特集・総復習号!」〜2019年を迎えるに当たって、2018年を振り返る(1/1)
        → 2019年1月のバックナンバーを購入する

        <2018年12月配信分>

        【Vol.118】『良い借金・悪い借金』12/21目次
        「敏腕FPが教える良い借金・悪い借金」〜結局のところ、借金とは“悪”なのか?〜
        1. 借金とは「してはいけないもの」なのか?
        ◎借金で注意すべきなのは「利子が付く」こと
        ◎自動貸付サービスという“甘い罠”
        2. 借金を使いこなす
        ◎借金を自分の味方にする
        ◎借金をする前にやるべきこととは
        編集後記:サラリーマンに朗報!転職でも独立でもない、第3の選択肢とは?

        【Vol.117】『マネジメント格言集(4)』12/11目次
        「万年平社員がわずか数年で年商5億円企業の社長になれたワケ」〜現場で生まれたマネジメント格言集(4)〜
        1. 「売れるお店」は何が違うのか?
        ◎新店がオープンと同時に大盛況!その理由とは?
        ◎売上1位の店長がレクチャー!スタッフをやる気にさせる方法とは?
        2. “目からウロコ”のマネジメント格言集4
        ◎「その困難は、チャンスかもしれない」
        ◎仕事もディズニーランド並みに楽しくできる?!
        ◎読むと眠くなる社是・社訓が、実は会社の秘密兵器
        編集後記:あなたはこの名前に賛成?反対?

        【Vol.116】『投資についてのQ&A(2)』12/1目次
        「やってくる大増税時代に備えるための“投資の教科書”」〜投資の疑問に答えるQ&A集(2)〜
        1. “老後の安心感”に関するQ&A編
        ◎確定拠出年金は、預金型であればお得か?
        ◎投資で収益を得た安心感で、ビジネスに邁進できるか?
        2. 海外不動産投資に関するQ&A編
        ◎海外の不動産物件でAirbnbを行えば、日本よりも儲かるか?
        ◎海外不動産投資の節税スキームを活用して利益を上げられるか?
        編集後記:単なる「公私混同」か?それとも社内政治の「犠牲者」か?
        → 2018年12月のバックナンバーを購入する

        <2018年11月配信分>

        【Vol.115】『マネジメント格言集(3)』11/21目次
        「ダメダメ社員が社長になるに至った道筋とは?」〜現場で生まれたマネジメント格言集(3)〜
        1. “管理職”という洗礼
        ◎初めてのマネジメントで、お店が立ち直った!
        ◎先輩店長の謎の失踪で、絶体絶命のピンチに
        2. “目からウロコ”のマネジメント格言集3
        ◎稼いでいる人は、給料袋をたくさん持っている
        ◎ブラック企業と稼働率は、どう関係するの?
        ◎訓練次第で、相手の気持ちも分かるようになる
        編集後記:今年も「あの」季節がやってきました!

        【Vol.114】『ブロックチェーン(下)』11/11目次
        「ブロックチェーン旋風がお金の世界を変える時」(下)〜仮想通貨によってもたらされる金融業界の未来とは?〜
        1. 為替の専門家からは、仮想通貨はどのように見えているか
        ◎「需要と価格が一致するとは限らない」
        ◎現代は、実体経済とバーチャル経済との差が大きくなっている
        2. 仮想通貨が“お金”として定着するタイミング
        ◎金融商品の要となる“フレームワーク”
        ◎仮想通貨に資金が流れるようになるのはいつか?
        編集後記:「豪華チャンピオンベルト7本が一堂に会する」マネースクールって?!

        【Vol.恐怖心と向き合う投資戦略 113】『ブロックチェーン(上)』11/1目次
        「ブロックチェーン旋風がお金の世界を変える時」(上)〜技術革新がもたらす未来とは〜
        1. 技術革命が、我々の生活を劇的に変える
        ◎なぜ、仮想通貨の流出を止められないのか?
        ◎技術革新によって銀行は消えるのか?
        2. 仮想通貨はバラ色の未来を人類にもたらすことができるか
        ◎ブロックチェーンのどこがそんなにすごいのか?
        ◎大混戦の仮想通貨業界!その行く末とは?
        編集後記:社長を交代します!
        → 2018年11月のバックナンバーを購入する

        <2018年10月配信分>

        【Vol.112】『』10/21目次
        「もっと投資を身近に感じてみよう!」〜投資の素朴な疑問に答えるQ&A集
        1. 投資商品に関するQ&A編
        ◎これからは、コモディティにも投資をすべき?
        ◎日本のETFは、海外のETFに比べてどうなの?
        2. 海外と金融に関するQ&A編 恐怖心と向き合う投資戦略
        ◎海外送金は、今後解禁される可能性はあるのか?
        ◎クレジットカードのお得な使い方って?
        編集後記:クレジットカード解約顛末記

        【Vol.111】『』10/11目次
        「マネジメントスキルを身につけ、職を失う恐怖から解放される!」〜現場マネジメント格言集(2)
        1. 「才能があるだけではダメ」な理由
        ◎才能ある者の足を引っ張るのは「自分の感情」
        ◎「1日誰とも話さない」日々の中で考えたこと
        2. “目からウロコ”のマネジメント格言集2
        ◎「自分は損をしていないか?」
        ◎部下と分かり合うためにはどうしたらいいのか?
        ◎自分で自分の“強み”を見つけるには?
        編集後記:両極端を比較すれば、違ったものが見えてくる

        【Vol.110】『』10/1目次
        「ブレグジット後のイギリスはどうなる?」〜ブレグジットまであと半年!イギリス投資は?
        1. ブレグジットがもたらすのは、破滅か再生か
        ◎個人投資家が、海外投資で利回り以上に注目すべきなのは◯◯
        ◎ブレグジット決定後も、意外に堅調なイギリス経済
        2. 危機とチャンスは、隣り合わせでやってくる
        ◎イギリスで狙い目の不動産投資とは
        ◎海外投資をする場合、銀行口座はどうすればいいのか?
        編集後記:ブレグジット最大の難関「北アイルランド国境問題」
        → 2018年10月のバックナンバーを購入する

        <2018年9月配信分>

        【Vol.109】『マネジメント格言集(1)』9/21目次
        「落第社員から夢のトップマネジメントへ」〜現場で生まれたマネジメント格言集(1)〜
        1. ダメ社員が、どうやってトップマネジメントに立つようになったのか?
        ◎「お前、人生面白くないだろう?」
        ◎恩師と再会し、つかんだチャンス
        2. “目からウロコ”のマネジメント格言集
        ◎上司は気に入らない部下を辞めさせられるか?
        ◎どうすれば部下を動かすことができるのか?
        ◎部下に「私たちは駒じゃない」と言われてどう答えればいい?
        編集後記:アーリーリタイアって、やっぱり極楽?

        【Vol.108】『トルコリラ・ショック』9/11目次
        「緊急特集!トルコリラ・ショック」〜新興国通貨投資に隠された危険性〜
        1. その投資は、本当に大丈夫なのか?
        ◎トルコリラ・ショックが起きた背景
        ◎為替を扱う際に考慮すべき大事な指標
        2. 表面的なものに捉われないために
        ◎今、世界のお金はどこに向かっているのか?
        ◎商品リスクについて考える
        編集後記:「福岡で、こんなものを見つけました

        【Vol.107】『ラットレースから抜け出す方法(下)』9/1目次
        「名言から、投資家になる方法を学ぼう!」〜ロバート・キヨサキ氏《ラットレースから抜け出す方法・後編》〜
        1. 投資家として成功するための、具体的な戦略を立てる
        ◎投資家にもいろいろあるーー“バフェット氏”恐怖心と向き合う投資戦略 ばかりが投資家じゃない
        ◎手っ取り早く目標に近づくための方法
        2. 飛躍のチャンスをつかむのは「あなた自身」
        ◎“失望”のプロセスに隠された、もう1つの意味とは
        ◎未来は誰でも変えることができる
        編集後記:「私の原点の1冊」とは?
        → 2018年9月のバックナンバーを購入する

        <2018年8月配信分>

        【Vol.106】『ラットレースから抜け出す方法(上)』8/21目次
        「名言から、投資家になる方法を学ぼう!」〜ロバート・キヨサキ氏《ラットレースから抜け出す方法・前編》〜
        1. グラウンド・ゼロは「キャッシュフロー・クワドラント」より始まる
        ◎「自由を得る」ためのヒントは、“クワドラント”の中にある
        《クワドラントの活用方法》
        ◎キヨサキ氏の人生に見るクワドラントの移行方法
        2. ラットレースを抜け出すためのステップを上る 恐怖心と向き合う投資戦略 恐怖心と向き合う投資戦略 恐怖心と向き合う投資戦略
        ◎なぜ今、「自分のために働くことを考える」なのか?
        ◎その借金は、本当に自分のためになっているのか?
        《自分のキャッシュフローを管理する方法》
        ◎見えない恐怖よりも、見える恐怖のほうが恐い
        編集後記:「何を買ったらいいですか?」

        【Vol.105】『モチベーション改革』8/11目次
        「やる気が出なくてもデキるビジネスマンになる方法」〜目標に近づくためのモチベーション改革〜
        1. 仕事が面白くないビジネスパーソンへ
        ◎人間は、もともと飽きやすい生き物
        ◎今の楽しみか?将来の楽しみか?
        2. モチベーションに対する大いなる誤解
        ◎モチベーションとテンションは別もの
        ◎仕事で「あなたでなければ」と言われることが最高の醍醐味
        3. 目的と仕事の大きさは比例する
        編集後記:「購入した投資商品が値下がりした!」場合はどうすればいい?

        【Vol.104】『情報弱者』8/1目次
        「今、情報弱者が狙われる!」〜日本の金融機関は信用できるところがない?!〜
        1. あなたが“恐怖心と向き合う恐怖心と向き合う投資戦略 投資戦略 情報弱者”になったわけ
        ◎“情報弱者”とは何か?
        ◎なぜ、日本の金融機関の商品を買うと得できないのか?
        2. あなたが“情報強者”になる方法 恐怖心と向き合う投資戦略
        ◎情報強者になるための3つのポイント
        ◎大量に情報を仕分けし、目利き力を養う
        3. 「ムダを省くためには、どれがムダなのかを知らなければならない」
        → 2018年8月のバックナンバーを購入する

        <2018年7月配信分>

        【Vol.103】『ジム・ロジャーズ氏に学ぶ投資の極意(下)』7/21目次
        イントロ:日銀の異次元緩和政策に異変 いよいよ限界?
        「名言から投資の極意を学ぼう!」〜ジム・ロジャーズ氏《日本の未来編》〜
        1. 大富豪から“日本の過去と現在に対する提言”
        ◎日本の高度成長期は「アジアの奇跡」ではなかった?!
        ◎日本はいずれ、移民問題に真剣に向き合わざるを得なくなる
        2. 大富豪から“日本の未来に対する提言”
        ◎日本社会にできた歪みは、移民だけでは解決できない
        ◎ロジャーズ氏から若者に宛てたメッセージとは
        3. 大富豪から“あなたへの提言”
        編集後記:マネースクールのHPをリニューアルしました!

        【Vol.102】『ジム・ロジャーズ氏に学ぶ投資の極意(上)』7/11目次
        イントロ:あの3大投資家も、かつては破産していた!
        「名言から投資の極意を学ぼう!」〜ジム・ロジャーズ氏《投資家誕生編》〜
        1. 偉大な投資家の「時間の使い方」
        ◎「できた」と思っても、念のために「あともう少しやる」
        ◎実は暇な人ほど「時間がない」
        2. 偉大な投資家の情報収集術とは
        ◎無料の情報の中に、“掘り出し物”はほとんどない
        ◎投資する分野を限定し、情報元は複数持つ
        《情報を精査するための5ステップ》
        3.「私はお金で“自由”を買った」
        編集後記:福岡で「仮想通貨セミナー」やります!

        【Vol.101】『3つの家計簿管理法』7/1目次
        イントロ:“帳簿”が国家の盛衰をも左右するという事実
        「あなたの家はどのタイプ?」〜我が家にふさわしい家計管理法とは?〜
        1. 家計を管理する3つの方法とは
        ◎どうして家計管理はうまくいかないのか?
        ◎家計を任されたほうは、それだけ負担も大きくなる
        2. 相方がリテラシー音痴の場合はどうしたらいいのか?
        ◎個別会計は、全体像を把握しにくい
        ◎共同管理はコミュニケーションがカギ
        3. 必ずしも変えなくてもいい
        編集後記:あなたは「ここぞ」の場面で使える奥の手を用意していますか?
        → 2018年7月のバックナンバーを購入する

        <2018年6月配信分>

        【Vol.100】『有料メルマガ第100回特別記念』6/21

        【Vol.99】『奨学金破産』6/11目次
        〔1〕イントロ:「あなたはどれだけのことを、自分で決めているか?」
        「奨学金破産について考える」〜金融の専門家が社会問題にメスを入れる!〜
        1. 奨学金とは、就職後の給料を前借りすること
        ◎単純に「後で返せばいい」とはならない奨学金
        ◎大学へ行くにも投資発想が必要
        2. 今、奨学金を返済している方々の家計簿を診断してみると
        ◎「奨学金返済が重荷に…」Aさんの事例
        ◎「奨学金を繰り上げ返済したものの…」Bさんご夫婦の事例
        ◎「奨学金の返済が少なければ余裕も生まれやすい」Cさんご夫婦の事例
        3. 向き合うことが、解決への第一歩
        今週のQ&Aコーナー:節税本を紹介してください!
        編集後記:総合格闘家の神童・那須川天心が推薦した格闘家とは

        【Vol.98】『マネープラン・人生アドバイス実践編』(6/1)目次
        イントロ:ドラッカーの言う「人が組織内で必ず直面する4つの現実」とは?
        「マネープラン・人生アドバイス実践編」〜密かに忍び寄る人生の危機に対処する方法〜
        1. 個人事業を軌道に乗せるためのマネープランとは?
        ◎個人事業主・Aさんの前に立ちはだかる“時間”という壁
        ◎サラリーマンが独立するまでのステップは3つ
        2. 老後が近いのに、まだ準備ができていない場合のマネープランとは?
        ◎「どうしたら赤字家計を修正できるのか?」Bさんの場合
        ◎「役職定年で年収が半分以下に!」危機が迫るCさんご夫婦の場合
        3. “違和感”とは危険を察知した心の声 恐怖心と向き合う投資戦略
        編集後記:「人は何にからでも学ぶことができる」
        → 2018年6月のバックナンバーを購入する

        <2018年5月配信分>

        【Vol.97】『お金の賢人から学ぶ(2)』(5/21)目次
        イントロ:普段、見せないバフェット氏の素顔とは
        「お金の賢人から学ぼう!」(下)〜バフェット氏に学べば、我々でもお金持ちになれる!〜
        1. 「弱者の採るべき戦略」を知る
        ◎成功法則5:過去ではなく未来を見よう
        ◎成功法則6:値段が高ければサービスも良い、とは限らない
        ◎成功法則7:群集心理を避けよう
        《投資における弱者の戦略 5つのポイント》
        2. 望む自由を得るための最初の一歩とは
        ◎成功法則8:止め時を知ろう
        ◎成功法則9:お金ばかりに気を取られない
        《尊敬している人のようになるための4ステップ》
        編集後記:流行りの「稼げます」詐欺にご注意ください!

        【Vol.96】『お金の賢人から学ぶ(1)』(5/11)目次
        イントロ:天才・孫正義氏もバフェット氏をモデリング?
        「お金の賢人から学ぼう!」(上)〜バフェット氏に学べば、我々でもお金持ちになれる!〜
        1. 成功者が成功し続ける秘密とは 恐怖心と向き合う投資戦略
        ◎成功法則1:長期的な視野を持とう
        ◎成功法則2:常に新しいことを学び、謙虚であれ
        2. “当たり前”の中に成功は潜んでいる
        ◎成功法則3:自分のお金を投資しよう
        ◎成功法則4:人間関係を築き、他者を丁寧に扱おう
        《なりたい自分に近づくための人間関係構築の3ステップ》
        今週のQ&Aコーナー:「新卒就職は正しい」に物申す!
        編集後記:やっぱり、大切なのは人間関係

        【Vol.95】『ジョブ・マトリクス』(5/1)目次
        イントロ:「キャッシュフロー・クワドラント」の本質
        「ジョブマトリクス徹底活用法!」〜仕事であなたが目指すべき道とは?〜
        1. 「サラリーマンが面白くない」本当の理由
        2. ジョブ・マトリクス活用法
        ◎「組織の総合得点を上げる」ことがゴール
        ◎無鉄砲でも、行動し続けたAさん
        ◎夢破れ、八方塞がりのBさん
        3. ジョブ・マトリクスは、現実を改善するためにある
        編集後記:マネースクールコミュニティでは、こんなことを話しています
        → 2018年5月のバックナンバーを購入する

        <2018年4月配信分>

        【Vol.94】『マネースクール会員200名突破記念』(4/21)目次
        イントロ:一発逆転発想は、事態をより一層悪化させる
        マネースクール会員200名突破記念!〜お金から好かれる人になる方法〜
        1. 「お金を守る」という考え方 恐怖心と向き合う投資戦略
        ◎投資をするのに「才能は必要ない」
        ◎投資を行う際に考慮すべき「4つの分散」
        2. 失敗の中から生まれたマネースクール
        ◎投資は「知識」と「商品」だけでは足りない
        ◎投資期間中、もっとも重要な局面は最後にくる
        3. 老後資金は自分でつくる
        編集後記:マネースクール会員200名突破記念特別プレゼントのお知らせ

        【Vol.93】『一攫千金で、ゴールまで逃げ切る方法』(4/11)目次
        イントロ:仮想通貨長者も税金の包囲網から逃れられない?!
        「一攫千金で、ゴールまで逃げ切る方法」〜凄腕FPがバーチャル世界を一刀両断!〜
        1. ビットコイン長者が大金を手にした時
        ◎ビットコイン長者:Aさんが考えたこと
        ◎マネープランを設計する際にベースとなる考え方
        2. 早期リタイヤを成功させる3つのプラン
        ◎「40歳」「1億円」で早期リタイヤは、かなりハードルが高い
        ◎マネープランが目指すのは「選択肢を増やす」こと
        3. バーチャル世界は、リアル世界にはなりえない 恐怖心と向き合う投資戦略
        編集後記:コインチェックが不正流出を許した原因とは?

        【Vol.92】『貯蓄上手になる方法(2)』(4/1)目次
        イントロ:実は人は「自分のためにならないこと」ばかり選んでいる
        「貯蓄上手になって小金持ちになる方法」(下)〜今は稼ぎ上手よりも貯蓄上手?〜
        1 真の億万長者は一夜では生まれない
        ◎”投資の神様”もスタートはサラリーマンだった
        ◎「普通の生活をしていては、絶対にお金は貯まらない」
        2 「このままでいけば、どのような未来が待っているのか?」
        ◎マイルールがない人はお金を貯められないのか?
        ◎家計を見直すための5ステップ
        3. 「貯蓄への道」を平坦にするには
        ◎Aさんの事例:確かに、貯蓄はできているけれど…
        ◎Bさんの事例:自分への良いプレッシャーを味方にする
        ◎Cさんの事例:家族の協力を得るには、相手の大事なものを尊重すること
        編集後記:当マネースクールは進化し続けます!
        → 2018年4月のバックナンバーを購入する

        <2018年3月配信分>

        【Vol.91】『貯蓄上手になる方法(1)』(3/21)目次
        イントロ:今後も経済の大逆転は起こらない
        「貯蓄上手になって小金持ちになる方法」(上)〜今は稼ぎ上手よりも貯蓄上手?〜
        1. なぜ、あなたは貯蓄ができないのか?
        ◎サラリーマンの給料が上がらない真の理由 恐怖心と向き合う投資戦略
        ◎広がり続ける格差の中で、自分自身の身を守る方法
        2. お金が貯められないのは、稼ぎが少ないからじゃない
        ◎貯蓄をするのに、モチベーションは不要
        ◎続けられる貯蓄法とは?
        3. 今は誰でもお金持ちになれる時代
        編集後記:「今、海外銀行口座を持つべき人」とはどんな人?

        【Vol.90】『自分メディアのつくり方(2)』(3/11)目次
        イントロ:「続けられない」はどうしたら克服できる?
        「自分メディア」をつくれば独立も夢じゃない!《実践編》〜自分の話を聞いてくれる人を増やす方法〜
        1. 世間のマーケティングに対する間違った思い込み
        ◎自分メディアをつくる段階で、なぜ売り物はなくてもいいのか?
        ◎「メディアで売ろう」と思わない
        2. 読者に読んでもらうためのテクニック
        ◎自分メディアを通じて読者との関係性を築く方法
        ◎自分メディアを始める初心者に必要な3原則 恐怖心と向き合う投資戦略
        3. 自分メディアをお金に結びつける3ステップ
        編集後記:「リクルートスーツで一斉行動」は日本の文化?

        【Vol.89】『自分メディアのつくり方(1)』(3/1)目次
        イントロ:「副業をしたいけれど、何をしたらいいのかわからない」のはなぜ?
        「自分メディア」をつくれば独立も夢じゃない!《基礎編》〜自分の話を聞いてくれる人を増やす方法〜
        1. 成功するビジネスを築くために知っておくべきこと
        ◎なぜ今、”恐怖心と向き合う投資戦略 自分メディア”なのか?
        ◎ビジネスが失敗する3つの要因とは
        2. 自分メディアをつくるための準備をする
        ◎成功するビジネスを築くための2WCH理論
        ◎自分と向き合い、ペルソナを決める
        3. 事業を興すとは「顧客を創造する」こと
        編集後記:只今、全国行脚の真っ最中!
        → 2018年3月のバックナンバーを購入する

        <2018年2月配信分>

        【Vol.88】『仮想通貨書籍出版記念(3)』(2/21)目次
        イントロ:自分たちが通貨発行権を持つことの意味
        『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』出版記念号(3)〜仮想通貨を待つ未来とは〜
        1. 仮想通貨を持つことによって浮上する問題
        ◎避けては通れない保管・管理の問題
        ◎「激しい価格の上下」にはどう対応すればいいか?
        2. 仮想通貨にまつわるQ&A
        ◎Q1、仮想通貨は今後、上がるのか下がるのか?
        ◎Q2、今後、仮想通貨が統合することはあり得るのか?
        ◎Q3、仮想通貨の枚数は足りるのか?
        3. 仮想通貨が身近にある未来
        ニュースのビジネス的着眼点:再び、年金の支給開始年齢が後ろ倒しになる前兆か?
        編集後記:ミットネス渋谷店をオープンします!

        【Vol.87】『仮想通貨書籍出版記念(2)』目次(2/11)
        イントロ:「手軽さと引き換え」に失ったもの
        『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』出版記念号(2)〜仮想通貨を取り巻く課題〜
        1. ハードフォークとは何なのか?
        ◎ハードフォークによって生まれたコインの正体
        ◎“ハードフォークコイン”に潜む危険性
        2. 金融とは「現代の錬金術」なのか?
        ◎ビットコインの価値の源泉
        ◎“金融”が成り立っている仕組み
        3. 我々は税金とどのように向き合うべきか?
        今週のQ&Aコーナー:「効果的なビジネス書の読み方」ってあるのでしょうか?
        編集後記:書店トークライブやります!

        【Vol.86】『仮想通貨書籍出版記念(1)』目次(2/1)
        イントロ:「仮想通貨」は日本を目指す?!
        『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』出版記念号(1)〜2018年は仮想通貨にとってどんな意味があるのか?〜
        1. 電子通貨の登場
        ◎電子に価値を持たせる方法
        ◎長年の懸案事項だった「電子通貨の実現」
        2. 仮想通貨をめぐる国家の動き
        ◎仮想通貨は、なぜ値上がりしているのか?
        ◎仮想通貨の未来と税金をめぐる問題
        3. 考えられる「2018年に仮想通貨業界に起こると予測される動き」
        ニュースのビジネス的着眼点:これは結局のところ、徳?損?
        編集後記:「300万円の広告スペース」ってどれくらいの大きさ?
        → 2018年2月のバックナンバーを購入する

        <2018年1月配信分>

        【Vol.85】『激動の2018年を大予測!』目次(1/21)
        イントロ:ついに実現した税制改革
        「激動の2018年を大予測!」〜今年の世界経済・投資環境・日本はどうなる?〜
        1. 2018年の世界はどうなるのか?
        ◎アメリカの好景気は、いつまで続くのか?
        ◎世界のパワーバランスが変わる時
        2. 今年のヨーロッパは好調を維持できるのか?
        ◎イギリスのEU離脱の影響は?
        ◎ヨーロッパが抱える不安要因
        3. 2018年は世界が変わるターニングポイントとなるか?
        ◎依然としてくすぶり続ける中国のシャドーバンキング問題
        ◎2018年の日本の注目ポイントとは
        ◎世界はますますつながり、影響し合う

        【Vol.84】『ハワイ不動産』目次(1/11)
        イントロ:ハワイの不動産投資は、危険がいっぱい?!
        「私にも、ハワイの不動産が買えるかも?!」〜世界の投資環境とハワイ・夢の不動産投資の実態〜
        1. 「憧れの地・ハワイ」の実像
        ◎ハワイがサブプライムでも値崩れしなかった理由とは?
        ◎世間で言われている「ハワイに投資する利点」は本当にメリットなのか?
        2. “地に足のついた”投資を行うために
        ◎「プロの目線」の先にあるもの
        ◎一般投資家が採るべき戦略とは
        3. 良い業者は、良い顧客を求める
        今週の宿題:「実需」に基づいた物件を探してみよう
        今週のQ&Aコーナー:知人の購入した商品は、ブラック案件なのでしょうか?
        編集後記:発売前ながら、売れ行きが好調です!

        【Vol.83】『2017年特集・総復習号!』目次(1/4)
        イントロ:2017年はどんな年だったのか?
        「2017年特集・総復習号!」〜2018年を迎えるに当たって、2017年を振り返る〜
        編集後記:「仮想通貨について知りたければこの1冊!」を目指しました。
        → 2018年1月のバックナンバーを購入する

        VIX指数(恐怖指数)とは?わかりやすく解説します

        担当:やさしい株のはじめ方編集部

        上のチャートは、「国際のETF VIX短期先物指数(1552)」の2か月間の値動きを表したものです。2020年2月24日付近から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて株式市場が下落していました。 それに対して、 恐怖心と向き合う投資戦略 VIX短期先物指数は右肩上がりで上昇 を続け、1口あたり6,000円だったのが18,000円になっています。このように、相場の急落局面で値上がり益が手に入るので、 リスクヘッジ先として有効 です。

        4.日本版VIX指数「日経平均VI」

        日経平均VIは、“ 投資家が予想する日経平均株価の変動幅 ”を指数にしたものです。VIX指数の日本版と考えておけばよいでしょう。この指数はSBI証券でチェックできます。

        日経平均VI

        上のチャートは、日経平均VIの2か月間の動きを表したものです。VIX短期先物指数と同じで、2020年2月24日付近から新型コロナウイルスの影響を受けて、日経平均VIが上昇しています。そして、2020年3月17日には「 56.47 」を付けています。

        一般的に警戒領域と言われる「30」を大きく超えており、相場が急落で 恐怖心と向き合う投資戦略 大荒れ となっているのがわかりますね。

        VIX指数や日経平均VIは、 株式市場の温度感を知る のに役立つほか、 投資タイミングを見極める のにも使えます。株式市場の暴落時は、これらの指数が急上昇します。優良企業が割安な株価まで下がる場合があるので、絶好の投資タイミングになるかもしれません。

        また、 VIX指数に連動した金融商品 があります。この金融商品は、VIX指数が上昇することで、利益が出る仕組みです。株式市場が暴落したときは、保有株で大きな含み損を抱えるかもしれませんが、このような金融商品を リスクヘッジ として買うことで、含み損を相殺できます。暴落時にはうまく使って、損失を最小限に抑えたいですね。

        イノベーションを起こす!事業創造マインドセット(管理職向け)

        仕事

        第1章 事業を創る為の基礎的な認識とマインドセット
        第2章 事業を創る為の考え方
        ・ 第1節 事業環境分析
        ・ 第2節 ビジョニング
        ・ 恐怖心と向き合う投資戦略 第3節 インサイトを得る
        ・ 第4節 市場機会の見極め
        第3章 未来に向けたアクションプラン

        <第1章 事業を創る為の基礎的な認識とマインドセット>

        イノベーションとは?

        イノベーションの在り方の変遷

        現在
        商品ビジネスモデル
        技術ドリブン価値ドリブン

        イノベーションはなぜ重要か?

        マインドセットとして心に留めて頂きたい事①

        既存事業の推進と新規事業の推進
        既存事業の推進 新規事業の推進
        維持する創る
        保守する切り拓く
        運営イノベーション
        オペレーションを推進する事と、イノベーションを推進する事の違い
        恐怖心と向き合う投資戦略
        オペレーションを
        推進するという事
        イノベーションを
        推進するという事
        不確実性 低い高い
        価値失敗の回避失敗からの学び
        求められる
        オーナーシップ
        モニタリングして
        目標達成を目指す
        果敢に挑戦し
        すぐに軌道修正する

        マインドセットとして心に留めて頂きたい事②

        徹底した顧客目線と豊かな社会の実現への貢献は、会社の理念でありDNAである。
        • 「○○が簡単・便利になったら、社会は豊かになるはずだ」という発想から、ビジネスは始まります。
        • 「どうやったら儲かるかを考えるな」ということではありません。大切なのは考える順番です。「 どうやったら社会は豊かになるだろうか 」をまず考えるべし。社会が豊かになるようなサービスを世の中に提案していけば、利益は自ずとついてきます。

        マインドセットとして心に留めて頂きたい事③

        成功するイノベーションは単純である

        あなたにお伝えしたい事

        おそらくあなたが、もはや「イノベーション」だとも思っていないイノベーション

        エスカレーター = 動く階段
        空港出発掲示板 恐怖心と向き合う投資戦略 = 自ら表示内容を変える掲示板

        エスカレーター=動く階段、空港出発掲示板=自ら表示内容を変える掲示板

        あなたがもしかしたら「イノベーション」だと思っているイノベーション

        Airbnb = 空いている部屋を貸し出す
        iPhone = iPod+携帯電話+ネット通信機器

        Airbnb=空いている部屋を貸し出す、iPhone=iPod+携帯電話+ネット通信機器

        これらの例からあなたに気付いて頂きたい事

        小さな「なぜ?」がイノベーションの種

        • いくつか例を挙げてみましょう。
          • メールにファイルを添付して、ええとその前にファイル自体にパスワードをかけて、誤送信を防ぐために宛先を確認して…ああ、なぜもっと簡単にファイルを関係者と共有できないんだろう?(→Dropboxやboxなどのオンラインストレージ)
          • なぜ、見たいテレビ番組を見るために、その時間にテレビの前にいなければならないのだろう?それがイヤなら高額なレコーダーを買って、なんでわざわざ録画しなければならないのだろう?(→Netflixなどの動画配信サービス)(レンタルDVDの事例を変えた)
          • なぜ海外に送金するのはこんなにも手数料が高いのだろう?(→海外送金サービスTransferWise)

          <第2章 事業を創る為の考え方>

          「第2章 事業を創る為の考え方」では次の事を学んでいきます。
          【1.事業環境分析】 資料を理解するために、ビジネス環境の情報を集め分析する。
          【2.ビジョニング】 未来に影響を及ぼす不確実性を見極め、来るべき未来のシナリオを描く。
          【3.インサイトを得る】 顧客の視点に立って、彼らの「ジョブ」を満たすための洞察を得る。
          【4.市場機会の見極め】 事業環境分析の内容を踏まえ、自社の戦略立案の方向性を検討する。

          【1.事業環境分析】資料を理解するために、ビジネス環境の情報を集め分析する。【2.ビジョニング】未来に影響を及ぼす不確実性を見極め、来るべき未来のシナリオを描く。【3.インサイトを得る】顧客の視点に立って、彼らの「ジョブ」を満たすための洞察を得る。【4.市場機会の見極め】事業環境分析の内容を踏まえ、自社の戦略立案の方向性を検討する。

          <第2章 – 第1節 事業環境分析>

          事業環境分析とは

          事業環境分析の意義

          • 仮に事業環境を全くリサーチしないで、商品・サービスのアイディアだけで大成功してしまったとしても、それはまぐれで成功したという事であり、成功した理由が自分でわかっていないという事である。
          • 恐怖心と向き合う投資戦略
          • そのような成功は、環境に恵まれて成功しているだけであるから、環境の方が変わってしまったときに軌道修正の方法が自分でわからないので自滅していってしまいます。
          • 事業創造を成功させるものは、事業環境と自分のビジネスの関係性を必ず見極めています。「想定外に成功」してしまったとしても、成功し続けるためにはどうしたらいいかを考えます。

          事業環境分析の手法

          各企業の思惑とは
          無関係に起こっている事
          “マクロ環境
          各企業の思惑で
          起こっている事
          “ミクロ環境
          PEST 3C

          PEST分析とは

          恐怖心と向き合う投資戦略
          分析の観点例:産業用ロボット業界PEST分析
          Politics
          (政治要因)
          金融緩和・税制改革・外交関係の変化等・先進国(日本を含む)においては、特にロボット導入に積極的(労働力不足対策の為)
          Economy
          (経済要因)
          景気動向・為替動向・金利動向・雇用動向等・輸入先である自動車業界や電気・電子業界のグローバル化、並びに競争激化によるコスト削減圧力増(自動化ニーズ大)
          Society
          (社会要因)
          人口動態の変化・生活様式の変化・社会問題への対応等・日本においては、今後、少子化により労働力が不足する。・発展途上国における自動車用途・電気電子機器用途の拡大
          Technology
          (技術要員)
          技術革新・新しい技術への投資等・技術の進歩により、産業用ロボット導入の利用領域は拡大が見込まれる。(例:自動車業界、溶接・塗装領域→組み立て領域等)

          3C分析とは

          分析の観点例:産業用ロボット業界3C分析
          Customer
          (顧客)
          市場規模、セグメント、顧客の購買基準、購買プロセス等・作業用ロボットの市場規模は年間●%で成長
          ・購買者の購買基準は、機能性からアフターサービスの充実に徐々に移行
          Competitor
          (競合)恐怖心と向き合う投資戦略
          競合は誰か、競争力の比較、ポジショニング、参入障壁等・産業用ロボット業界における競争 相手はA社B社C社
          ・A社は高価格帯、B社は…
          ・参入障壁は比較的高め
          ・一方それでも徐々に新規参入者が増えてきている
          Company
          (自社)
          競合と比べた際の強み・弱み(財力、技術力、ブランド等)・産業用ロボット業界における当社の強みは、技術力、ブランド力、…
          ・弱みは、資金力と組織力、…

          <第2章 – 第2節 ビジョニング>

          ビジョニングとは

          ビジョニングの意義

          • 事業環境分析を行っただけでは、事業を取り巻く環境に「詳しくなった」だけに過ぎません。
          • そこから、「ではどんあ未来が到来するのだろうか」「それに対して自分たちはどうしたいのか」を考えてはじめて、「事業を創る者」となります。

          ビジョニングの手法

          事業環境分析で得た情報から「きたるべき未来」を描き、それに対する意思を明確化するには、下記のようなステップで考えを深めていきます。
          【ビジョニングの3ステップ】
          1.PEST分析及び3C分析で出てきた情報から、未来の「変化の兆し」=鍵となるトレンドをピックアップします。
          2.「変化の兆し」から、「それで何が起こるのか?(And then,what will happen next?)」を繰り返し自身に問いかけてみます。
          3.それが「自分達のビジネスにどう関係するのか」「自分達には何が求められているのか」が明確にわかるレベルまで考えを深堀りします。

          <第2章 – 第3節 インサイトを得る>

          インサイトとは

          インサイトの意義

          • 顧客の視点で物事を捉え、顧客が何を見、聞き、何を感じているのかをつぶさに観察し、その観点から考える事は欠かせません。
          • インサイトを得ることによって、ビジネスのアイデアは発案者の独りよがりなものではなく、本当に想定するユーザの欲求を満たすものなのかが検証されブラッシュアップされていきます。

          インサイトを得る方法

          バリュープロポジション・キャンバス

          バリュープロポジション・キャンバスの各要素

          <第2章 – 第4節 市場機会の見極め>

          市場機会の見極めとは

          市場機会の見極めの意義

          • しっかりとした見極めを行っていないと、事業を進めるうちに、自社の戦略に不都合が生じるリスクがあります。例えば
            • ニーズはあったので商品を展開しようとしたが、自社は不得意だった
            • 自社が得意なので大きく売り出したが、ニーズが全くなかった 等

            自社の戦略・方向性を打ち出すに至る考え方

            事業分析と市場機会の見極め

            SWOT分析とは

            内部環境SStrength自社の強みは何か?
            内部環境WWeakness自社の弱みは何か?
            外部環境OOpportunity自社にとっての機会は何か?
            外部環境TThreat自社にとっての脅威は何か?

            SWOT分析の意義

            • 同じ状況を「機会」と捉えるか「脅威」ととらえるかは企業の状況によって異なります。
              • 他社にとっては「脅威」に見える状況でも、自社の強みと照らし合わせる事で、それが自社にとっての「機会」になることもあり得ます。

              SWOT分析の方法「クロスSWOT分析」

              クロスSWOT分析

              クロスSWOT分析の例

              <第3章 未来に向けたアクションプラン>

              第3章の位置づけ

              これから考えて頂く事

              ・現状整理①
              ・3年後を見据えた中で、どのようなお客様を創っていきたいですか
              ・現状整理②
              ・上記を目指すために、まずこの1年間で行動すべきことはどのような事ですか
              ・本読み物を読んだ後
              ・事業創造での学び・気づきを記載してみてください。
              ・アクションプランの実践
              ・現状整理を踏まえて、明日から日々行っている業務の中で具体的に「止める」「始める」「続ける」か記載して下さい。
              止める事/続ける事/始める事
              ・アクションプランの実践
              ・左記を踏まえて「上手くいった事」「上手くいかなかった事」「その理由」を記載ください。
              上手くいった事/その理由/上手くいかなかった事

              関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる