取引ルール

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

→FXブロードネットの口コミを見てみる

テクニカルが効くのは参加者増の時間帯のみ! 各時間帯の主役通貨を見極めて劇的に勝てるようになる方法

テクニカルが効くのは参加者増の時間帯のみ! 各時間帯の主役通貨を見極めて劇的に勝てるようになる方法

【アップデート前 Cross EA System】 2020.7月〜2021.9月1日までのフォワード実績 myfxbookデータ

【アップデート後のCross EA System】 2021.10月22日〜2022.7月1日現在のフォワード実績 myfxbookデータ



無料 自動売買システム(EA)

【Cross EA system 2.0 GOLD通貨】2022.7月1日現在のフォワード実績

【衝撃】ニートこそFXをするべき意外なメリットとは?

メリット

FXで借金をする仕組みは?|失敗する人の特徴3つと具体的な解決策5つを解説 今回はFXで借金を負ってしまう原因と対策を紹介していきます。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXをすると借金をするのではないかと心配ですよね。 実は、FX.

片手間でやる

注意点

プロでも勝てるようになるまで1年~2年かかったという人も多いです。

すべての時間でトレードしようとする

注意点

チャートを見ているとトレードをしたくなります

すぐにトレードしてしまう 「ポジポジ病」 などと言われています。

ポジポジ病を発症させないために、プロは自分の得意なパターンだけで取引をするように心がけます。

また、 FXの相場では動きやすい時間と動きが鈍い時間帯 があります。

日本時間の16時~ロンドン市場が開き、21時~ニューヨーク市場が開き、この時間帯は値動きが活発になります。

FXを始めるならLIGHT FX

おすすめ度
使いやすさ A+
安全性 A+
取引通貨単位1000通貨
通貨ペア数23通貨ペア
スワップポイント80円
スプレッド(米ドル円)0.3銭
キャンペーン50000円

資金があまり用意できない方でもまずはLIGHTFXで試してみるのがおすすめです。

さらにキャッシュバック50,000円のキャンペーンも開催しているので、キャンペーンが終わる前に口座の開設をするのがおすすめ。

今のうちに口座開設しておきましょう!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

【まとめ】ニートの方にFXはおすすめ

fxニートまとめ

ニートは時間が多くあるため、FXを学ぶには最適な環境です。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

▼FXの始め方は以下の記事で解説しています!

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

【FXはボラティリティが重要】値動きの勢いはインジケーターで把握!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それとも、
②真夏に、海の家でかき氷を販売する

冬に、寒すぎる街中でかき氷を売る
=ボラティリティが低いときにトレードすること

夏に、海の家でかき氷を売る
=ボラティリティが高いときにトレードすること

これは特にスキャルピングや短期のデイトレードといった
短期トレードで強く意識します。

ただ、その人の手法とか狙い方によってチャンスは変わってきますが、
常に毎日~毎時間、同じように活発に動いてるわけではないので、
ほとんど値動きがなくて方向もハッキリしてないときに、
無理にトレードすると大体は失敗します。失敗する可能性を高めてしまいます。

それを把握するためには
ボラティリティを確認する「インジケーター」を取り入れるのが手っ取り早い です。

チャート例:ボラティリティの有無

時間帯によって、日本の市場が開いている時間や、
外国の大きな市場が開いている時間が分かれているので、
それによってボラティリティが左右されることも多々あります。

で、ここまでチャートを見てみて、
「リアルタイムに自分の判断で確認するのは難しそう・・・」

と思われた方も多いと思います。
なのでここから、 ボラティリティを確認するインジケーター について
説明していきます!

ボラティリティを確認するインジケーター

まず、このインジケーターを使用するにはPC用のチャートソフト、
「 MT4 」が必要になります。ない人は準備してみましょう!

OANDA JAPAN
FXトレードフィナンシャル

HT_Volatility_Info

わたしの知り合いの方にHTブログさんという方がいらっしゃるのですが、
その方が開発したMT4のインジケーターで
「HT_Volatility_Info」というものがあります。

わたし的にはATRは「6.0以上」VRは「0.9以上」の数値があれば
ボラティリティがあるなーと判断します。

ただ、主に注目するのは「 禁止マーク 」です。

ボラティリティが低い(ない)状態では、
チャートに禁止マークが表示されます。
基本的に、このマークが出ているときはよほど根拠がなければ
トレードをしないのが無難という考え方になります。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

何にしても、前回の記事で説明した、「チャートを縮小する」ことで、
感覚的にも、ボラティリティの有無や、トレンドを確認しやすいです。


Zigzagというインジケーターを入れていると、
自動で値動きを波線で表示してくれるのですが、

ボラティリティが低いときは波線の幅が短く
ボラティリティが高くなってくると、波線が直近の値動きとくらべて、
長くなってくる
ので、そういった部分でもある程度判断できます。

商品先物取引とFX(くりっく365)のサンワード貿易株式会社

日本の円、米国のドル、イギリスのポンド、EU(欧州連合)のユーロなど異なる通貨を交換することを一般に、外国為替といいます。
このときの交換レート(=為替レート)は、市場における需要と供給で決まります。
また、外国為替には取引所がありません。世界中の銀行などが取引している銀行間(インターバンク)市場とは、24時間動いている電子ネットワーク上のマーケットです。
このような外国為替の仕組みを取り入れたものが、「外国為替証拠金取引」というものです。
外国為替は英語で「Foreign Exchange」ですが、外国為替に関係した人や外国人は「Forex」 と呼んでいました。
FXとはこの「Forex」に由来し、1998年の外為法改正で解禁され、個人でも取引が可能になった外国為替証拠金取引がいわゆる「FX取引」と呼ばれています。
個人投資家が外国為替市場に参加するには「FX取引」が最も手軽な方法です。少ない資金でレバレッジを効かせ、安い手数料で買いからも売りからも取引できます。

外国為替市場(対顧客市場)の参加者

外国為替市場とは?

外国為替市場といっても、東京証券取引所のような物理的な取引所で取引が行なわれているわけではありません。
外国為替取引は、主に電話やコンピューターなどの通信回線で形成されるネットワークを介して、外国為替銀行、為替ブローカー、中央銀行などを中心に、売り手と買い手が一対一(相対)の関係で、通貨、数量、価格などを決める取引が行なわれています。
一般的には金融機関のみが参加する市場である「インターバンク市場」のことを外国為替市場と呼びます。

外国為替市場とは?

グローバルな市場

外国為替(FX)は世界中で行なわれており、時間も価格もグローバルに連鎖する巨大なマーケットです。
各国の金融機関の営業時間中に最も活発に取引が行なわれており、1日の動きを追うと、ニュージーランドに始まり、日本などのアジア、中東、イギリスやドイツなどの欧州、最後にアメリカといったように、時差によって活況な時間帯が24時間途切れずリレーのように繋がっています。
取引が活発に行なわれている時間帯を「○○市場」と呼び、ニューヨーク市場、ロンドン市場、東京市場が三大市場と呼ばれています。
なお、外国為替市場は24時間眠らないマーケットではあるものの、各国の金融機関が休業する週末(土・日)や元旦などは、インターバンク市場に参加する金融機関が不在となるため、原則として取引は行なわれません。

グローバルな市場

外国為替取引は、「売り方」と「買い方」の当事者の間でレートや数量などの条件が合致すれば取引成立する「相対取引」です。
株式取引や商品先物取引の場合は、市場参加者全員が取引所に注文を出すことによって取引が成立する「取引所取引」であるため、同じ時間に取引される株価や商品価格は同じ値段となります。
一方で外国為替は世界中の多数の参加者が「相対取引」で取引を行なうために、「為替レート」は同一時間であっても複数存在することになります。
新聞やテレビなどで報道される「為替レート」は、報道機関に情報を提供している情報配信会社(ロイター通信・時事通信など)が複数の市場参加者から情報を入手し、その時点のおおまかな為替レートとして公開している参考値であり、その為替レートで取引できるという意味ではないのです。

相対取引

変動要因

買気配と売気配

買気配と売気配

テレビニュースでは「1ドル、102円10銭から12銭・・・」などと報道されます。
また、このサイトのマーケット情報でも米ドル/円を「買気配102.10円」「売気配102.12円」という具合に分けてご案内しています。
これらは1米ドルを102円10銭から12銭の間で買うことができるということではありません。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
「買気配」とは「102円10銭というプライスならば米ドルを買ってもよい」というオーダーがあることを示し、「売気配」とは「102円12銭というプライスならば米ドルを売ってもよい」というオーダーがあることを示します。
FXは相対取引ですから(詳細は 4. 相対取引 をご覧下さい)、もしお客様が米ドルを買うとすれば売気配と相対して成立し、米ドルを売るとすれば買気配と相対して取引が成立します。
また、店頭形式FXでは買気配ののことをBid、売気配をAskと呼ぶ会社も多いようです。

スワップポイント

スワップポイントとは、異なる2通貨の売買によって発生する通貨間の金利差調整分のことをいいます。
高金利通貨を買って、低金利通貨を売った場合、2通貨間における金利差(スワップポイント)を得ることができます。
今、豪ドル円のレートが85円、豪ドル金利1.5%、日本円金利0.1%の時、高金利通貨である豪ドルを買って、低金利通貨である円を売った場合、 その金利差1.4%を受け取ることができます。(1万通貨あたり約33円/日、2016年12月現在 ※実際のスワップポイントは各社によって異なります)
但し、高金利通貨を売って、低金利通貨を買った場合はスワップポイントの支払いが生じますので、ご注意ください。

スワップポイント

注意 デイトレード(日計り取引)ではスワップポイントは発生しません。
原則として、NY時間の17時(日本時間 夏時間は朝6時、冬時間は朝7時)を跨いでポジションを持つと買いポジション、売りポジションに対してそれぞれ1日分のスワップポイントが発生します。
また、水曜日から木曜日に渡ってポジションを持った場合は、原則、3日分のスワップポイントが発生します。
スワップポイントは、各国中央銀行の金利政策や為替レートの変動などにより日々変動していますのでご注意ください。

FXの特長

1.小額から始められる

小額から始められる

2.買いと売り、どちらが先でもOK

例1)円安になる!と予想した場合は・・・

円安になる!と予想した場合

この場合は、「ドルを買って、円を売る」 新規の買い注文を入れます。
そして、USDJPY を100円50銭で1万通貨を買った後、予想通りに105円台まで円安になったので、105円50銭で売りました。
この人の損益は (105円50銭-100円50銭)×1万通貨=5万円の利益(手数料、スワップポイント等は考慮されていません)

例2)円高になる!と予想した場合は・・・

円高になる!と予想した場合

この場合は、「ドルを売って、円を買う」新規の売り注文を入れます。
そして、USDJPYを105円50銭で 1万通貨を売った後、予想通りに100円台まで円高になったので、100円50銭で買戻しました。
この人の損益は(105円50銭-100円50銭)×1万通貨=5万円の利益(手数料、スワップポイント等は考慮されていません)

3.分かりやすいのもFXの魅力

4.取引の決済期限がない

FXでは、決済期限ありません。 原則として一度取ったポジションをいつまでも持ち続けることができるということです。 外国為替市場(インターバンク市場)では、為替取引の資金決済を2営業日後に行う慣習になっています。 しかし、FXでは、毎日その決済日を翌日に先送りすることによって、ポジションを清算する時点で、取引口座内で損益を差金決済する仕組みになっています。
このポジションを翌営業日に持ち越すことをロールオーバーといいます。

5.ほぼ24時間取引可能

為替取引は基本的に常に世界中で行われています。
東京~ロンドン~ニューヨーク~シドニー~東京とメインの場所を変えながら 24時間取引が行われているわけです。 現在のFXは、大部分がインターネット経由で取引しますので、24時間リアルタイムに取引が可能になっています。
しかし、土日などの休日は取引が行われないため、日本時間月曜午前7時~ニューヨーク時間の金曜午後5時までが、取引可能時間となります。
これに比べて外貨預金では、毎日10時前に仲値が決められ、その日は1日そのレートで取引が行われます。 為替変動に柔軟に対応できることを考えると、大きな利点と言えます。

東証の取引時間を完全ガイド!取引開始時間と終了時間、大納会と大発会をわかりやすく解説

取引時間外に注文を出すには、ネット証券を利用する必要があります。時間外取引の詳細については、「時間外取引と「ネット注文」」をご覧ください。

東証の取引時間は年中同じ?

2011年の11月まで、上記の取引時間ではありませんでした。本来は、11:00までが前場の取引時間でしたが、30分引き延ばし、現在の取引時間になったのです。

大納会とは

また、大納会は、立会終了の鐘を鳴らすことが恒例となっており、参加者には持ち帰り用の手打ちそばが贈呈されます。このような形式で行われるようになったのは、2002年からです。

大発会とは

2018年の大発会当日の株価上昇は1996年以来の記録です。1996年の大発会後の終値は749円85銭となっており、2018年の記録はこれに迫るものであったことがわかります。

大納会や大発会の取引時間はいつもと同じ!

なぜ、ミリ単位の処理時間にこだわるのかというと、それは、株取引が非常に厳密に行われなければならないものだからです。株価は常に変動しています。注文してからできるだけ早く、その処理を行えなければ、利益を上げることは難しいでしょう。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯

東証以外の証券市場での取引時間はどうなっているの?

各証券所の取引時間
証券所 取引時間
東京証券取引所 前場AM9:00~AM11:00 後場PM12:30~PM15:00
名古屋証券取引所 前場AM9:00~AM11:30 後場PM12:30~PM15:30
福岡証券取引所 前場AM9:00~AM11:30 後場PM12:30~PM15:30
札幌証券取引所 前場AM9:00~AM11:30 後場PM12:30~PM15:30

御覧の通り、どの証券所も営業時間が統一されています。これは、上述のように、国内最大規模の取引所である東京証券取引所が基準になっているのです。

東証の取引時間の確認方法

しかし、専門用語(テクニカルターム)を覚えておくことで、読み取れる情報の範囲が広がります。

世界の株式市場の取引時間

今後、予測されることとしては、世界三大証券所に合わせて、日本の証券所も24時間取引可能になるのではないか、ということです。

株の売買注文は土日でもほぼ24時間出すことができる!

自分がどのタイミングで買いたいのか、もしくは、売りたいのかを把握しておくことが非常に大切になります。上記2つの注文方法は、自分の希望に合わせて使い分けることが大切なのです。どちらが良い、どちらが悪い、というわけではなく、状況に合わせて使い分けましょう。

24時間ノンストップで受け付けていないことに注意!

また、システムメンテナンスによって受付が終了することもあるため注意しましょう。東証の注文受付時間は5:00から翌日の3:00までです。受付中断時間は前場終了から11:35、後場終了から15:40頃までとなっています。なお、休業日がないため、休業日以外の日はすべて同じ時間帯に行われます。

時間外取引を可能にする「ネット注文」とは

前場と後場の間は、仕事の昼休憩の時間帯と被ります。仕事の昼休憩の間に取引をしたい方もいるでしょう。そのような方にとって、時間外取引が可能になるネット注文は大変便利です。

時間外取引のネット注文のメリットとデメリット

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
「時間外取引」のメリットとデメリット
メリット デメリット
・受付時間が長い!
解説
昼間に仕事をしている一般投資家でも、
安心して市場に参加することができます。
・希望価格にならないと取引が成立しない!
解説
注文は指値注文となります。
つまり、売買したい値段以上(または以下)FXの取引時間 取引が活発な時間帯 でないと、
取引が成立しないのです。

取引時間は前場と後場で間があります。昼間の時間の空いているときに取引が可能になることで、一般の方でも簡単に市場に参加できるのが大きなメリットでしょう。
FXの取引時間 取引が活発な時間帯

夜もリアルタイムで取引できる「PTS」システムを使おう!

夜に取引したい方はPTS(Proprietary Trading System)の利用をお勧めします。PTSは証券会社が独自に持っている取引システムのことです。PTSによって、市場を通すことなく、証券会社内で取引が行えます。つまり、前場後場関係なく、取引が可能になるシステムだということです。

一般投資家が取引できるPTSの証券会社はSBI証券の1社のみとなります。仕事などの都合上、夜間取引を行いたい方は、SBI証券を選ぶことになることに注意しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる