FXスマホアプリ

日経平均株価とTOPIX

日経平均株価とTOPIX
TOPIXの算出方法は、加重平均の時価総額型です。具体的には、東証第一部の毎日の時価総額を、基準日の時価総額で割って算出します。「東証第一部の毎日の時価総額」とは全上場株をある日の終値で評価した数値の合計額です。「基準日」とは1968(昭和43)年1月4日の時価総額8兆6,020億5,695万1,154円です。基準日の時価総額は100として計算します。これらを踏まえた計算式は以下の通りです。

日経平均株価とTOPIX

相場の全体感を確認するには?

株式相場の全体感を判断するには個別銘柄の値動きではなく、株価指数の動きを見ることが一般的です。
日本に株価指数は数多くありますが、代表的な株価指数といえば「日経平均株価(以下日経平均)」と「東証株価指数(以下TOPIX)」ではないでしょうか。
この2つの指数に関しては、 「どちらもよく聞くけれど、違いが分からない」 「どちらを見るべきなのか分からない」 などの疑問を持った方も多いと思います。

日経平均とは

日経平均(日経平均株価)とは 東京証券取引所第一部上場銘柄のうち 、市場を 代表する225銘柄を対象 とした相場全体の流れをつかむ株価指標として最も利用されている代表的な株価指数です。
戦後、東京証券取引所が再開された1949年5月16日の単純平均株価176円21銭より算出されており、投資家だけでなく一般の人にも親しまれています。
日経平均株価は東証一部上場の225銘柄を構成銘柄として、それらの銘柄の 株価の単純平均をベースに 新株落ち分を修正して株価に連続性を持たせています(日経225=225銘柄の株価合計÷除数)。
その修正方式がアメリカのダウ・ジョーンズ社の開発したものなので、かつては日経ダウと呼ばれていましたが、1985年5月にその権利を日本経済新聞社が買い取り、株価の算出と発表をするようになりましたので、日経平均株価となっております。

定期見直し、見直し手順

  1. ① 市場流動性の計測
  2. ② 高流動性銘柄の採用と低流動性銘柄の除外
  3. ③ セクターバランスによる採用・除外

臨時入れ替え対象事由

  1. ・整理銘柄への指定
  2. ・被合併、株式移転、株式交換など企業再編に伴う上場廃止
  3. ・第2部への指定替え

日経平均は一部の銘柄の影響を受けやすい?

  • ・対象銘柄は225銘柄
  • ・株価の単純平均をベースに算出している

表1

なんと 上位10銘柄で日経平均に占めるウエートが38%にもおよぶ ことが分かります。
そして1位のファーストリテイリング(9983)だけでも1割近いウエートを占めています。
このことから 日経平均は一部の銘柄の値動きに影響を受けやすい株価指数 といえるかもしれません。

日経平均の特徴

TOPIXとは

日経平均と並ぶ日本を代表する株価インデックスの1つであり、東京証券取引所が1969年7月1日から公表している株価インデックスです。
東証一部上場全銘柄を対象 に、日々計算し発表している株価指数で、東証第一部の毎日の時価総額(全上場株をある日の終値で評価したものの合計額)を基準日の時価総額で割って算出されます。
基準日とは1968(昭和43)年1月4日です。
この日の時価総額8兆6,020億5,695万1,154円)を100として、毎日の時価総額を指数で表したものがTOPIXです。

それぞれの指数の特徴と関係は?

Yahooファイナンスアプリより

東証株価指数(TOPIX)とは

Yahooファイナンスアプリより

TOPIX は東証一部に上場している 全銘柄(2000銘柄以上)を対象とした指標 です。
1968年にTOPIXの公表が始まり、この年の1月4日時点の東証一部の時価総額を100として、その後の時価総額を指数化したものが現在のTOPIXの数値となっています。

日経平均株価とTOPIXの違い

日経平均株価は株価が高い銘柄の影響が強く、TOPIXは時価総額の高い銘柄に影響を受ける

日経平均株価 構成比率トップ10

ファーストリテイリング(9983)8.77%
東京エレクトロン(8035)7.46%
ソフトバンクグループ(9984)4.85%
ダイキン(6367)2.98%
ファナック(6954)2.76%
リクルート(6098)2.69%
アドバンテスト(6857)2.49%
KDDI(9433)2.日経平均株価とTOPIX 43%
テルモ(4543)2.38%
信越化(4063)2.38%
※2021年11月22日時点

時価総額ランキング

トヨタ自動車(7203)約34.3兆円
キーエンス(6861)約18.1兆円
ソニーグループ(6758)約18兆円
リクルート(6098)約12.8兆円
ソフトバンクグループ(9984)約11.8兆円
日本電信電話(9432)約11.6兆円
東京エレクトロン(8035)約9.9兆円
三菱UFJ(8306)約8.5兆円
信越化(4063)約8.4兆円
日本電産(6594)約8兆円
※2021年11月22日時点

日経平均株価とTOPIXの相対的な強さを表す「NT倍率」とは

日経平均株価とTOPIXの関係を表す指標を 「NT倍率」 といいます。両者の頭文字からNT倍率と名付けられています。
NT倍率は日経平均株価をTOPIXで割り、算出します。
直近5年間では約 12.5倍~15.5倍 で推移しています。
NT倍率が上昇しているときは、日経平均株価の方がTOPIXよりも強いことがわかります。

日経平均株価とTOPIXの違いは?各指数の特徴とチャートの見方について分かりやすく解説!

日経平均株価とは、東京証券取引所第一部上場銘柄のうち主要とされる選ばれた225銘柄を対象とした株価指数です。 もともと日経平均株価は、アメリカのダウ・ジョーンズ社によって開発された指標でしたが、1985年5月に日本経済新聞社が権利を買い取り、現在は日本経済新聞社が出しています。なお、アメリカのダウ・ジョーンズ社が出していた頃は「日経ダウ」と呼ばれていました。 ニュースでもよく耳にする日経平均株価は、最も注目度の高い株価指数であり、株式先物取引や株式オプション取引でも代表的な指数として利用されています。 ここからは、日経平均株価の構成銘柄・算出方法・特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

日経平均の構成銘柄

日経平均株価の算出方法
日経平均株価の算出方法

日経平均株価の算出方法

日経平均株価の特徴

・東京証券取引所第一部上場銘柄のうち225銘柄のみが対象
・株価が高い銘柄に影響を受けやすい

TOPIXとは

TOPIXとは、「Tokyo Stock Price Index」の略称で、東京証券取引所が1969年7月1日から公表している株価インデックスです。日経平均株価とともに日本を代表する株価指数です。「TOPIX」という名称で知られていますが「東証株価指数」と呼ばれることもあります。

TOPIXは、昭和43年(1968年)1月4日の時価総額を100として、毎日の時価総額を指数で表しています。 一般的には、日本経済の動向を示す指標として用いられていますが、ETFなどの金融商品のベンチマークとしても利用されています。 ここからは、そんなTOPIXの構成銘柄と算出方法、特徴を詳しく見ていきましょう。

TOPIXの構成銘柄

TOPIX算出方法

TOPIXの算出方法

TOPIXの算出方法は、加重平均の時価総額型です。具体的には、東証第一部の毎日の時価総額を、基準日の時価総額で割って算出します。「東証第一部の毎日の時価総額」とは全上場株をある日の終値で評価した数値の合計額です。「基準日」とは1968(昭和43)年1月4日の時価総額8兆6,020億5,695万1,154円です。基準日の時価総額は100として計算します。これらを踏まえた計算式は以下の通りです。

TOPIXの算出方法


TOPIX=(算出時の指数用時価総額÷基準時価総額(8兆6,020億5,日経平均株価とTOPIX 695万1,154円))×100

TOPIXの特徴

・東証一部上場のほぼ全銘柄が対象
・時価総額が高い銘柄の影響を受けやすい

日経平均株価とTOPIXの違いは?

ここまで、日本の代表的な株価指数である日経平均株価とTOPIXについて、それぞれ詳しくご紹介しました。 日経平均株価とTOPIX では、日経平均株価とTOPIXにはどのような違いがあるのでしょうか。

日経平均株価とTOPIXの主な違いは、算出方法・算出先・単位・対象となる銘柄数・影響を受けやすい銘柄などです。 例えば、算出方法について、日経平均株価は「株価平均型」であるのに対し、TOPIXは「時価総額加重型」です。また、算出先について、日経平均株価は「日本経済新聞社」、TOPIXは「東京証券取引所」という違いがある他、単位については日経平均株価は「円や銭」、TOPIXは「ポイント」という違いもあります。 このように、日経平均株価とTOPIXにはさまざまな違いがあります。 ここからは、「対象となる銘柄数」と「影響を受けやすい銘柄」の違いについて詳しく見ていきましょう。

銘柄数の違い

日経平均株価とTOPIXには、対象となる銘柄数にも違いがあります。 日経平均株価の対象となる銘柄数は225銘柄ですが、TOPIXは東証一部上場のほぼ全ての銘柄が対象です。具体的には、日経平均株価は225銘柄、TOPIXは4,000銘柄以上です。 また、日経平均株価の対象となる225銘柄は、1年に1度の定期入れ替えがあり、1年ごとに変わります。一方でTOPIXは定期入れ替えはなく、上場した企業が随時追加され、上場をやめた企業は随時除外されます。 このように、対象となる銘柄数に大きな違いがあります。

【市況】 【↓】日経平均 大引け| 大幅続落、景気減速懸念で半導体関連が売られる (6月30日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値 26753.28
高値 26753.28(09:00)
安値 26324.31(14:44)
大引け 26393.04(前日比 -411.56 、 -1.54% )

売買高 13億6402万株 (東証プライム概算)
売買代金 3兆2144億円 (東証プライム概算)

1.日経平均は大幅続落、2万6000円台前半まで水準下げる
2.米国株はNYダウが小高く引けたものの景気後退懸念高まる
3.朝方発表の鉱工業生産は予想を大幅に下振れリスクオフ拍車
4.半導体関連銘柄などの下げが目立ち、全体相場を押し下げる
5.値下がり銘柄数は1300超、プライム市場の7割を占める

日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は第一三共 、キッコマン 、武田 、塩野義 、大成建 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約8円。うち4円は第一三共1銘柄によるもの。
日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄は東エレク 、ファナック 、アドテスト 、SBG 、ファストリ 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約149円。

△サニーサイド [東証P]
22年6月期の業績上方修正と自社株買い実施を好感。
△データHR [東証G]
ディーエヌエ [東証P]が1株につき2200円でTOB。
△エネチェンジ [東証G]
新EV充電ブランドへ最大300億円投資を発表。
△サスメド [東証G]
世界初のブロックチェーン技術を活用した治験実施へ。
△リボミック [東証G]
「TGF-β1」アプタマー併用療法で抗がん剤の作用延長を確認。
△シダックス [東証S]
オイシックス [東証P]が26.5%相当の株式取得へ。
△三陽商 [東証P]
第1四半期経常は5億9300万円の黒字に浮上。
△三共興 [東証S]
300万株を上限とする自社株買い実施へ。
△サンリオ [東証P]
アリババ集団のグループ企業とライセンス契約締結。
△レオパレス [東証P]
東証が猶予期間入り銘柄の指定を解除。

▼アクシージア [東証G]
上海ロックダウンの影響で2~4月期営業益18%減。
▼東エレク [東証P]、レーザーテク [東証P]
市場成長鈍化見通しで半導体製造装置関連が軒並み安。

  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月29日版
  • ・デジタル時代の健康づくり、「PHR」関連・成長加速の銘柄リスト総チェック <株.. (06/29)
  • ・★本日の【サプライズ決算】速報 (06月30日)
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 12 銘柄 S安= 1 銘柄 (日経平均株価とTOPIX 6月30日)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(1):サンリオ、エネチェンジ、レオパレス (06/30)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(2):トヨタ、シダックス、サニーサイド (06/30)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(3):フォーシーズ、クロスフォー、ピアズ (06/30)
  • ・賢明なる勝負師、「王道&投機心」で資産テンバガーの80代現役投資家 (06/28)
  • ・新ステージ突入「不動産株」、インフレ耐性評価で本格浮上機運 <株探トップ.. (06/28)
  • ・明日の決算発表予定 日経平均株価とTOPIX アスクル、ニトリHDなど8社 (6月30日)

「TOPIX」「日経平均」の違いは?「PER」「PBR」はどんな指標?株式投資の基礎知識

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/7/4米フェデックスが2022年度第4四半期および通年の業績を発表 純利益は大幅減益か
  • 2022/7/42022.7.4 マーケットレポート【米ISM製造業総合景況指数は大幅悪化へ】
  • 2022/7/12022.7.1 マーケットレポート【PCEデフレーターを受けたインフレ鈍化の期待が高まる】
  • 2022/7/12022年7月1日 PCEデフレーター発表。インフレ鈍化見られ米国債金利は急低下
  • 2022/6/30ウォルマート、次世代フルフィルメントセンター開設へ。ネット注文の発送迅速化図る

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる