FXの自動売買とは

エリオット波動とは何か

エリオット波動とは何か

引用:外為オンラインより

エリオット波動理論の定義や条件は?どんな種類があるの?

エリオット波動理論の解説

相場理論・法則

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

FX】エリオット波動理論(原理)とは?分かりやすく解説

エリオット波動と言われているのは、 エリオット波動理論や波動原理 のことで、1930年代にアメリカのラルフ・ネルソン・エリオットという人が発見した株を分析するための原理です。

エリオット波動理論は 相場の本質 と言いますか、相場そのものです。 相場は人の不安や欲望、恐怖などの感情で動いています 。

要するに自然現象です。その 自然現象を形にしたものがエリオット波動理論 だと言っても良いのではないかと思います。

エリオット波動理論を動画で解説

エリオット波動理論を使ってるけど勝てない エリオット波動理論を上手く使いたい エリオット波動理論の何を覚えたらいいかわからない このような悩みが解決できる記事となっています。今回はエリオット波動理論の勝てる.

相場にはリズム、サイクルがある

相場はN波動、逆N波動を描きながら上昇または下降する

N波動

エリオット波動理論は勝てるの?

FX】エリオット波動理論の基本を分かりやすく解説

エリオット波動の3つの基礎

エリオット波動理論は 相場は5波動で進んで(推進波)、3波動で調整(修正波)の8波動 で構成されているという見方をしています。

フラクタル構造

フラクタル構造

エリオット波動理論は 相場はフラクタル構造になっている と言っています。

「アクション波とリアクション波」「推進波と修正波」

この1波1波の波にはパターンがあり、その 波のパターンが組み合わさって8波動が形成 されています。

アクション波とリアクション波

  • 推進波というのは5波動構成、修正波は3波動構成の波
  • 一回り大きな波と同じ方向の波をアクション波、逆の方向がリアクション波

波動の種類(推進波)

インパルス

インパルス

ダイアゴナル

ダイアゴナル

ダイアゴナルは3-3-3-3-3あるいは5-3-5-3-5の5波動で構成、特徴は値幅が徐々に小さくなっていくウェッジのような形か、値幅がどんどん大きくなる 拡大型ダイアゴナル というものもあります。

1波やA波のような最初の波に出現するダイアゴナルを リーディングダイアゴナル 、5波やC波などの最後の波に出現することが多いダイアゴナルを エンディングダイアゴナル と言います。

ダイアゴナルとインパルスの違う部分は、ダイアゴナルは 4波が1波に食い込みます 。インパルスは重なりませんでしたよね。

波動の種類(修正波)

ジグザグ

フラット

C波が少し長くなることもありますし、B波がA波の始点以上に大きく戻し、C波でA波の終点を大きく超えていく 拡大型フラット(エクスパンデッドフラット) というものもあります。

トライアングル

トライアングル

トライアングルは3-3-3-3-3の5波動で構成、高安を更新することなく 徐々に値幅が小さくなっていく三角持ち合いのようなレンジに近いパターン で、 4波やB波に出現しやすい です。

逆に値幅がどんどん広がっていくブロードニングフォーメーションのような、 拡大型トライアングル(エクスパンディングトライアングル) というものもあります。

トライアングルの形は他にもあり、 上値か下値のどちらかが水平になる アセンディングトライアングル(上昇型トライアングル)やディセンディングトライアングル(下降型トライアングル)のような形もあります。

ユーロドルのエリオット波動的な分析例

▼直近のユーロドルのエリオット波動的な分析 エリオット波動とは何か

うん、確かにそれっぽく波を捉えてるっぽいですよね。

でもFX侍は気になるんです。
「こういう所は無視していいんかい?」 って。

エリオット波動で気になる所

▼エリオット波動で無視される部分

実際に起きている上昇下降を都合よく無視して、後付けで波動を書くのは簡単です。

明確なルールが無いから使いにくい

エリオット波動成立の原則


引用:外為オンラインより

波動の書き方に個人差があったら、そこが「後付けやこじつけ」に繋がります。
(ランダムな相場で100%全員が一致するような認識が非現実的なのは承知してます)

ある程度の割合で同じ認識ができてこそ、トレードで使えるテクニカル分析になりますが、そのためには「明確なルール」が必要です。

考案者はただの会計士

実はエリオット波動の考案者は、プロトレーダーではなく「会計士」です。

エリオット波動じゃなくてもトレンド分析は可能

エリオット波動の考案者ラルフ・ネルソン・エリオットは エリオット波動とは何か 「ダウ理論の必要な補足」 と書籍で言ってます。

ただし5分とか15分足の短期足で10~20pipsぐらいを狙うなら、それに適したトレンド分析があるんです。

FX侍流のユーロドルでの波形認識

▼FX侍流のユーロドルでの波形認識例(サインツールアプロスも表示しています)

上記はサインツールアプロスの利用者様に配布している「トレンド判断マニュアル」に記載したルールを元に波形認識をした例です。

結論:エリオット波動を無理して覚える必要は無い

たださっきも言ったように…
短期足で10~20pips程度を狙うなら、別にエリオット波動は必須じゃありません。

FX侍です、こんにちは。 大変長らくお待たせしました 照 15分足専用トレンドフォローのサインツール「アプロス」を公開します。 自信を持ってトレードできるようになりたい、という希望を叶えます。 手前味噌ですが、マニュアルも含めて最高傑作となりました(*´ω`*) .

NY-Dow エリオット波動分析&与太話No.704(06/16-18:00)

エリオット波動で見るこの指数はもはや、古くはブラックマンデー辺りから永遠のエクステンション(エリオット波動とは何か 波の延長)とも言える状況で、大天井を打ったとは迂闊に言えないこの指数。今回も過去の例に倣って、普通に「始まり」となる可能性を否定はできませんが、だがしかしそれでも、 2009年9月 $6,469以来は インターミディエイト(1)波 ~ (5)波 による上昇波形が確認できる事は、「最低限の行程を走り終えた」と指摘できる証左と考えます。

なおこのチャート内、 緑色 のサポートは$6,469( 2009年3月 )以来の上昇幅、 紫色 のサポートは$41( 1932年7月 )以来の上昇幅に対するフィボナッチリトレイスメントを示しています。

なお 赤色 のサポートは通常通り、$18,213( 2020年3月 )以来の上昇幅に対するフィボナッチリトレイスメント、 青色 のサポートは61.8%押しを示しています。黒色のサポートはそれぞれ、何処かからかの76.4%~78.6%押し水準であり、いわゆる「強く働き得る」と表現できます

重要なサポートとしてきた $30,272を割れ 、安値は$30,144。この水準は、 昨年10月30日 $26,143以降の上昇幅に対する61.8%押し水準。終値ベースでは回復しており、ココからの上昇が今後、抜くところを抜けば「相場のアヤでした」になる可能性はあれども、少なくとも現時点、「この調整は、$26,143~$36,952を調整しているわけではないよ」とする暗示と考えます

「だとすると・・・」が導くカウントは、好む好まないを別として合理的な選択をすると現時点、やはり優先カウントという事になると考えます。しかしながらそれはある意味、破滅論者?のカウントでもあり(笑)、あえてその一方で「それでも来年だって、上げ続けるよ」のカウントを採るとすれば・・・alt.2 or .3が挙げられます

なおalt.2は今後、 $29,199を守る限りおいて 技術的な有効性を担保するものの、このカウントにおける仮想 3波 の61.8%押しである $30,272を割り込んだ事で 事実上、少しばかり苦しく(不自然に)なったと考えます。他方、このカウントにおける仮想 1波 と仮想 3波 とでは、 3波 の方が短い点 も「不自然な点」として挙げられる事を知り置きます。

alt.3について、恐らく想像以上にスケールの大きな相場を前提とするカウント。 2029年 程度まで?で$94,375を目指す?ですとか・・・少なくとも「現時点」では、それを是としてカウントを進めるのは困難とは言えるラベリングですが、リーマンショック時、「10年経てば$36,000」と言ったとして、これと同じくらい陳腐だったのでしょうから、ない事でもありませんか?。

★さて与太話はこれくらいにして現状、 1月5日 $36,952以来について、 (1)波 が進行中と考えます。$30,144安値現在、目先は$31,338、$31,708、そして$32,077は強くかつ重要なレジスタンス。これらは 反落の可能性を同居 する半面で、 上限アップは (1)波 完了を暗示する最初のサインと考えます。

その反面で 再下落が安値更新時 、$29,000台に記したサポートはそれぞれ有力、一時的な反発が生じておかしくないサポートバンドと考えます。なお既述の$29,199は今後、割れる事でalt.2が破綻ポイントを迎える、最大の焦点と指摘できる極めて重要なサポート。

【脱オカルト論者】エリオットを正しく使って利益をあげる方法

FX実用指南の記事

FXで永久に負けまくる人

うまく使うことができないで負けている。

オカルト だと思ってる。

エリオットを知らないから、 一番伸びる波で逆張りしてるのを気づかないで資金を失っている。

逆にエリオットの研究しかしてないから負ける 。

エリオットの使い方を そのへんのオカルト記事で学んだ。

エリオットの使い方を間違えている。

いろんな謎の宗派のオカルトエリオットしかしらない。

でも、もう大丈夫だ。安心していただきたい。

今回は正しいエリオット波動の使い方を、
私と 超カンタンABCD式 で学んでいこう。

特に今回の記事では実用性を証明するために、
たくさんの例を用意した。
正しいエリオットが身につくのは確実だ。

エリオットで稼ぐことができるの?

【確認】一般的なエリオット波動とは。

正しいエリオットを学ぼう。

そしてハーモニックは多くのパターンがあるのだが、
実はエリオットを3波まで解説したABCDパターンというものが存在する。

ABCDパターンとは

❶ クラシックABCDパターン

しかし、C(エリオット波動の2波)が61.8で止まるというのは鉄板になる。
この61.8で2波が止まりやすいのを覚えておこう。

❷ AB=CDパターン

次はAB=CDが同じになるというAB=CDパターンだ。
これは斜めのレンジであるチャネルで決済をかける考え方になる。
これは3章で解説したので、本章では解説するつもりがない。

❸ ABCDエクステンション

クラシックABCDパターンはD地点(3波)の行方を示したものだ。
これはこのまま覚えていって間違いない。
もっとも伸びる3波が、127.2か161.8で止まるのはかなり鉄板のパターンだ。

  1. 2波は61.8で止まることが多い。
    (クラシックABCDで学んだ)
  2. 3波は1波と同じ長さの波になることも多い。
    (AB=CDパターン)
  3. 3波は正常に伸びた時127.2か161.8まで行く。
    ABCDエクステンション)

【重要】エリオット波動の1から5までの波を学ぶ。

第1波 / 第2波

さきほど、クラシックABCDから2波は61.8で止まることが多いと学んだ。

しかし、2波の限界点の候補としては、
61.850.038.エリオット波動とは何か 2だろう。ここで止まるケースは非常に多い。

プラス100%パターンは他のブログ記事には書かれていない。
というのもこれは私が見ているなかで発見したものだからだ。
この100%パターンは2波が50.エリオット波動とは何か 0で止まったときが多い。
50.0から動き、3波が150.0で止まってしまうケースをよく見ている。

200.0223.6261.8が最も多い。

とはいえ稀に188.6で燃え尽きるケースもごく稀にある。

エリオットを正しく使うと稼ぎやすい。
実際に相場に当てはめて見ていこう。

どんどんアルバン式エリオットを習得していこう。

左の波も見ていくとしよう。

イレギュラーな例もみていこう。

フラッシュクラッシュはなんなの?

確かに5波自体は存在しないが、
5波があったら行くはずだった場所”261.8”までの下落がついた。

ならば、フラッシュクラッシュからの上昇は?

正しいエリオットの使い方
最後に私とおさらいをしていこう。

今回の記事を読んで、相場に忠実で実用的なエリオットがわかったと思う。
正しい理解のあとに練習を重ねれば、あなたにも出来るようになっていく。

エリオット波動が止まる数値は、もはや暗唱できるのが望ましい。
もちろん私は全てを覚えている。

必ず3波を重点的に狙えるようになれば損小利大の王道トレードが必ずできる。
あなたも損小利大ができれば、つみかさねで利益は膨らんでいく。
練習を繰り返して身につけて使いこなしてほしい。

エリオット波動を使った正しいトレード手法を複数紹介!

エリオット波動を使った正しいトレード手法を複数紹介!

ここまででエリオット波動には1から5の波があることは理解いただけたかと思います。
ここではどのようにして波の番号を確定するかお伝えします。
これから記述する 特徴に関しては「そうなることが多い」と言う意味で絶対ではない こと、 定義に関しては絶対でこの定義に当てはまらなければエリオット波動はカウントできない 相場とみなすことと 上昇エリオットを例に説明させていただく(下降の場合は逆で考えればいいだけ) ことを理解してください。

エリオット波動:1波の特徴と定義

1波に関しては特徴と定義がイコールに近い意味合いを持ちます。
エリオット波動の第1波は相場の中に突如現れる勢いの強い波 のことを言います。
上昇エリオットの例を画像に示しますが1波は強い勢いで上昇していることがわかると思います。

エリオット波動:2波の特徴と定義

第2波の特徴としては強い上昇をした 第1波に対して勢いなくジグザグとした下降をすることが多い です。
また、「 第2波は第1波の安値を割らない 」と言う定義があります。
第2波が第1波の安値を割った瞬間、上昇エリオットが当てはまらない相場ということです。

エリオット波動:3波の特徴と定義

第3波は 全ての波の中で最も強い勢いが出る という特徴を持った波です。
定義としては「 3波は1波の高値を抜ける 」という定義があります。

エリオット波動:4波の特徴と定義

エリオット波動:5波の定義

エリオット波動の調整波と推進波

エリオット波動の各波の構成を見てみると、勢いの強い1波、3波、5波の構成はN字型であることが多く、これを 推進波 と言います。
反対に勢いの弱い2波、4波は小さなエリオット波動の形を構成していることが多く、これを 調整波 と言います。

フィボナッチリトレースメント38.2まで戻さない波は1つの波としてカウント

エリオット波動はどの波を狙えば良いか

エリオット波動の各波の特徴を説明しましたが具体的にどこでエントリーを狙えば良いかと言うと強い勢いの出る 3波 か 5波 を狙うといいです。
1波は先述の通り急に現れるので捉えることは難しいです。
2波と5波はジグザグとした動きになることが多いのでレンジに巻き込まれエントリーポイントとしては不向きです。

エリオット波動は何でもかんでも当てはまるものではない

エリオット波動を教えると全ての相場に対して無理やりエリオット波動を当てはめようとする人が一定数出てくるのですが エリオット波動は全ての相場に当てはまるわけではありません 。
例えば添付画像のような相場では一方的に下落しているだけであり、波が付いていない(小さい)のでエリオット波動カウントができずエントリーが難しいです。

エリオット波動の波の特徴まとめ

1波:急にくる。エリオット始まりの合図(推進波)
2波:勢いなくジグザグと下降。1波の安値を割らない(調整波) エリオット波動とは何か
3波:最も勢いの強い波。1波の高値は抜ける(推進波)
4波:3波に対する勢いのないジグザグとした下降。1波の高値付近まで下降することが多い(調整波)
5波:上昇エリオットの最後の強い上昇。3波の高値を抜けるかは不明(推進波)

エリオット波動を見つけられるようになるための練習問題4つ

エリオット波動5波が終了後の3つのパターンと特徴

エリオット波動は5波までで6波、7波は定義的に存在しません。
しかし エリオット5波終了後にはいくつかパターンがあります 。
このパターンを知っておくことで エントリーポイント見つけ出せたり 、逆に エントリーを見送るべきポイント がわかるのでぜひ覚えてください。

エリオット波動5波終了後のパターン1:反転パターン

1つ目は相場が反転するパターンです。
この場合の特徴としては5波終了後に高値が切り下がってきます。
この挙動が見られた場合の買いエントリーは避けたほうが良いでしょう。

エリオット波動5波終了後のパターン2:再上昇パターン

相場の勢いが非常に強い場合に見られるパターンで5波終了後ジグザグとした値動きを見せますが安値が切り上がり続ける状態が長時間続きます。
この値動きが見られた場合は 売りは避けて再び上方向に動き出したタイミングで買いを検討 すると良いでしょう。

エリオット波動5波終了後のパターン3:よくわからなくなる

全てをエリオット波動やパターンで解明できればいいのですがそういう訳にもいかず・・・
エリオット波動終了後相場がグチャグチャになってよくわからなくなることも多いです。
この場合は 何もせずにわかりやすい相場になるまで何もしない ことが吉です。

エリオット波動5波終了後のパターンまとめ

反転パターン:高値が切り下がる値動き。買いは避け、狙うなら売り
再上昇パターン:長時間安値が切り上がり続ける値動き。再び上昇しそうなタイミングで買い狙い
よくわからないパターン:よくわからないので何もしない

エリオット波動を使ったエントリーパターンを実相場で解説

ここまでの知識をマスターできればあなたのエリオット波動に関しての知識は 専業トレーダーのレベル に達しています。
これ以上のことをダラダラと説明しようと思えばできます。しかしお金を稼ぐためのエリオット波動の知識についてはこれで十分です。
あなたはエリオット波動オタクになりたくてこの記事を読んでいますか?もしそうであれば別のブログ記事を読むことをおすすめします。

さて、話を戻しますが エリオット波動を使えるようになっただけではお金は稼げません 。
パスタ麺だけではナポリタンは作れないようにこれまでのエリオット波動の知識に他の知識をくっつけて応用しなければなりません。

エリオット波動+移動平均線(MA)

下降エリオットの5波を狙ったパターン。
3波の強い下降を確認した段階で4波の戻しを待って下降5波を売りで狙うことを考えます。
下降エリオット4波の特徴である「 1波の安値まで戻すことが多い 」という特徴があります。
その 1波の安値と200MAが重なった箇所 で長い上ヒゲをつけた陰線が出ています。
ここで売るのはアリですね。

エリオット波動+フィボナッチリトレースメント

下降エリオットの5波を狙ったパターン。
3波の強い下降を確認した段階で4波の戻しを待って下降5波を売りで狙うことを考えます。
下降3波に対してフィボナッチリトレースメントを当てるとリトレースメント50の値付近で高値を切り下げるような値動 きが見られます。
このあたりから4波が終了し下降の5波が始まることが予測できるのでこのあたりで売れそうですね。

エリオット波動+フィボナッチエキスパンション+5波終了後のパターン

4波から強い下降で5波が発生したが急激に上昇したことで下降5波が終了し下降エリオット自体も終了したことがわかります。
エリオット波動終了後のパターンとして「 安値を更新できず反転するパターン 」があります。
今回の例では 3波と5波がフィボナッチエクスパンション161.8付近で2度強い反発を受けている ため「下降エリオット終了後は反転パターンなのでは」という予測を立てます。
実際に安値を更新できずに大きな陽線を出した赤丸部で買えそうですね。

エリオット波動+フィボナッチリトレースメント+移動平均線+調整波

最後に伝えたいこと

しかし専業トレーダーの私から言わせれば 本記事で説明したこと以外を一生懸命勉強したところで1円も儲からない 。
時間の無駄である。エリオット波動なんてものはこれ以上でも以下でもない。

基本的に当ブログのコンテンツは「FXでお金を稼ぐために特化した記事」を量産しているので無駄なことは書かないのでFXでお金を稼ぎたい人は他のコンテンツも参照してみてほしい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる