通貨ペア

海外FXのロールオーバーとは

海外FXのロールオーバーとは

最後になりますが、FXの取引はパソコンやスマホで簡単にできるようになっています。

海外FXのロールオーバーとは

しかし、通貨ペアによっては、
まれに売りをやっても買いをやっても、
スワップを支払わなければならないケースがあります。

中国元/円などの通貨ペア
中国元/円や韓国ウォン/円、台湾ドル/円、タイバーツ/円などの通貨ペアは、
売りスワップも買いスワップもスワップ支払いになっていることがあります。

これをスワップ金利で調整してから付与する形になるのですが、
中国元などの通貨は中国政府の政策により、
通貨を海外に持ち出せないため、ロールオーバーコストが大きくなるのです。

通貨同士の金利が拮抗している場合
たとえば、2007年4月ごろ英ポンドと米ドルの政策金利は、
両通貨とも5.25%と同じになっていました。

このケースのように、金利がほぼ同じ場合は、
ロールオーバーコストのみかかってくるので、
業者によっては、売りも買いも少しだけマイナスになっている場合があります。

海外FXのロールオーバーとは
流動性が急激に低下した通貨ペア
たとえば、高金利通貨として人気の高いアイスランドクローナですが、
2008年4月8日にヒロセ通商から以下のようなメールが来たことがありました。

このたびISKのリスクが高まっているとの事由により、
インターバンクのスワップポイントが大幅に変動し、
買いポジションでもスワップポイントがマイナスになっていると、
カバー先から通達がありました。

一時的なものであるとの見解ではありますが、
ISKのリスクが高くなっていることには違いありませんので、
お取引をされる場合は、十分ご注意いただきますようお願い致します。
----------------------------------------
ここまで

ということは、アメリカの大手ヘッジファンドなどが、
大量に買いに入った場合、買いポジションに偏りすぎてしまうと、
金利の払い手が足りなくなり、
仕方なく銀行は一時的に金利を下げざるを得なくなります。

他にも米ドル/メキシコペソなど、
売りでスワップを受け取れるはずの通貨ペアでも、
一時的に流動性が低下すると、両方の取引でスワップ支払いになっているケースは、
過去にありました。

これらの通貨に共通するのは、
流動性が低くなってしまった ということです。

どちらかに売買が偏ってしまうと、
金利の払い手と受け取り手のバランスが崩れてしまい、
両方の取引で支払いにせざるをえなくなるのです!

上記のISK/JPYのケースでは、
約4ヶ月ほどずっとマイナススワップになったままで、
2008年8月19日現在は従来通り、買いポジションでプラススワップに戻っていますが、
今後もこういったことが起こる可能性はあります。

ちょっと難しいのは、最後の流動性の問題による、
スワップの減少で、これは自分がポジションをとる段階では、
まったく問題ないように見えるのに、
突如こういった状況にもなりえるということです。

誰もが取引しているような流動性の高い通貨では、
まず起こりえないのですが、
あまり聞いたことがないようなマイナーな通貨ペアでは、
注意が必要です。

原油のCFD取引初心者のすすめ!買い方や手数料を徹底解説!

原油のCFD取引初心者のすすめ!買い方や手数料を徹底解説!

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)

原油の初心者向け解説③原油の取引方法、買い方

原油の初心者向け解説③原油の取引方法、買い方

原油の初心者向け解説④原油のCFD取引って何?

原油の初心者向け解説④原油のCFD取引って何?

原油のCFD取引にかかる手数料

原油のCFD取引にかかる手数料

「難しいことは分からない」「できるだけわかりやすい業者がいい」という初心者の方はDMM CFDが最適です。次はDMM CFDについて詳しく解説していきます。

原油のCFD取引ができる初心者おすすめ業者

原油のCFD取引ができる初心者おすすめ業者

DMM CFDの特徴は「取引ツールが初心者向け」「難しい操作が必要なく分かりやすい」「取引コストが安い」「サポートが充実している」という点。取引ツールは初心者向けの「DMMCFD STANDARD」と中上級者向けの「DMMCFD PLUS」の2種類です。

NISA(ニーサ)から積立NISAへの切り替えの注意点

nisa-kirikae


しかし、2018年の制度変更によって、
仮に上記の例のように、80万円の投資が160万円になった場合でも、
当初購入した株式すべてをロールオーバーできるようになった のです。

*NISA・ジュニアNISAにおける非課税期間終了時に年間投資上限額を超過した分も含めてロールオーバー(翌年の新たな非課税投資枠への移管)が可能となりました。

そのことにより、NISAの非課税制度の恩恵が受けられようになったのです。

NISAから積立てNISA切り替えに必要な手続き

今現在一般のNISA口座を使用している人が、 海外FXのロールオーバーとは
同じ金融機関で新たに積み立てNISAを始めたい場合は、
その年にすでに一般のNISA口座で買付けを行ったかどうかで手続きが異なります。 海外FXのロールオーバーとは


すでにNISA口座で買付けを行なっている場合、
その年の内に積立てNISAを利用することはできません。


また、一般のNISA口座を使用しているが、
その年の1月1日以降まだ買付けを行なっていない場合は、
その年の内につみたてNISAの利用を開始することができます。


手続きとしては、「金融商品取引業者等変更届出書(勘定変更用)」を、
現在NISAを利用している金融機関に提出すれば直ぐに開設する ことが出来ます。

NISAから積み立てNISAへの切り替え手順

NISA口座を利用している人が積み立てNISAを利用するなら勘定設定が必要 です。
すでに証券会社にNISA口座を開設していて、
マイナンバーを提出しているのであれば簡単に積み立てNISAに移項することができます。

*積み立てNISAと従来のNISAを併用することはできません。 海外FXのロールオーバーとは

勘定変更の手続きは、証券会社のマイページから行います。
海外FXのロールオーバーとは
①証券会社のホームページから勘定変更を申し込みます。
②申し込み後に証券会社から書類が届きます。
③届いた書類にサインして郵送する。


簡単に手続きが完了します。

積み立てNISAを開設したあとは新たにNISAで株式などを買うことはできません。

積立NISAとNISAの6つの違いを徹底解説!結局どちらがお得なの?

nisa口座

NISA(ニーサ)とは

積立NISA(ニーサ)とは

以前の投稿でご紹介したNISA口座ですが、今年から新制度が始まります。 その名もジュニアNISA。 NISAにジュニアという冠がつきました。ぱっと見た感じイメージ沸かないですね(笑) それではご紹介します。 海外FXのロールオーバーとは ジュニアN.

NISAと積立NISAは併用できない

NISAと積立NISAは残念なことに併用できない ため、投資家はどちらかの択一を迫られます。

NISAと積立NISAの違い

違い① – 年間投資枠

NISAは年間120万円まで 投資することができ、 積立NISAは年間40万円まで 投資することが可能です。

違い② – 積立の頻度

一方、積立NISAはその名の通り定期積立を前提としているため、毎月もしくは毎週や毎日といった風に、 積み立てサイクルと金額を決める必要 があります。

違い③ – 非課税の有効期間

従来のNISAの場合、 投資をした年から5年目の年末までが非課税有効期限 です。

一方の積立NISAは、投資実行してからの 非課税有効期限が20年 と長く設定されています。

違い④ – ロールオーバーの可否

NISAの非課税有効期限は5年と説明しましたが、5年を迎えた後もその金融資産を保持したいと考えた場合、 ロールオーバーという仕組みを使って最大10年まで延長 できます。

違い⑤ – 投資対象商品

NISAで投資できる金融商品は、現物株式・投資信託・ETFなど 種類が豊富 で、しかもそれら種類内の 大半の商品を購入可能 です。

一方で積立NISAは、 限られたインデックスファンド・アクティブファンド・ETFが投資対象 です。

違い⑥ – 制度の終了時期

現行NISAは2023年に制度が終了する ことになっており、あと5年程度の短い命です。

一方の 積立NISAの終了時期は2037年を予定 しており、上手に付き合えば長期的な資産形成に貢献してくれるでしょう。

NISAと積立NISAのメリットデメリット

ここまで見てきたNISAと積立NISAの違いから、改めて メリットデメリット を整理してみましょう。

制度 NISA 積立NISA
年間投資枠 120万円 40万円
積立の頻度 任意 毎月・毎週・毎日から選択
非課税の有効期間5年間(最大10年間) 20年間
ロールオーバーの可否 あり(プラス5年) なし
投資対象商品 大半の株式・投信・ETF 一部の投信・ETF
制度の終了時期2023年まで 2037年まで

どちらのNISAがお得か?

どちらのNISAを選ぶ方がお得か?

  • 投資対象はコスト効率の良い投資信託から選べれば十分である
  • 個別株には特に興味がない
  • 年間積立金額は40万円以下を予定している
  • できる限り長い期間おなじ非課税制度化で積立て運用を行いたい

投資初心者は積立NISAがおすすめ

筆者の個人的な見解ですが、 投資初心者には積立NISAをお勧め します。

その理由は、積立NISAで選択可能な投資信託は コスト効率の良い商品というお墨付きを金融庁から得ている からです。

FX初心者がまず理解しておきたい5つリスクを解説します


FXは 2つの通貨ペアの交換レート(例えばドルと円のペア)の値動きを利用して、その差益で利益を獲得する金融商品 になります。

片渕

よって、 元本の保証も無いですし、値動きの制限というのも無い ですね。

この、リスクと利益の割合のことを、リスクリワード比とよぶのですが、この 比率をどのようにコントロールさせていくことがとても大切 です。

(2)金利変動のリスク


ドルと円の通貨ペアの場合、 ドルを買っている(円を売ることで)状態もできれば、逆にドルを売っている(円を買うことで)状態も可能 です。

FXでは、こうしたドルを買っている・売っている状態を 「買い(売り)ポジションを持っている」や「買い(売り)ポジションを保有している」 と言います。

例えば今日、ドル円の買いポジションを持ったとして、翌日もそのポジションを持ち越す(ロールオーバーと言うのですが)と、 それぞれの通貨の金利差に相当する金利がつく のです。

これは、 1万通貨(今の値段であれば42343円以上あれば保有できる)の買いポジションを持って翌日になると、1日に57円の金利を受け取れる ということです。

もちろん値動きがあるので、 ギリギリの証拠金ではダメ で、すぐに証拠金不足となり強制的にポジションを解消(ロスカット)されてしまいます。

そのため、証拠金の4万ちょっとと合わせ 約15万程度であれば年間で2万ちょっとの金利が獲得でき、年利13%程度 になりますね。

よって、このように 計算通りにはいかないことが多く、金利変動がリスクの1つ として考えられています。

(3)流動性のリスク

外国為替の相場は、値幅の制限がないので、基本的にはいつでも買える(売れる)状態にあるため、 米国ドルやユーロ、円などのメジャーな通貨(ペア)であれば流動性が高い と言えます。

逆に、取引参加者が少ないと言われる マイナー通貨(トルコのリラや、南アフリカ共和国のランドなど)は、ポジションを決済したいときにできない可能性 もあり、流動性が低くリスクがあります。

また、通貨は経済のみならず、 国家間の政治や自然災害等の影響で急に変動 しますので、米ドルや円だから流動性リスクが無いわけではありません。

よって、これら いつ発生するかわからないリスクを踏まえた上で、どのようにリスクリワードを考えるかは、FXで買っていくためには重要なポイント になりますね。

(4)信用のリスク


ここでも信用リスクとは、FXを扱う取引先としての信用リスク、という意味になります。

片渕

実は、万が一会社が倒産してしまっても、 トレードする人たちの資産を守ることが2010年から法律で義務付けられるようになりました ので、大丈夫なようになっています。

(5)ネットワーク環境のリスク


最後になりますが、FXの取引はパソコンやスマホで簡単にできるようになっています。

なので、 FXの会社のシステムダウンすることで取引できなくなってしまうリスク が出てくるわけですね。

震災などで、一斉に停電が起きると ネットワークが使えなくなりますが、為替は常に変動 していますから。

(1)複数の会社のFX口座を持っておく

(2)電話による発注などができる会社を選んでおく

(3)常に為替相場をみなくても良い取引をしておく

片渕

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる