初心者向けFX会社も

オプション取引の入門編に最適

オプション取引の入門編に最適

本セミナーではアメリカンオプションの価格評価について学びます。アメリカンオプションは通貨先物オプションとして活発に取引されたことで有名ですが、今リアルオプションの世界でも注目されています。アメリカンオプションの評価はさまざまな方法で行うことが可能です。また、さまざまな派生的なオプションがあり、エキゾチックオプションの評価の基礎にもなります。本セミナーでは2項ツリーとモンテカルロ法を用いてアメリカンオプションの基礎を丁寧に学び、より複雑なオプションの評価を学ぶための基礎を身に着けます。
1. アメリカンオプション入門
2. オプション取引の入門編に最適 アメリカンオプションの解析解
3. 2項ツリーモデルとモンテカルロ法の基礎
3.アメリカンオプションの2項ツリーモデルによる評価
4.アメリカンオプションのモンテカルロ法による評価
■目標
ブラックショールズモデルの理論的な背景を前提に、アメリカ型のオプションのモデル化を理解します。また、その応用を理解します。2項モデル・モンテカルロ法の使い方がわかります。
■受講対象者
オプション理論、通貨オプション、株式オプション、ヘッジ取引、リアルオプションに興味のある方であれば、どなたでも参加可能です。基本的なオプション取引の知識を身に着けた人を対象としています。オプションの基礎知識に関するセミナーについては直接お問い合わせください。
■ノートブックパソコンは持ち込みが原則です。
PCには事前にExcel、Excel VBAがインストールされている必要があります。
参考文献:
Option pricing formulas by Haug
Python3ではじめるシステムトレード:ブラック-ショールズ方程式を理解する
https://qiita.com/innovation1005/items/98e28dd0e38246d1dbac
フィナンシャルエンジニアリングbyジョンハル(きんざい)

【講師紹介】Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,。主な論文に”How does the entropy function explain the distribution of オプション取引の入門編に最適 high frequency data”in Digital オプション取引の入門編に最適 Designs for Money, Markets and Social Dilemmas(2022,Splinger). 主な訳書「Python3ではじめるシステムトレード」(2016、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル
TEL 03-5651-2030 FAX 03-5695-8005

ファックス又は郵便にて参加申込書をお送り下さい。上記ホームページの申込欄からもお申込いただけます。折り返し、受講証と請求書を郵送致します。参加費は下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)又当日ご参加になれなかった場合、当社および経営調査研究会主催の他のセミナーに無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。) ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や今後開催される セミナーのご案内等に使用します。
普通預金 口座名 (株)金融財務研究会

三菱UFJ銀行 本 店 1642356 三井住友銀行 本店営業部 7397637
三菱UFJ信託銀行 本 店 2818151 みずほ銀行 東京営業部 1427715
三井住友信託銀行 本店営業部 2993982 りそな銀行 東京営業部 1693669

本セミナーではアメリカンオプションの価格評価について学びます。アメリカンオプションは通貨先物オプションとして活発に取引されたことで有名ですが、今リアルオプションの世界でも注目されています。アメリカンオプションの評価はさまざまな方法で行うことが可能です。また、さまざまな派生的なオプションがあり、エキゾチックオプションの評価の基礎にもなります。本セミナーでは2項ツリーとモンテカルロ法を用いてアメリカンオプションの基礎を丁寧に学び、より複雑なオプションの評価を学ぶための基礎を身に着けます。
1. アメリカンオプション入門
2. アメリカンオプションの解析解
3. 2項ツリーモデルとモンテカルロ法の基礎
3.アメリカンオプションの2項ツリーモデルによる評価
4.アメリカンオプションのモンテカルロ法による評価
■目標
ブラックショールズモデルの理論的な背景を前提に、アメリカ型のオプションのモデル化を理解します。また、その応用を理解します。2項モデル・モンテカルロ法の使い方がわかります。
■受講対象者
オプション理論、通貨オプション、株式オプション、ヘッジ取引、リアルオプションに興味のある方であれば、どなたでも参加可能です。基本的なオプション取引の知識を身に着けた人を対象としています。オプションの基礎知識に関するセミナーについては直接お問い合わせください。
■ノートブックパソコンは持ち込みが原則です。
PCには事前にExcel、Excel VBAがインストールされている必要があります。
参考文献:
Option pricing formulas by Haug
Python3ではじめるシステムトレード:ブラック-ショールズ方程式を理解する
https:オプション取引の入門編に最適 //qiita.com/innovation1005/items/98e28dd0e38246d1dbac
フィナンシャルエンジニアリングbyジョンハル(きんざい)

【講師紹介】Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,。主な論文に”How does the entropy function explain the distribution of high frequency data”in Digital Designs for Money, Markets and Social Dilemmas(2022,Splinger). 主な訳書「Python3ではじめるシステムトレード」(2016、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル オプション取引の入門編に最適
TEL 03-5651-2030 FAX 03-5695-8005

ファックス又は郵便にて参加申込書をお送り下さい。上記ホームページの申込欄からもお申込いただけます。折り返し、受講証と請求書を郵送致します。参加費は下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)又当日ご参加になれなかった場合、当社および経営調査研究会主催の他のセミナーに無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。) ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や今後開催される セミナーのご案内等に使用します。
普通預金 口座名 (株)金融財務研究会

三菱UFJ銀行 本 店 1642356 三井住友銀行 本店営業部 7397637
三菱UFJ信託銀行 本 店 2818151 みずほ銀行 東京営業部 1427715
三井住友信託銀行 本店営業部 2993982 りそな銀行 東京営業部 1693669

【AZ-900】Azure Storage(Azureストレージ)とは?サービスの種類や冗長性オプションをしっかり解説!

【AZ-900】Azure Storage(Azureストレージ)とは?サービスの種類や冗長性オプションをしっかり解説!

【AZ-900】ジオ、リージョン、可用性ゾーンとは?Azureのデータセンター用語をまとめて解説! どうも、フリーランスエンジニアのMakotoです。 今回は、Azureで登場するデータセンターに関する用語について解説します。 .

ローカル冗長ストレージ(LRS)

ゾーン冗長ストレージ(ZRS)

地理冗長ストレージ(GRS)

加えて、頭にRAが付いた冗長オプションの場合は「読み取りアクセス地理冗長ストレージ(RA-GRS)」と呼び、文字通りセカンダリリージョンに保存されているデータに読み取りアクセスすることができます。

データセンター、リージョン障害いずれの場合もフェールオーバーすることでセカンダリリージョンのデータにアクセスすることが可能です。

地理ゾーン冗長ストレージ(GZRS)

頭にRAが付いた冗長オプションの場合は「読み取りアクセス地理ゾーン冗長ストレージ(RA-GZRS)」と呼びます。

プライマリリージョンへのコピーは同期して書き込まれます。セカンダリリージョンへのコピーは非同期で書き込まれます。非同期的に行うコピー間隔のSLAは定められていませんが、目安としては15分未満です。 プライマリとセカンダリ間で一時的に差異が起こりうる点は理解しておく必要があります。 オプション取引の入門編に最適

フィアット「500e」はペーパードライバーのEV入門に最適?

この仕事の楽しいところはいろいろなクルマに乗れることだが、現時点で最高の1台に、ついに出会ったかもしれない。フィアットの電気自動車(EV)「500e」(チンクエチェントイー)だ。もともと小さくて楽しく、乗っていて気分がいい「500」の魅力が、電動化でさらに増したのではないだろうか。 【写真】電動化でおとなしくなった? フィアット「500e」の内装を写真で見る 試乗したのは屋根を開けばオープンカーになるカブリオレタイプの「500e」。グレード名は「500e OPEN」(オープン)、価格は495万円だ。 内装は方向性が変わったのかも? まずは見た目。威圧感ゼロ。2021年に試乗した「500c」(ガソリンエンジン搭載、カブリオレタイプの500)と比べてみると、電動化したからといって大きくイメージチェンジするのではなく、もともとの愛嬌あふれる姿を基本的にはキープしていることがわかる。 内装は落ち着いた感じに。外観よりも変化が大きいような気がする。500cに比べると遊びの部分が少ないと思うのだが、どうだろう。 電気になっても楽しいドライブ オプション取引の入門編に最適 次に走り。これまでいろいろなEVに乗ってきた中で、例えばテスラだったら、アクセルを踏み込むとワープするような加速をしてくれて面白かったのだが、500eは目の覚めるような速さを武器とするEVではないようだ。ただし、エンジンを搭載する500に比べても、ほかのエンジン車に比べても出足の素早さは素晴らしいし、80km/hくらいまでスムーズに加速してくれるしで、ストレスがないどころかアクセルを踏むのがとても楽しいクルマだった。タイミングがシビアな車線変更であるとか高速道路への合流、高速道路上での追い越しなどで、電気の加速が存分に力を発揮してくれた。 500eにはドライブモードが3つあって、アクセルペダルを戻したときの減速感は2種類ある。「ノーマルモード」はガソリンエンジン車的な味付けで、アクセルを戻してもスーッと滑走していくような感じ。「レンジモード」と「シェルパモード」ではアクセルを戻すと回生ブレーキが効いて減速してくれる。減速の強さはペダルの操作に応じていて、パッと足を戻せば強く効くし、ジワリと戻せばスムーズに止まれる。ワンペダルは初めてだとギクシャクするが、紙ドライバーでも小一時間で慣れたので心配なしだ。 レンジとシェルパでは、アクセルを完全に戻すとクルマを停止させることが可能。試乗ではほぼレンジモードに入れて一般道も高速道路も走ったが、ブレーキペダルを踏む回数は本当に少なかった。 せっかくだからイタリアっぽい写真が撮れないかと思い、少し心当たりがあったので新橋周辺の路地を走りながら場所を探していたのだが、こういうところで乗ると、500eの良さが実感できる。なにせ小さくて運転しやすいし、バックで駐車するときにはモニターに後ろを映し出してくれたりもするので、狭い道でも安心して入っていけるのだ。 気になる点もあるけれど 500eには気になるところもある。例えば、 左足の置き場が狭い 足元が狭くて、左足のフットレスト的な場所がないというか、そこも狭いから、足の置き場には困る。右足はワンペダル走行でとても楽だが、長い距離を乗ると左足は疲れるかも。ただ、そもそもしばらく走ったら充電しなければならないクルマだから、その時に左足を休めれば問題なしではないかとも思う。 それから、 視界がそんなによくない 前方はルームミラーの存在感が結構ある。上も、信号機に近づきすぎると確認しづらい。 もうひとついえば、 航続距離が短い 充電100%で乗り始めたのだが、航続距離は最初から200km台後半と表示されていた。この数字、「ノーマル」モードで最も短くなり、「シェルパ」モードに入れれば伸びはするものの、さすがにバッテリー残量が50%台くらいに入ってくると、多少は不安を感じた。遠出するなら充電スポットの調査と立ち寄り計画の立案は必須だ。せいぜい50km、長くて100kmくらいしか乗らないという人であれば、ほぼ心配なしだろうとは思う。 あえていえばこんなところだが、500eの長所は短所を補って余りあるほど見つかると思う。 エンジン由来の音も振動もない500eからは、フィアット500ならではの魅力が感じられない、とおっしゃる方もいらっしゃるのかもしれないが、そのあたりに懐かしさ、思い入れがないという我ら紙ドライバーにしてみれば、小さくて、高速の合流など必要な際には素早くダッシュができて、ワンペダル走行の楽しさと快適さがあって、見た目が個性的で乗っても眺めても気分がいい500eは、かなり魅力的な入門編EVなのではないだろうか。500が200万円台であるのに対して500eは400万円台と価格は気になるものの、個人向けリースプログラム「パケットFIAT」なら月々3.9万円~で上位グレード「アイコン」に乗れるとのことだ。 500では黄色やオレンジなどの特別仕様がよく登場していた。500eでもカラフルな限定モデルが出るのかどうかは不明だが、大いに期待したいところだ。 紙ドライバーF かみどらいばーえふ 生活するには自動車が必須な北陸の某県で生まれ育ちながら、運転免許証の取得後は都会暮らしとなったため、これまでに一度も自家用車を所有したことのないペーパー(紙)ドライバー。すでにマニュアルトランスミッションの操作方法もおぼつかないが、ひょんなことから自動車業界を取材することとなった。

【金融工学・デリバティブ編】おすすめ書籍13選

金融業界では過去に、ロング・ターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)の破綻、リーマンショックといった様々なイベントが起きてきました。本書では金融工学の概念的な説明、どのように発展してきたのか、なぜこういったイベントの引き金になったのかという説明がされています。またSABRモデルやコピュラ、各種モデルの説明もされています。読み物だけでなく、その金融工学のコンセプトを学ぶという上でも非常に良い本です。

フィナンシャルエンジニアリング〔第9版〕 ―デリバティブ取引とリスク管理の総体系

これは金融の実務家、クオンツ、トップの金融機関で働きたい学生さんに必ず読んでいただきたい本です。何度か改訂されていますが、その度に旬な話題が盛り込まれ、また翻訳もかなり良くなっています。金融の教科書としてぜひ持っておきたい本です。

モンテカルロ法によるリアル・オプション分析―事業計画の戦略的評価

デリバティブ評価に関する方法論が分かりやすくまとめられています。本書が他の書籍と違う所は、VBAの使い方から始まり、読者に実際にマクロを組んでデリバティブ評価への道筋を示している所にあります。ブラックショールズはもちろんヘストンモデルを紹介している本はあまり多くありません。

トレーダーは知っている-オプション取引で損をしない「法則」

これは当ブログでも紹介したことがありますが、デリバティブトレーダーがどういった考えを持ってトレードしているかという実務的な内容になります。本書はSABRモデルを日本語で解説している数少ない書籍ですので、そこだけでもこちらの本の価値はあります。

実務家のためのオプション取引入門

オプションの基本的なコンセプトから、オプショントレーダーとしては必須のグリークスに関する紹介まで、幅広く行われています。そこまで専門的な内容ではなく、オプションに携わる方であればぜひ最低限押さえておきたい知識かと思います。金融機関で働いている方でなくても、実際に個人でオプションを取引される方であれば、ぜひ目を通しておきたい書籍だと思います。

オプション市場分析への招待

本書は先ほどの「実務家のためのオプション取引入門」の応用編・発展形と考えていいかと思います。内容自体は少し専門的なものになります。ただ、ジャンプ拡散モデルや確率ボラティリティモデルは、オプションのモデルを考える上では持っておきたい知識になります。ぜひ挑戦してみていただければと思います。

XVAモデルの理論と実務

金融危機以降、どこの金融機関も考慮しないといけなくなったカウンターパーティーリスク。自社あるいは他社のデフォルトリスクを勘案してプライシングを行っていこうという動きが広まりました。内容自体は、数式も多く出てきますが、詳しい解説がされているので、そこまで抵抗なく読んでいただけるかと思います。

基礎からわかるLIBORマーケット・モデルの実務

LIBOR Market Modelとは金利デリバティブの評価に使われるモデルの1つです。LMMの基礎に関してはこれでカバーがされています。より専門的な内容に関しては、自身のニーズによって変わってくるかと思いますが、他の書籍も併せて読まれると良いかと思います。内容的には金融機関でポピュラーなこのモデルを分かりやすく紹介ししている点がとても良いと思います。

デリバティブキーワード360

こちらの書籍は2019年3月に出たばかりの書籍です。書籍というよりは辞書のような位置づけになります。何度か改訂がされており、こちらが最新のものとなります。用語の解説から、数式の簡単な紹介と幅広い情報が掲載されております。現代の金融市場を代表する最先端の用語を理解、また気になった言葉をすぐに調べられるように、常に手元に置いておきたい一冊です。

通貨オプション入門

実践デリバティブ Excelでデータ分析

2019年9月に販売された比較的新しい書籍です。本書ではデリバティブに携わる人であれば知っておきたいコンセプトが紹介されています。オプションやスワップといった商品の解説はもちろんですが、個人的にはFX Option(外国為替オプション)の世界では、比較的メジャーなVanna Volga(バンナボルガ)法や、少し前まででは前述の「トレーダーは知っている-オプション取引で損をしない「法則」」や「数理ファイナンスの歴史」といった日本語の書籍ではあまり紹介されているものがなかたSABRモデルにも触れられています。FICCの世界で特にデリバティブに興味がある方にはぜひ手に取っていただきたい書籍です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる