オンライン学習サービス

そのレバレッジは投資入門者には必要か

そのレバレッジは投資入門者には必要か
さて、今回は、少し複雑なお話をさせていただきましたが、皆さんご理解していただけましたでしょうか?

18歳からできる投資はありますか?

管理人ひっきーからの回答

  • 海外の証券会社・FX口座を開設
  • ポイント運用サービス
  • 未成年口座を開設

海外の証券会社・FX口座を開設

海外の証券会社・FX業者などは、18歳以上であれば、親の同意なしで口座開設ができるところが多いです。しかし、日本語のサポート体制が不十分であったり、レバレッジ取引 ※1 に手を出せてしまったり、 高いリスクが伴う のでおすすめしません。

レバレッジ取引は資金以上に取引できるので便利ですが、 借金と同じ ということを忘れてはいけません。成功すれば大きく儲かる一方、失敗すると元々あった資金をすべて失うだけでなく、 大きな借金を背負う 可能性もあります。

未成年の方が株式投資をはじめる場合、国内の証券会社で現物取引 ※2 からはじめましょう。国内にある証券会社の未成年口座は、レバレッジ取引がサービス対象外になっているので安心です。

ポイント運用サービスを使う

  • 楽天PointClub
  • Tポイント投資
  • PayPay「ボーナス運用」
  • dポイント投資
  • au Payポイント運用
  • クレディセゾン「永久不滅ポイント運用サービス」
  • THEO+docomo

未成年口座を開設する

20歳未満の方が自分で株式投資をするには、親御さんの同意書などの書類を用意して、「未成年口座」という証券口座を作る必要があります。未成年口座は、売買手数料が 無料 の証券会社が多いので、成年口座で取引する投資家に比べて有利です。

2022年4月以降なら、18歳~19歳も親の同意なしで株を買える

2022年4月から民法が改正され、成年年齢が 20歳→18歳 に引き下げられる予定です。そのため、2022年4月以降に18歳~19歳になる方なら、親御さんの同意なしで証券口座を開設できるようになります。

ただし、正確には「その年の1月1日において18歳以上」が条件になるので、口座開設する場合はあらかじめ条件を満たしているか確認してください。例えば、 2022年4月1日~2022年12月31日 の間に18歳の誕生日を迎える方は、 2023年1月1日以降 であれば、親御さんの同意なしで証券口座を開設できます。

ポンドの値動きが激しい理由は必要証拠金と取引量?ユーロドル、ユーロポンドとの相関について解説【初心者向け】【ロンドンヤクザ】

ポンド円月足_イギリス国民投票時の下落

ポンドは世界第4位の取引量

引用元:OANDA 通貨の取引量が多いのはどの通貨?

しかし、上記の棒グラフをご覧頂いてもわかる通り、 ドル(USD)・ユーロ(EUR)・円(JPY)とはそれなりに取引量に差があります 。ただでさえポンドは必要証拠金が高いにも関わらず、その中で他のメジャー通貨に比べると 流動性が低め なので、経済指標や要人発言等でより荒れた値動きになりやすいといえます。

ロンドンヤクザ・ギャンブル好きイギリス人の気質?

必要証拠金が高く、他のメジャー通貨に比べて流動性が低めというだけでは説明がつかないような 常軌を逸した値動きをたまにする というのがポンドに対する私の印象です。最近は随分大人しくなった印象ですが、以前はもっと節操なく上下に暴走してませんでしたっけ?w

欧州市場の時間にロンドンヤクザがドンパチやり合ってるように見えるのは、 ギャンブル好きなイギリス人の気質 という部分もあるような気がしています。イギリスといえば古くから ブックメーカーやカジノ といったギャンブルがあって、 合法化 されてる国ですよね?ブックメーカーに関してはスポーツ以外にも各国の政治に至るまであらゆるものが賭けの対象になってて、日本のニュースでも度々それが取り上げられてますよね。

【余談】イギリス国民投票(2016年6月23日)では僅か数時間で2,700pipsの暴落!

上記3つのポンドの値動きが激しい理由が伴った究極形の値動きが、2016年6月23日にあったイギリス国民投票に出たのではないでしょうか?以下ポンド円の日足チャートですが、 緑丸 をつけたローソク足の大陰線をご覧ください。

ポンド円月足_イギリス国民投票時の下落

当時国民投票前のイギリスは、EU離脱はせずに結局残留するだろうという意見の方が有力で、投票の1週間くらい前から15円くらい思惑でカチ上げてました。投票当日の日本時間早朝6~7時辺りで天井をつけて、そこから開票が始まると事前予想とは逆の離脱が有力になったのが明らかになってくると、溜まってたロングのロスカット祭りでとんでもない爆下げになり、 僅か数時間で27円下落 するという伝説を作ってしまいました。あのスイスフランショック(2015年1月15日)を上回る下落幅です。

ポンドドル、ユーロドル、ユーロポンドの相関(月足レベル)

ここまでなぜポンドの値動きが激しいのかについて説明してきましたが、次は ポンドドル(GBPUSD)・ユーロドル(EURUSD)・ユーロポンド(EURGBP)との間でどのような相関関係にあるのか を見ていきたいと思います。

まず、ユーロポンド(EURGBP)の月足チャートから見ていきます。

ユーロポンド月足_20210718

ユーロという通貨が誕生した1999年から見ていき、最高値・現在値・最安値に 赤丸 をつけています。

    そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 最高値:0.98003
  • 現在値:0.85743 ※2021年7月18日時点のレート
  • 最安値:0.56828

ここからまず一つ言えることは、一度もパリティ(1.そのレバレッジは投資入門者には必要か 00)より上にいったことがなく、 ずっとユーロ<ポンドではあるものの、ここ20年の間はユーロ買いポンド売りの方向が優勢 の値動きになっています。今後ここからパリティをつけにいくのか、上げ止まって下方向に向かうのかは現時点ではわかりませんが・・・

ユーロドル月足_20210718

  • 最高値:1.60242
  • 現在値:1.18035 ※2021年7月18日時点のレート
  • 最安値:0.82202

まず、ユーロドルは1999年にパリティ(1.00)でスタートしてから0.82台まで下落したものの、その後は1.60台まで上昇し、その後はずっとパリティ以上をキープしており、 基本的にはユーロ>ドル です。ただし、2008年に最高値をつけてから13年間ずっと高値を切り下げる展開が続いており、 月足ではユーロ売りドル買いの方が優勢 の値動きになっています。

ポンドドル月足_20210718

  • 最高値:2.11578
  • 現在値:1.37615 ※2021年7月18日時点のレート
  • 最安値:1.14176

ポンドドルはずっとパリティ(1.00)以上をキープしており、 ポンド>ドル ですが、ユーロドルと同様高値切り下げがずっと続いており、 月足ではポンド売りドル買いの方が優勢 の値動きになっています。

また、ユーロポンドの月足ではユーロ買いポンド売りの傾向でしたが、ユーロドルとポンドドルの月足を見比べてもそれが現れており、 ポンドドルの方が下落幅が大きい です。

単純に通貨の値だけ見ればポンド>ユーロ>ドルなのですが、 近年の傾向としてはドル>ユーロ>ポンド となっています。

また、ユーロドルとポンドドルのチャートの形状はとてもよく似ているのが見てわかるかと思いますが、要するに 世界で半分近くの取引量を誇る基軸通貨の ドルを中心に動いている ということですね。メジャー通貨のユーロやポンドに対してですらこんなチャートになっているわけですから、それだけドルの影響力は甚大だと言えますし、 そのレバレッジは投資入門者には必要か チャート分析の際にドルインデックス(DXY)を合わせて確認しておくのは有効 だとも言えるのではないかと思います。

現在GEMFOREXでは 新規口座開設1万円ボーナス キャンペーン を開催中!

6月は初回2万円ボーナスが常時開催の中、入金100%ボーナス+初回2万円ボーナスが週1回ランダム開催のようですね。2022年は1週目木曜日のパターンが多いですが、2週目は水~金曜日のどこかになるのでしょうか?尚、前回のキャンペーンから入金ボーナス上限が 500万円⇒200万円 に下がってますのでご注意ください。

そのレバレッジは投資入門者には必要か

1.FX初心者は長期トレードが有利?

2.日本人特有のロングトレード

日本人のトレードの特徴とは?

3.ミセスワタナベが出たらショートへ?

長期保有の攻略はショートにある

ミセスワタナベのロングの強さ

FX投資家は長く持てない

さて、今回は、少し複雑なお話をさせていただきましたが、皆さんご理解していただけましたでしょうか?

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

シリーズ新着記事

西本豪

FXは長期保有の方が有利だと言われる理由と攻略法

西本豪

FXを難しいと思った時の対処法!実はみんな間違えてる?

西本豪

FXトレーダーのガチな悩みは利益よりもコレらです!

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

株価指数先物とは?(下)

東京株式市場、日本の先物市場、外国株式市場の取引時間

(2)ヘッジ(損失回避)取引
銀行や生・損保などの金融機関、事業法人などはそれぞれの株式を大量に持ち合っています。また、年金や投資信託も大量の株式を保有しています。相場が急落した場合、その保有株式(ポートフォリオ)には大きな損失が発生してしまいます。しかし、保有株式を売る訳にはいかない場合も多いのです。取引関係にある企業やグループ企業の株式の売却は経営戦略上、避けたいこともあります。こうしたケースで株価の下落が予想される場合、 先物を売ることによって損失回避を図る のです。このような保有しているポートフォリオの損失回避を目的とした取引をヘッジ取引といいます。

(3) アービトラージ(裁定取引) 先物と株価指数の間には一定の価格差が存在します。その価格差は理論価格に基づくものですが、実際のマーケットにおいてはこの価格差が拡大・縮小を繰り返しています。 そのブレを利用して高い方を売り、安い方を買う。これが先物を使った裁定取引(アービトラージ)取引のひとつです。

  • (1)先物では、取引金額と同額の資金が必要なく、取引額に応じた証拠金を差し入れることでコストが抑えられます。
  • (2)先物の売買は、目的によって主に「スペキュレーション取引」「ヘッジ取引」、「アービトラージ(裁定取引)」の3種類の取引に分けられます。

「日経225先物とTOPIX先物を利用したロング・ショート戦略」

「NT倍率」という日経平均株価を東証株価指数(TOPIX)で割って算出する指標があります。日経平均株価と東証株価指数は同じ東証1部の銘柄を対象にしていますが、構成銘柄と算出基準の違いにより、推移に差がみられます。例えば日経平均株価に対する寄与度の大きい銘柄として、ファーストリテイリング 、東京エレクトロン 、ソフトバンクグループ などが挙げられます。一方で、時価総額基準のTOPIXにおいては、自動車や銀行といった業種の寄与度が大きくなります。

このコラムの著者

MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの 記事の執筆を行う編集部です。 そのレバレッジは投資入門者には必要か 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

先物取引入門コラム

  • 1.先物取引とは?
  • 2.株価指数先物とは?(上)
  • 3.株価指数先物とは?(下)
  • 4.日経225先物、225ミニ、レバレッジETFの魅力
  • 5.先物手口情報とは?
  • 6.オプションとは?
  • 7.株価指数オプションとは?
  • 8.先物とオプションの違い
  • 9.株価指数先物情報の調べ方・見方
  • 10.商品先物とは
  • 11.原油先物とは
  • 12.金先物取引とは
  • 13.商品先物情報の調べ方・見方(上)
  • 14.商品先物情報の調べ方・見方(下)

アクセス増減率ランキング

おすすめ情報

小次郎講師テクニカルコラム

  • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
  • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
  • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
  • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
  • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 』
  • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
  • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』
  • 第8回、移動平均線 その4、『 移動平均線の複数使い 』前編
  • 第9回、移動平均線 その5、『 移動平均線の複数使い 』中編
  • 第10回、移動平均線 その6、『 移動平均線の複数使い 』後編
  • そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
  • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
  • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
  • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
  • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
  • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
  • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
  • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= ダイバージェンシー!
  • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
  • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
  • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
  • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
  • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
  • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
  • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
  • 第26回 ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
  • 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
  • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
  • 第29回 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
  • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
  • 第31回 そのレバレッジは投資入門者には必要か 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
  • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
  • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
  • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
  • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
  • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
  • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
  • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
  • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
  • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
  • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
  • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
  • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
  • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
  • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
  • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
  • そのレバレッジは投資入門者には必要か そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
  • そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
  • そのレバレッジは投資入門者には必要か
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

ニュースアクセスランキング

関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ROEとROAとは?計算式の分解で見える”財務レバレッジ”の違い

ROEとROAとは?計算式の分解で見える”財務レバレッジ”の違い

注意点として 、ROEだけを参考にしてしまうと大きな落とし穴が待ち受けています 。
例えば・・・
A社:総資本100億円、自己資本70億円、当期純利益4億円
B社:総資本100億円、自己資本20億円、当期純利益4億円
自己資本の額だけが違う2社を比べてみると、
A社:4億円 ÷ 70億円 = 約5.7%
B社:4億円 ÷ 20億円 = 約20%
このように、B社の方が圧倒的に高くROE20%の優良企業に見えますよね。

しかし、自己資本比率に着目してみると、
A社は70%で理想企業、B社は20%でギリギリ普通企業と言える値となっています。

つまり、 A社は地盤が強く安定しているが、事業の効率が悪く新しい投資先を探すべき 。
B社は効率よく稼げているが、借入金が多く一旦業績が悪化すると潰れやすい 。
と考えられ、B社は長期投資を行うには危険な株と言えます。

ROA(総資産利益率)とは

ROA(総資産利益率)とは

ROAとは「Return on Assets」の略で、日本語では「総資産利益率」と呼ばれます。
ROEが自己資本でみた利益率であるのに対し、ROAは会社の総資産を使ってどれくらい利益をあげられているかを測る指標です。株主から得た自己資本だけでなく、銀行などから借りている負債も含めることで、ROEの欠点を補う役割を担っています。

ROA(%)= EBIT ÷ 総資産 × 100 … 海外企業との比較がしやすい
= 経常利益 ÷ 総資産 × 100 … 一般的に使われる
= 営業利益 ÷ 総資産 そのレバレッジは投資入門者には必要か × 100 … 本業を重視
= 当期純利益 ÷ 総資産 × 100 … 四季報に掲載されている

EBITとは?ROAの計算式に使うべき利益は?

まず、EBITとは「Earnings Before Interest and Taxes」の略で、利払・税引前の利益を意味します。利息や税金は国によって金額が様々であることから、世界の企業と比較しやすいよう、経済産業省では利払・税引前のEBITを使って表記されています。

しかし、国内株式だけを投資対象としている場合、そもそも海外企業と比較する必要がないことから、 営業利益・経常利益・当期純利益を使ったほうがより精度の高いROAを算出できる という考えもあります。

営業利益:本業である事業で得た利益。
経常利益:営業利益と金融取引などの財務活動で得た利益を合算し、利息などの支払額を差し引いたもの。
当期純利益:すべての利益からすべての損失・費用を差し引いたもので、最終的に会社の手元に残る利益。

このように、国内企業だけで比較する場合は、その会社の特徴である本業や実際に手元に入る利益を重視することで、より精度を高めることができます。
また、会社辞典とも呼ばれる 会社四季報にて当期純利益を使用したROAが掲載されている ことからも、基本的には当期純利益を使えば困らないと思われます。

ROA(総資産利益率)の使い方

ROAは、10%以上で優良企業、5%以上で良好、2%以上で普通とされており、投資の目安としては5~8%が妥当と言えます。

数値が高いほど優秀な企業と言えますが、 逆に高すぎる場合には注意が必要です 。ROAは、負債を含めた総資産を基準としているため、借金が多くても数値は高くなります。多額の借金で利益を生んでいても効率的とは言えません。

指標を使っての分析では、1つの指標にとらわれず様々な指標で分析するのが基本です。特にROAを活用するためには、ROEや自己資本比率との併用が必要不可欠と言えるでしょう。
ROEとROAへの理解を深めるためにも、次は計算式を分解して見える両者の違いについてご紹介します。

計算式の分解で分かる!ROEとROAの違いは「財務レバレッジ」

ROEとROAの分解画像

こうして見ると、ROEとROAの違いが「財務レバレッジ」の有無であることが分かります。レバレッジとは、日本語で「テコ」を意味します。つまり、 負債をテコとしてどれだけ有効的に活用できているかを示す指標 です。
財務レバレッジが高いということは負債の占める割合が高いということであり、「テコ」を使う分リスクも高くなってしまうため、数値が高ければいいというわけではありません。

この分解式を活用することで、例えば ROAが変わっていないのにROEが上昇している場合、財務レバレッジの上昇が原因でROEが高くなっている ということが分かります。ROEだけを見ていると喜ばしいことですが、ROAと一緒に確認すると実はリスクが上昇していた、という判断をすることができます。

ここまで、会社の資本効率を分析するための指標「ROE(自己資本利益率)」を軸に、よく比較される「ROA(総資産利益率)」や一緒に覚えておきたい「自己資本比率」などをご紹介してきました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる